« ショック! | Main | 大事をとる »

2006.09.24

行ってきました、ナイトラン

奥多摩駅にて
P1000350_1_1終電で奥多摩駅集合、0;45。阿闍梨からは村越柳下高橋、松本、田島、ゲストで御木さんroadman1971さんマカニ・トモさんやnさん、アドベンチャーレースで知り合いのちえさんの10名。そしてー、同じくアドベンチャーレースで知り合いの束村さんはなぜか五日市に行ってしまい、逆走でお会いすることに。。

あんまり乗り気でなかった村越さんが、『さあ、行くぞ!』と言ってるのがおかしかった。さすがリーダー、1;25000の地形図を持ってきているあたりが半分仕事兼ねています。
10名様ご一行、鈴の音をチリンチリン鳴らしながら、夜中の奥多摩の街中を歩きます。なんか遠足みたいで楽しい!でも怪しい。オオダワまでの林道は恐ろしく長くかなりいいペースで歩いても1.5時間。去年、roadman1971さんはなんと一人でこの道を歩いたとのことです。ありえない、恐るべし。
大ダワ周辺はガスの中、ライトの光も乱反射してあまり見えず。はぁ。

なぜか参加表明をしていなかったが当たり前のように現れたヤギ様を先頭にスタート。一番後ろからゆっくりペースで村越&田島が行くけど一緒に行く人はいる?と聞いたところなし。さすがみなさまランナーなり。大丈夫かしらん、ヤギ&高橋ペースでと思ったけれどお任せすることに。さあスタート!というところであっという間に8名さまはいなくなりました。みんなスタートからスイッチハイッテマスネ。やれ寒い、やっぱりウィンブレ着込もうと村越さんと私がガサコソ1,2分やっている間、本当に最後まで8名さまを見ることなく終了したのでした。。すごいなあ、みんな。たぶん10分ぐらい後を途中までずっと走っていたんじゃないかと思います。私たちもそれなりのペースで走っていたけれど、誰一人落ちてこなかったので先頭グループがきちんと見ているのかな?と安心していました。

大岳山までの登りは怖いですね。。。滑落したらタダじゃすまないなあ。でもあっという間に到着。だけど急斜面の登りはふらふらして遅いです。
御岳山から麻生山までは初トレイル。ごきげんなり。
日の出からの夜景はとってもきれいで、ヘッドランプを消してしばしうっとり(でもすぐに寒くなって移動)。
日の出山から金比羅尾根への乗り換えはレースのルートをとおったのかはわからず。とりあえず地図をあれこれ見ながらやれこっち、いやこっちじゃないのーといいながら乗り換え成功。ホントはどうなんでしょう。

金比羅尾根をかなりいいペースで走り、ちょっと足場の悪い下りで思ったよりペースダウンする村越さんを出し抜いてしまい、先頭に立って走る。がー、駅まで5キロの標識周辺で転倒しちゃいました。一瞬わけわからず。右ひざ打撲、一番痛い!と思った右手薬指からはダラダラ流血~、ひょえー。爪が割れちゃったかなと思いきや大丈夫そう。その他、中途半端でしかし深めの小さな傷を手のひら、指、右肩に作ってしまいました。グローブ(指きり?)はしたほうがいいですね。岩も木もつかむし。
始発電車の時間5;44が近づき、駅まで残り3キロほどのところで、村越さんが『ちょっと待って!』と叫ぶ。どうやら貧血?いや不整脈が発生した模様。ここで心臓止まってしまうとまずいので、いったんとまって安静。で、ゆっくり歩いて移動し始めました。先頭グループはゴールしているだろうからと電話をかけると、ゴールで15分待って移動し始めたということ。私たちがちょうど琴平神社を通過し降りていたところ。これ以上お待たせするのは申し訳ないので、最後にご挨拶できなくて申し訳ないけれど先に行ってちょうだいとお願いしました。彼らが乗った電車が出発するころ、6;20駅到着。30分ぐらいビハインドなのかな。
ちょうどClub Kocchiの講習会も終了したようで、駅には講習を受けた人々がたくさんいました。正人さんや竹内さんらもやってきてしばしお話をする。Kocchiの講習会は19名!もの参加があったそうです。
ちえさんとこの日初めて会う束村さんもいてラーメン&春雨を買って、一緒の電車に乗って食べながらお話。
ちえさんは速い。ガッツあり。彼女もまた転倒をして唇を腫らしていたけれど大丈夫でしょうか。先頭グループの様子を聞くと、『きちんと待っててくださったんですー、うれしかったです!』とのたまっていた。とりあえずよかった、よかった。
これからもTEAM阿闍梨はオープントレーニングをしていきますので、ご都合あう皆様、どうぞご一緒に!
http://rika.cocolog-nifty.com/ajari/

