« October 2004 | Main | December 2004 »

November 2004

2004.11.28

時間を作ってトレーニング

怒濤の1週間で日曜のリレートレーニングの準備ができないまま週末を迎えてしまった。

木曜は先週末のADR、祝日のMTBで疲れてはいたが、トレッドミルでジョグペース(5'42)UP2-3%で60分走ったらさすがに疲れた。金曜は会社をもうえいやーと休んじゃってGWのバーゲンへ。ノースフェイスのたぐちさんとお会いし昼ご飯を一緒に食べながらいろいろと話をする。アウトドアとオリエンテーリング(ナビゲーション)をどう上手くリンクしていくか、どう企業が関われるか。ナショナルチームとのやりとりについても話がでたが、これについては非常に厳しいコメントを頂く。お互いのメリットがなければスポンサードは成り立たない。ただ金を出して、ユニフォームを支給してなんていうのはビジネスとしてあり得ない。

この週末は本当なら屋久島へ行っていた(しつこい)。キャンセルにはなったが少し時間がとれるというので某所へ1日中くいだおれ&ショッピングツアー。超久しぶり一般人の一日。でもその前に地元で行われた宮沢湖パークオリエンテーリングイベントの設置を朝のうちに済ませた。少しでもトレーニングする時間を作らなくては。
いやー食べて、(私だけ)飲みまくってお互いに良く話をした、そしてお誕生日おめれとう。味のある年の取り方をしてほしいですね。
今日家に戻ってきたのが13時。稲荷山公園でのリレートレーニングは14時から。超急いで地図白図印刷のみして稲荷山公園へ。ギリギリ14時。ここから丸描きをお願いしてみなさんには迷惑をかけてしまったが、男子5人、女子5人でトレーニング開始。有意義な練習になったと思う。実は前日すでに15時半頃からちょくちょくビールなど飲み始めていて、最後は深夜2時頃ボジョレーヌーボーを開けていた。。。そんなことをしていたので当然2日酔い?胃に何も入れていないまま走ってぐったり。体にはとても良くない。
その後コントロール撤収をし、みちの会に最近入会した人(陸上部出身だー)と一緒に公園内を走ったあと、駅前にあるサンピア稲荷山(だっけっかな)のプールで泳いだり歩いたりしながらクールダウンをした。

こういう、アホちゃう?的な週末も久しぶり。でもずいぶん充電できたのでしばらくトレーニングに集中できるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.15

久しぶりに加治丘陵周辺を走る

仲間達が愛知で世界選手権のトレキャンに参加している週末、私は近所の山を走っていました。
日曜は加治丘陵と七国峠テレインをつなぎあわせて約18キロ、2時間。スーパーAの手入れされた場所を見つけると、積極的にガシガシコンタリングをして不整地練習。いやけっこうきつかった。登りはダッシュ、下りもダッシュ。フラットなところはHR13-140平均で。静かな森の中を走るのはとても気持ちよくゴキゲンでした。
帰ってくる途中の阿須公園では軟式テニスの大会が行われていてダウンがてらちょっと見ていました。
ここは私が中学の時に試合の度にチャリで通ったテニスコート。ちょうど市主催の大会が行われいて、中学生やら高校生、一般の人たちがいた。ああ、私も中、高と毎日テニス三昧だったなあ、なんだかやたら高校は厳しかったなあとかまあいろいろ思い出し、しかし彼らがやっている試合内容をみて、うーむ、ぬるい、私ならこう打つし最後までボール追いかけるわよといつのまにか考えているあたり、やっぱり運動好きというか昔取った杵柄か。久しぶりにテニスをやってみたいなあ、クラブ入ろうかなとか、20年近くも前のことを懐かしく思い出したのでした。
新しいシーズンに入ってのトレーニングはなかなかのスタートをきれたかなと気分的に思っています。
愛知は年を越して合宿と自主トレーニングに出かけようと計画中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.10

測定してきました。

どこにそんな時間があるんだーというのは無視して、VO2maxを測定してきました。レースの疲れがとれていなくてどうなっちゃうのかしらとかなり不安。それと体重がbestより1キロ重いのがショック。この2週間、安静状態で無理やり食べていたのが響いているんだろうか。。

結果は、
VO2Max 52.7(peak 53.1)
HR max 172
AT HR 126
安静時心拍数 43
安静時血圧114/62
体重;4?キロ

でした。
去年のVO2Maxが49ちょっとだったので思ったとおり上がっています。1年間トレーニングを継続した賜物ではあります。体重1キロ分引いて計算したら53.8だった。。。(意味なし?)

