« ニョロニョロ | Main | 菖蒲と全日本 »

2007.06.16

6/16笠取山へ

070616bunsuirei2
6/27 レポートアップしました!!
4年ぶりに奥多摩の奥~のほうにある笠取山周辺を走ってきました。山梨県。大菩薩、柳沢峠、雁坂峠とかすぐそこ。

雲はほっとんどないとっても良い天気で景色もトレイルも最高!石楠花のトンネルの中、標高2000mの稜線を駆け抜けました。ここへ来る時は心と体をニュートラルにする時なんだなあと改めて思います。意識的じゃないんだけど。とっても幸せな4時間半でした。(阿闍梨メンバー3人、途中からそれぞれのルートを走ってちゃんと時間通りに収束するあたりが面白い。)秋にまたこよう。
070616bunsuirei_1070616shakunage20070616103532070616gantouge070616salpsKorinso2

作場平橋P(標高約1300m)-ヤブ沢峠(0'35)ー分水嶺(1')ー雁峠ー燕山(2004m)ー雁峠(2')ー水干ー笠取山(1953m)ー唐松尾山(2109m)ー将監峠ー三ノ瀬ーだらだら上りチックにつらい舗装道路を3km-作場平橋P

約4時間半(各場所のタイムは後で)
距離約17km/登距離1500m
コースマップ時間;約10時間半。

・飯能・青梅からでも車でアプローチ2時間弱。
・一之瀬高原への入り口、舗装道路は随分整備された。落合方面から入るより快適と思われる。
・作場平橋Pの駐車場は広いが9時過ぎ到着(土曜)ですでに車多し。観光バス、マイクロバスもいる。
・たぶん”多摩川の源流を訪ねて”チックなハイキングツアーと思われる。
・山梨県でありながら東京都水道局がきれいに整備している。さすが多摩川の源流地にしただけあるね。
・トイレあり。
・初めてここにきたのは2000年、それ以後2003年まで毎年やってきた。その後なぜ来なかったのか走りながらいろいろ考える。
・このルート、基本的にピーク直下を除けば、走り続けられる斜度のため快適である。悪く言えば、さぼれない。
・走り始めのスタートが標高1300mで頂上でも2000mなので、登距離があまりなく、らくちんである。
・なのでよくオリエンテーリングトレーニングついでに来たのであった。
・笠取山手前の小さな分水嶺から見る富士山は絶景。
・雁峠の風景もよし。
・原生林、白樺など、ちょっとそこらの植林とは違う風景でいい。気分的にヨーロッパ。
・笠取山以東の尾根線を走りのは初めて!非常に快適な尾根線。一部ゴツゴツした岩場を登り下りするので注意
・ここら辺で一番高い唐松尾山からの展望はなし。北へ伸びる尾根線に落ちないように注意
・西御殿岩からの眺めは360度!らしい。今回はあえなく断念。次回行くぞ。
・ここから南斜面沿いの斜面を下っていくが、いきなり足場が悪くなる。木の根っこ、岩岩など。
今までが快適すぎる地面のためびっくりするかも。足場の悪い下りの練習にはよい。が捻挫注意。
・3時間近く走って疲れたので注意力散漫。リセットしなおして集中して下る。
・牛王院平あたりはまたもや別世界!素晴らしい!なんでこんなにのっぺりしてるんでしょ。
・将監峠から三ノ瀬に下りるのは林道。なかなか高度が下がらず距離がながい。
・ならば牛王院平から尾根を下る道のほうがいいかも?
・水場である”ムジナの巣”からは豊富な水が!
・なぜこんな名前なの?
・顔を洗って腕に首に水をあてて走り出したら寒すぎて鳥肌が。
・下界に下りてきた。せみがうるさい。
・ここから3キロ近く道路を登り貴重に進むのが一番つらい。
・駐車場到着。沢の川でアイシング。しかし10秒も浸かっていられないほど冷たい。
・6月は石楠花がとてもきれい。

そういうわけで、周回としてルートがとれること、レベルに応じてルートのアレンジがいろいろ利くこと、車で標高を稼いでスタート、斜度がきつくない、トレイルも風景もちょっと日本離れしていてお勧め。
ちなみに他のメンバーは、1人は、燕山から水晶山まで足を延ばし、後は私と同じルート。もう1人は将監峠から飛竜山を経て、丹波の麓に下りて、のめこい湯で待ち合わせ。
アプローチまでが遠いこと、公共交通がないので車でいくかタクシーかなので不便なところではあります。
それとどうやら人気のエリアっぽいので、早めの到着が望ましいです。
#熊いるそうです。
#鹿は見ました。

帰りに青梅方面へ下るのであれば、丹波山村に温泉、”のめこい湯”によっていくのがお勧め。
新築された建物できれい。最近再度掘り起こされた源泉により、この前はお湯が白くにごってましたが。かけ流しでなくなっていたけど、広々としていて、さっぱりできて快適でした♪

次は、雁坂峠往復、がんばれば甲武信山往復、山ノ神土から和名倉山往復もできるかも、、という気がします。


写真;
トップ;小さな分水嶺から富士山を見る
左上段から右へ;阿闍梨メンバー3人で/石楠花たっぷり/雁峠に向かって走る
左下段から右へ;燕山から降りる途中、目の前は雁峠/南アルプスも見える!/コリン草

|

« ニョロニョロ | Main | 菖蒲と全日本 »

Comments

この富士山の写真、最高だね!
トレイルラン、久しく走っていないので、一応、阿闍梨メンバーとして、たまにはまた誘ってくだされ!でも、このところあまり日本に居ないんだけどね、、、

Posted by: Tac | 2007.06.18 at 05:04

Tacさん、
でしょー、最高でした!
tacさん、ほんと、走る走る??じゃー次行きませう。世界飛び回ってるTacさんをつかまえるのは大変だー。久しぶりに杉山節聞きたいな。

Posted by: rika | 2007.06.18 at 19:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/15457117

Listed below are links to weblogs that reference 6/16笠取山へ:

« ニョロニョロ | Main | 菖蒲と全日本 »