さてさて私、ゴールまで来て(しかし正確なゴールがどこだかよくわからず。いいかげんだよね)、もうかなり達成感あって満足なり。3回にわたる試走で全コース走破。今年はこれでおしまいでいいんじゃないかと思ってきた(ダメ?)。
今週末のアドベンチャーレースは2日間で80km、登距離3900m!(トレッキング、MTB、懸垂下降、キャニオニング、ラフティング、ナイトカヤックなど)。そしてさらにその次の週はハセツネで71.5km、登距離4000m以上。あのー、2週連続でそんなことできるんでしょうか。体持つんでしょうか。少なくとも13時間台のタイムはたぶん狙えそうになく、15時間内で走ることが現実的になってくるんじゃないのかなぁ。でも元気あるかなあ。
なので出走するかどうかは里山アドベンチャーレース後に決める、、ということにしました。

反省として。やっぱり水入れすぎました。2.5l以上入れていて(あんまり考えてなかったよ)、いわゆる子豚ちゃん状態になってみんなに笑われてたスティミラスのザック、ゴールして中身を見たらまだ1.5l近く残っていましたよ。はぁ。まあ、トレーニングということでいいかな。あと、ヘッドランプ。頭に余計な重さが加わるため、首筋-肩が痛くてとっても苦痛。これも慣れ?もっと軽いのにしようかな。それとお腹冷え冷え対策。汗によってシャツがぬれてしまいお腹周辺を冷やしてしまうのでそれをどうするか。ちえさんはアンダーシャツを着てました。御木さんはパッキンを入れていました。みなさんそれぞれ工夫しています。富士見トレイルラン50kmのときもやっぱり冷え・寒さから腹痛がしばらくあったので大変でした。ちょっと考えよう。

それにしてもナイトトレッキングは楽しい!日中とは全く違った森の顔、トレイルが待っています。病み付きになるというのは分かるなあ。みなさんもどうぞ、やってみてくださいな。ぜーぜー走らなくていいから。月明かりの中を歩くのはとてもロマンチックというか神秘的というか、気分がよいです。

日本山岳耐久レース(サンタイ、ハセツネと呼ばれています)
http://www.togakuren.com/14th-taikyu/14th-top.htm


0;50 am 奥多摩駅着
もろもろ準備
1:03 奥多摩駅発、林道を経て歩いて大ダワへ
2:35 大ダワ着;5kmくらい。ここまで1時間半ごえ!もうおなかいっぱいかも。
2:42 ナイトラン開始!
---
00;00 大ダワ発
41'51 大岳山 2,3分補給のため止まる。下りは無理をせずゆっくりと。
17;13(59:04) 大岳山下神社
--ハンディライトの電池替えにとても手間どう、かなりいかんですXXライト +6,7分
33'53(1'32'58) 御岳山下
24'41(1'57'40) 日の出山
--頂上で5分ほど休憩。明かりを消して夜景を楽しむ。きれいー
--いいペースで走り続ける。駅まで残り5kmの金比羅尾根で田島転倒!ショックから立ち直るのと処置に5分以上かかる。痛くて仕方ないが走っているうち麻痺、Mだ。
--駅まで3kmほどで、村越急停止!不整脈が発生。安静のため歩きに切り替える。琴平神社を過ぎてから軽いジョグペース。
<訂正>
1'14'25(3'12'05)ゴール周辺
#休憩など含む