仲間内では東京体育館で測るAT値は低いといわれているけれど、私も随分と低く去年とほとんど変わらない。
もう伸びないからやめましょうとオールアウトする前、余裕があるうちににドクターストップがかかりました。そのときの傾斜率は20%!太モモぱんぱん。それでも終わった時に思わず『愛知のロングの方がつらかったー』と、一緒に測定を受けていたムラコシコーチに言ってしまいました。これ本音。HR maxも172しか行かず去年とほとんど同じ、今年4月に岡谷で受けた測定の時もそうだったけれど(HRmax178、vo2max46.5,LT;HR135)、やはり元々HRは低いようです。
また来年5月にトレーニングの進捗を見るために測定してこようと思っています。

測定後は日曜のレースの反省、今後の計画をコーチと面談し具体的に何をしていくか?をディスカッション。
トレッキングに行きそこなった屋久島の焼酎、『三岳』を飲んで良い気分で1日を終えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.08

屋久島トレッキングはどうなった?

去年の9月から今年の9月の世界選手権、愛知WREでやっと1シーズンが終わった。そしてまた全日本,来年の愛知世界選手権に向けてのシーズンが始まる。今は、本当に「やっと終わった。。」というのが正直なところ。しかし休んでいる暇はそんなにない。
愛知WREが終わるとまた鍛錬期に入るのもあって、気分も少し開放!と、いろいろと遊ぶ計画を立てていたけれど、まあそんなに上手くことは運ばないのでありまして。

スウェーデンに行く前からあっちがいい、こっちがいい、じゃーこうしよう、この日にしようと山地図とガイドブックとツアー料金まで見積もって綿密な計画を立て、よーし、後は帰国後チケット手配していくだけじゃーと、とってもウキウキしていた11月末の屋久島トレッキングは一緒に行く人にどうしても外せない用事が入ってしまいあっけなく挫折。リスケジューリングしていても「…、これから冬でしょ?宮之浦岳って雪積もるんだよね、鹿児島なのにー。どう考えても春以降しか時間取れなさそうだよね。でもそれって、もしかしてもう8月の愛知が終わるまでダメってこと??」。

ということで11月3週目は安曇野アドベンチャーレースで己を鍛え直し、リスタートすることになりました。これはこれで楽しみではあります。
温泉ぐらいはのんびり浸かってゆっくりしたいなぁ。

今日はたくさんざざーっと書きましたね。明日からまた忙しくなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Restart

愛知ワールドランキングイベントが終わりどうにか来年のWOC選手候補に選ばれナショナルチーム入りすることができた。本戦を走れるかは直前の6月のセレクションで決まる。

みながわさんのコーチングは昨日で終了、今週中に会ってレビューすることが最後の仕事となる。残念ながら5月から昨日までのコーチング期間の中で、彼女の目標の1つでもあり、コーチとして私の最大の使命であった『WOC2005出場候補選手になる』まで達成できなかった。今年の成長が大きかった分、昨日のレースは彼女にとっても選手になれなかったことも残念な結果になった。私は彼女に対し現状を把握させ、未来と可能性を導く、そして結果を出す手段に成り得たのだろうか?反省すべき点は多い。そして今後今までやってきたことを生かすもころすも、ひょっとしたらまたコーチングすることも全ては彼女次第となる。

昨日の私のレースは不本意であり、ベストな状況でなかったといっても精一杯チャンレンジしつづけた。結果としてはロングを走る準備ができていないことが露呈され、来年ロング決勝を走り、決勝で結果を出すための準備をあと9ヶ月近くでやることは難しい現実を突きつけられた。好きな種目なのだが、来年結果を出しすために自分にとって一番近い種目は何か?と問われたらロングは残念ながら該当しない。私はそれよりも結果を出せる種目を選択する。それについては4月末にフィンランド人コーチのイーキスと愛知WOCに向けてのゴールセッティングとターゲットについて面談したとおりの状況になった。

