« 山羊のロゲ道場 | トップページ | 蕨山タイムトライアルコースの記録とルートマップ »

2007.01.29

蕨山タイムトライアル

P1000460_2

参加者;ヤギシタミキさんかとぅくん、sudaさん、こぐれさん、まどかさん、マカニ・トモさん、otazさん、田島別コースを走る小虫さんとゴールで合流

9;20さわらびの湯入り口(登山道入り口)スタート!
P1000458名栗地区エリア、阿闍梨のオフィシャルコースその1。さわらびの湯のリニューアル記念でオープントレーニングにした。オリエンテーリング、トレイルラン、自転車仲間といった方々9名が集まった。
詳細コースはこちらから

【記録】
mikiさん 51'04
ヤギシタ 51'09
sudaさん 59'25
こぐれさん 62min
まどか 69min67'30ぐらい
マカニさん 75min
田島(ハイキングペース) 85min.

スタート前の和やかな雰囲気とは異なり、コースは短いながらも登り基調でまさに阿闍梨への道か。天気はとてもよく1月としては暖かいくらいの気温。
スタート地点が標高300m、ゴールは1033mの蕨山標識展望台でコース距離約6km、登距離800m前後。積雪はほとんどなかった。
トップ集団はヤギシタ、mikiさん、かとぅくん、sudaさん、第2集団を最近トレーニングが順調にできており今年のオリエンテーリング世界選手権日本代表を目指しているまどかさんが、こぐれさん、マカニさん、otazさんを引っ張る。マカニさんはすでに早朝に吾野駅ー竹寺ーさわらびの湯までを縦走。それを終えてからタイムトライアルの参加とはタフである。
田島は病み上がりのためそれらの集団を遠くに見上げながらハイキングモードで歩き、フラットでは走った。さらに蕨山から奥の有馬山脈最高峰、タタラの頭まで行って往復。
結果、ヤギシタは自己ベスト更新!トップゴールはmikiさん。まどかさんは女子ランナーのタイムとして、田島のタイムはゆっくりランモードとして、よい指標となるだろう。

トライアル後、ヤギシタ、mikiさん、かとぅさんはいったんスタートに戻って竹寺までラン。3月に行うレクロゲイニング大会のCP写真撮影をしてきた。
その後はみんなでリニューアルしたさわらびの湯で汗を流しリフレッシュ。

参加されたみなさん疲れ様でした!タイムトライアルはこれからも継続的にやる予定です。タイムトライアルに臨む人、のんびりトレイルランを楽しむ人、それぞれのご参加をお待ちしています!

【阿闍梨メンバーの記録】
チェックポイント>高橋(06.3.5)柳下(06.03.12)柳下(06.5.20)
見晴台8'228'088'17
金比羅神社跡7'06(15'30)7'10(15'18)7'23(15'40)
中登坂9'25(24'55)****9'24(25'04)
林道3'56(28'52)****3'48(28'52)
大ヨケノ頭3'22(32'14)17'06(32'34)3'26(32'18)
藤棚山11'03(43'17)11'22(43'56)11'13(43'31)
蕨山9'08(52'26)9'08(53'04)8'43(52'14)
【07.1.27タイムトライアル】
チェックポイントmikiさんヤギシタまどか田島
見晴台***7'3610
金比羅神社跡14'417'03(14'41)9(19)
中登坂***9'26(24'07)***
林道分岐13'11(27'53)3'44(27'51)17(36)
大ヨケの頭3'31(31'24)3'31(31"22)***
藤棚山***10'58(42'20)20(56)
蕨山19'40(51'04)8'49(51'09)11'42(67'30)

|

« 山羊のロゲ道場 | トップページ | 蕨山タイムトライアルコースの記録とルートマップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/13680812

この記事へのトラックバック一覧です: 蕨山タイムトライアル:

» [運動]山走りon「TEAM阿闍梨タイムトライアル&さわらびの湯リニューアル勝手に記念トレイルラン」 [ミキ日記]
参加者:柳下さん、sudaさん、太田さん、こぐれさん、まどかさん、加藤さん、田島さん、マカニ・トモさん、小虫さん(別行動で合流)、御木 時間51:04 距離7.5kmぐらい獲得標高880mぐらい 朝飯を普通に食べて、電車で飯能へ。8時に柳下さんと待ち合わせ、ここで初めまして... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 19:01

« 山羊のロゲ道場 | トップページ | 蕨山タイムトライアルコースの記録とルートマップ »