6;20 am武蔵五日市駅到着!
5km + 21km 、1.5hrs + 3.2hrs

くやりました。
家に帰ってお風呂入って即寝。幸せ。

追記
装備;
グレゴリーザック;スティミュラス(5l)
TNF 長袖シャツ(The North Face より提供)
Gentos XL322 LED x 2, ゼノン球1の3段階切り替え、単4x3 134g もらい物をそのまま利用中)
予備電池(アルカリ単4 x 4 単3 x 4)
ハンディライト(Stream light プロポリマー4AA キセノン球 単3 x 4)
熊鈴
ティッシュペーパー、バンソウコ、ハイキング用地図(昭文社)
予備;薄手フリースジャケット(TNF)
当日持たないもの;着替え(シャツ、パンツ、タオル)

ヘッドランプ、ハンディライトはアドベンチャーレースで使っているもの。ハンディライトは遠くまで光が届き非常に見やすいしルートが先にわかって足を置く場所のイメージがつかみやすくてよし。が、電池替えのとき、うまく出し入れがいかない時が多く、いまいちちゃっちくて何かしらトラブルあり。やや不安。あと通常は電球の予備も持っている。今回は忘れた。ヘッドランプはもう少し軽いミオ?を借りる予定。
当日はトレーニングパンツの変わりにTNFのバイオテックスタイツをはく予定。お腹冷え対策は提供していただいたTNFの下着(パンツ)が有効そう。週末のアドベンチャーレースで試してみよう。
転倒、岩、木をつかむための指きりのグローブも必要。

補給食;
2.5lの水にザバスBCAA water1l分を溶かす
,a href="http://www.meiji.co.jp/item/DispItem?PROD_ID=77&S=1003'>ザバスグリコーゲンリキッド x 2(ポリボトルにつめ替え)
カーボショッツ x 2(ポリボトルにつめかえ)
無印良品 バナナバウム
予備;ピーナッツチョコ

これらを全部5Lザックに入れたのだから、子豚ちゃん状態のパンパンになるわけですよ。

今回、水は持ちすぎ。当日は1.5lの水、500mlのお茶、500ml水にグリコーゲンリキッドを3-4袋溶かしておく。
BCAA waterの粉末は1/3程度しよう、残り1/3は途中の補給時に溶かす。
ー>といいつつBCAA waterにするかは未定(これは最近買って余っているから使うかも)。エネルゲンの粉末を使うかも(マイナーかしらん)。あまりこだわりないけれど、BCAAかエネルゲンかアミノバイタル。
初めてカーボショッツを試したが、すでにパワージェルに慣れてしまっているため苦痛。パワージェルも好きではないがまだなんとかなる。少し水で薄めておき8袋くらい小さなポリパックに詰め替えておく(キャップをきちんとしておかないとこぼれる可能性あるので気をつける)
バナナバウムはけっこういけそう。
グリコーゲンリキッドは最近使い始めたがなかなか良い。ピーチ味美味しい♪
当日、アミノバイタルプロ粉末8-10個、アミノバイタルプロゼリー1つ、自家製梅干(これポイント)を種を抜いておいて10個くらい、練り梅状にしておく。予備の補給食としてお赤飯かいなりづし1個か2個。

といったところでしょうか。かなり無頓着なのですが、ヤギ師匠や自転車のりのおじちゃんやてんちょーのお話、今までの経験からこんな感じかなあ。

その他、当日のもちのものとしては、
人工皮膚バンソウコ、
テーピングテープ
頭痛薬

かなぁ。決まったら写真とともにUPしたいと思います。

|

« ショック! | Main | 大事をとる »

Comments

装備は?補給食は?などのご質問ありましたので追記しました。けっこう無頓着です。参考になるかなぁ。

Posted by: rika | 2006.09.26 at 21:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/12024029

Listed below are links to weblogs that reference 行ってきました、ナイトラン:

« ショック! | Main | 大事をとる »