それでも各国のトップ選手らと一緒に走ることができたのは、今後のゴールセッティングとターゲットがより具体的になり、ラップ分析から良い評価も悪い評価も見るべきことが多くある。今後の課題も明確となり大きな収穫だ。彼らも昨日は相当タフなレースだと感じていたようだ。けして戦えないわけではなし、チャンスがやっぱりたくさんあることがわかる。そう思うとやっぱりワクワクする。

思えば2003年のスイス世界選手権の直後、クラブカップのため作手村周辺で車を走らせている間、この近くで世界選手権があってそんな中を選手として走っている姿なんて正直想像できず、ただただぼんやりと森を見ていた。それでもひょっとしたら現実にはならないかもしれない、でもチャレンジしがいのある、現実になったら嬉しい!そんな目標をあげたり、その達成して喜んでる場面をイメージしていたこと、、故障からスウェーデンを見据えその先に遠く2005年の愛知を見ていたこと、それらが具体的ではなくても漠然とでも夢を持っていたからこそ行動が伴い、今またスタートラインに立つことができたのだと思う。2000年春の富士ワールドカップで失敗した悔しさも心の隅にある。それに加え自分が競技者として2005年でいったんリセットすると期限を決めたことでコミットメントが明確になり、この1年間苦しいトレーニングにも(いや楽しいんですよ)競技にも集中することができているんだとつくづく思う。

情けないが、愛知のことはよくわかっていなくて、(愛知テレインを走ったのも1年2ヶ月ぶりだった)、ロケーションとスケジュールをもう一度チェックして頭に入れなくてはいけない。

舞台に上がって、ミドル決勝を走り20位以内に入ること、リレー10位以内(これはまだ個人的な思い)を現実にできるよう、これからの9ヶ月を過ごしていきたい。けして楽な時間とは思わない、でも苦しい中にも楽しみを見い出すことができるはずだ。私にはそれができる。幸いチームメンバーはようこさんを始め積極的な取組みと発言をしていて頼もしい。チームメイキングやチーム目標をより具体的に現実的なものにしていくためにも今回はもう少し余裕をもって取り組めるかもしれない。
絶対強くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

意思表示と行動

個人コーチに話す機会を作り、個人的な状況を伝えることはもちろん、現状のチームについて思うことを遠慮なく話した。強化部に上げて欲しい、それも個人コーチの仕事でしょと訴えた。すっきりした。

仕事環境が変わり、やはり忙しいことが多い。定時を過ぎてもいようと思えばいくらでもいることができて仕事をしてしまう。がそれはお金にはなるがトレーニングする時間がなくなるのでいかん(本当はどっちも大事なのだが)。なのでこの1ヶ月は極力定時で上がるようにし、「18時を過ぎたらタジマはいない」というのを周囲に印象づけようと必死。超?集中して勤務時間内に仕事をこなしさっさと帰るようにしている。最近浸透してきたかもしれない。こういう環境作りはすごく大事。もちろんコミットしているからこそできることであります。

でもばばっと集中した後は頭はかなり疲れていてトレーニングする気分になかなか切り替わらない。体を動かし始めればすぐにそんなことも忘れるし実際に体は疲れてないからよく動くんだけどね。ここは落とし穴。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒幕

久しぶりにこそんな活動をしてしまいました。あまり意図的じゃなかったんだけどなあ。しかしさらに大黒幕がいたりして。いいほうに出ることを願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.03

勤務地が変わって

前の勤務地から今の勤務地に変わってちょうど1ヶ月。やっと落ち着いてきたところです。駅から会社までのルートや何があるやらないとかようやく整理し把握できたところ。
で、何がどう変わったかつらつら上げてみると、

・通勤時間が約半分40->20分電車に乗ればよくなった
・しかし駅から会社までは18分真剣に歩く(以前は7分)
・トレーニング場所のジムが変わり、月会費が高い
・しかし定期代が安くなったのでトータルでは前と変わらず
・人妻K子さんとスカッシュ対決ができなくなった。(彼女はいよいよスクールに入って第2の道へ?)
・なので瞬発力を鍛えるトレーニングの工夫が必要
・出社時間が1.5時間?早くなり、普通の人並みに
・ということは、トレーニング時間は今までとそんなに変わらないのだからその分睡眠時間にしわ寄せあるということ
・朝けっこう歩くので目覚めすっきり、朝から良く仕事がはかどる。
・逆を言えば帰りも15-18分歩くので疲れた体にはぐったり、駅までの道のりがやけに遠い。。。。
・会社の周囲にはやはり巨大な工場ばかりで目の前のファミリーマートしかない。お金をおろしに行くのも郵便局に行くのもやはり15分歩いて駅まで行かなくてはならない
・そんな不便なところなので総務には貸し自転車常備。これに乗って駅周辺まで言って用をすませというのか。
・仕事は半分変わり、組織も変わり過渡期かも。けっこうやっかいかもしれず(人ごとか)立場的に難しい。とにかく(いつものことだが)後付けのプロセスばかり。
・都心に出るのがさらに面倒
・隣も後ろもはマネージャークラスのデスク。しかしパーテンションが高くしっかりしているので小部屋率アップか、そして彼らはあまり席にはいない。
・雨の中を歩くときは着替え持っていかないとびっしょり。
・課の月例ミーティングに行くには電車を乗り継いで別オフィスまで移動。行かなくてもいいかしら?


と、あげればきりがないけれど、通勤時間が短くなったのはとても大きい。あとトレーニングにはならないかもしれないけれど、毎日往復30分は必然的に歩くのも体のためにはいい。そのおかげか最近は夜ぐっすり眠れている。緑を見ながら歩くのも気分がいい。少しの間だけどリフレッシュできる。
が、しかし毎日きちんとした時間に出社(いや当たり前)のため今まで以上に睡眠時間が減り、かなり工夫必要。

オリエンテーリングのためにはおおむねプラス、文化人的な生活はどうなの?といったところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人生初のクライミング

5連休を締めくくるべく、本日はアドベンチャーレースの練習。チームメンバーの顔合わせと役割分担、持ち物などなどチェック。11/21-22に安曇野で行われるアドベンチャーレースに出場するのです。初のオールナイト、しかもナイトトレッキングがあって標高2000m近くまでいくらしい。超寒いと思われ防寒対策必要。。。
メンバーはやけに張り切っているムラコシ氏と日本では最高峰と言われる伊豆アドベンチャーレースで今年優勝したチームメンバー、動物さんと。動物さんとは去年初参加した北アルプスアドベンチャーレースで一緒にチームを組んでお世話になりました。
そんなこんなで、朝8時に集合し9時には七国峠テレイン内をMTBでツーリング&登り&下りの練習。MTBって奥が深い。体力だけではどうにもならん。動物さんは動物さんと言われるだけあって、やっぱりただ者ではないのでした。。。。雨が上がって晴れ始めた森の中を走るのはすごく気分良し。普段走ったりオリエンテーリングするところをMTBで走るのは新鮮で、2時間あまり低強度の程良いトレーニングとなりました。今週末のレースがあるので無茶せず終了。無茶できるようになったらもっと上手くなるんだろうなと思った。

その後西国分寺に移動して人口壁のロッククライミング。アドベンチャーレースではチロリアンブリッチだけらしいが、とにかく私はロープワークをしたことがないのでなんとなく感覚だけでもということで初挑戦。いやー、高いところ苦手なのでございますが、ただただ登るのは楽しい。初心者レベルならそんなに力を使わずバランスでいけるのですよ。登るルートを自分で考えるのもオリエンテーリングと近い部分ありますね。とりあえず今回は5.9レベルで終了。なかなか楽しくてはまりそうなスポーツですな。

そんな感じで週末のレースが終わったらまた鍛錬期に入るのでバリバリバリバリ鍛えます。MTBもマラニックもオリエンテーリングも、たくさん体を動かすのが楽しみでございます。(1週間体動かさなかったのがストレスなのかしら)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »