« 9/16池山マウンテンマラソン | Main | お目目負傷 »

2007.07.15

アドベンチャーレースで安曇野へ

優勝!2007azuminofinish_1

台風直撃の中でのアドベンチャーレース。開始時間やコースなどいろいろ変わり、なんとか開催に向けて頑張っている運営者。こちらも直前まで準備にバタバタ。
行動食の炭水化物、お米系など買えず。ひたすらピーナツチョコ系と壮健美茶1.8lで持たせる。
大会HP;
http://www.adventjapan.com/

#大会風景の写真。
http://rika.cocolog-nifty.com/photos/azumino_2days5/index.html
スタート&ゴール会場;松川村馬羅尾キャンプ場。
満願寺を通って林道うりうり登り続け、常念岳の前衛、浅川山(標高1740m)の北付近でMTBトランジット。ラインオリエンテーリングスタート位置CP11が淺川山の北ピーク1782m。
ラインオリエンテーリングのスタートは鉄塔と大峠へ通じる古道から。ラインはその古道を正確に確実に進む。
リーダーのコメントと核心部ラインOの軌跡:
http://homepage2.nifty.com/navi-and-map/running2.htm

ルート図(アルプスラボ;地図読みはリーダーに任せてザックの中のため、チラ見の記憶で。後日GPSログ+地図公開)
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=e4e93542cf21dc8147ab5d686d7a7ac3

コースは3ステージ中1ステージに縮小変更。渡された1枚の航空写真のCPから地形図で位置を割り出し、MTBで移動二十数キロ、登距離1200m。ひたすら登りで標高1740m近くのトランジットまで2時間半弱。。ひたすら牽引、ぜーぜー。 舗装道路はそのうち雨で川チックに流れ始めていた。。途中止まること2回。1回は生バイクパンツになるため、も一つは一度止まって補給食。もったいない着替えを含め、全部で7分強?

トランジットから道なし2m近くの高さの熊笹を掻き分けながら、地形図に載っているほとんどわからない古道をたどる、GPSと地形図の読図、ビーコンを駆使したラインオリエンテーリング約5km。正確にたどると6つCPを見つけられる。これに約4.5時間弱かかった。

それからまたトランジットに戻ってきてMTBダウンヒル1000m!おー名栗林道以上だ楽しい!やっほー!なダートの林道を下ったりで20数キロ。快適。そして最後の射撃と、ひたすら雨の中やってきました。合計60km弱、up1600m、9時間半(射撃の時間含まれず)。

主催者からは阿闍梨には物足りないかも、、といわれたけど、いえとんでもないですよ、お腹一杯。これフルステージやっていたら今頃山の中で本当に泣いていると思います。
ほーんと、雨の中よくやりました。他チームの皆さんも。

優勝杯(グラス)でビールを飲む
2007azumino_1結局、2分差でチーム男山(男性3人、MTBとメカに強い)を振り切り優勝!わーい、2年ぶり、嬉しい!

最後の射撃会場(去年のアドレース会場)から会場ゴール(キャンプ場)までのたった2km弱、ひたすら登りのMTBスプリント勝負で勝敗が決まったのでした。。。 よく登ったー、頑張ったー。最後は全チームの先頭となり熊笹の道をルートファインディングして切り開き、ヘトヘトに疲れきってしまったリーダームラコシ先生がみやばやしさんに牽引され、さらに上のほうからあと少し!頑張って!とわたくしずっと登りを牽引されていたせいか、まだ元気で激を飛ばしたのがよかったのかどうなのか。

2年ぶりに熊笹と戯れ、やっぱりげんなりし、スタートしてからたった5分の林道で黒く逃げていく小さな動物、いわゆる小熊ちゃんに出会い(母熊現れなくてよかったよ)、サルの群れに会い、ウサギに会い、大きなガマガエルに会い、常に先頭ゆくわれらはまさに露払いでした。

ラインOでの大きなミスは15分、最後の1つ見つけられずスルーして(ちょっと下めを通っていた)ラインOのゴールに行き、また引き返してとってくる、、ということをやっています。
これで30分後続から先行していたのが15分に、その後主にMTB下りレッグにてシューティング会場で1分まで差を縮められました。リーダーがMTB下りで転倒してできた顔の擦り傷がやや痛々しい。

熊笹との格闘写真やGPSログやレポートなどはそのうちブログや阿闍梨のブログに載る予定です。適当に見てね。

開催に向けて準備と運営をしてくださったスタッフの皆さん、天候大変な中、ありがとうございました。よく考えつくよねーと熊笹と格闘しつつも感動しておりました。
そしていきなりの熊笹で初アドベンチャー体験しちゃった小虫ちゃんや、チームを盛り上げただろう動物さんや、熊笹楽しいかも♪なんて言ってたぜんとくさんのまごあじゃりチーム、本当にお疲れ様でした。
最後に、いつもフォローしてくれたチームメンバーにも。去年の里山以来2度目のチームメンバーで臨みましたが、チームの課題とそれぞれの課題をきちんとやりました。いいチームワークがとれました。でもまだまだ工夫、これからもっとできること、伸ばせる点は多いなあと思っています。

完全完走3チーム/17チーム
14日9;32頃スタート、19;30頃ゴール。
(9;20頃航空写真が配布され計時開始)

最後に一発逆転ホームラン。
携帯電話、どこかにいっちゃた、ガーン。

|

« 9/16池山マウンテンマラソン | Main | お目目負傷 »

Comments

優勝おめでとうございます。
あの天気の中、やったんだーー 命の危険を感じるような状況だったんじゃないですか?
よくぞモチベーションキープできましたねーーすばらしい。

今週末は、そんなにひっちゃきにならずに行きましょう。天気が良くなることを望みます。

Posted by: TAKU | 2007.07.17 at 08:14

優勝おめでとうございます!
馬羅尾とか浅川とか満願寺とか、全てよく聞き慣れた場所というか庭というか、私の近所です。その近辺の林道も知ってます。
でもたぶん絶対私の知らない場所を彷徨ったに違いありません。すごい! さすがアドベンチャーのrikaさん。航空写真を見て場所を判断するなんて、想像つきませんわ。かっこいいですね。そりゃ小熊さんもびっくりしたでしょうね!
その細い体のどこにそんな精神力やパワーがあるのでしょうか。尊敬いたします。
また安曇野へ来るようでしたら、その勇姿拝見したいです!

Posted by: runrun | 2007.07.17 at 21:55

TAKUさん、
さすがに沢登りとかは増水で普通に死んじゃいそうなのでカットしています。ほとんどMTBでしたよん、あとは熊笹くぐりのトレッキング。9時間程度なのでクタクタになる前に終わっちゃった。
週末は楽しみです。おめめがちょっと不安。天気がよいといいですね!

Posted by: rika | 2007.07.17 at 22:32

runrunさん、こんにちは!
事前にご連絡差し上げようと思いながらバタバタしていました。どこら辺にお宅あるのかな、美味しいお蕎麦屋さんやおやきやさんとか、あれこれ聞いておけばよかったなーといろいろ思いながらMTBで移動していました。やっぱり普通に熊がいるんですねー。
航空写真はリーダーが嬉しそうにやってたのでお任せだったんです。浅川山下から大峠の地形図には書いてある道を辿ってましたよ、実際ほとんど熊笹に覆われて道じゃないけど。あとは林道のみなので全部ご存知のはず!
今度いく時は連絡いたします。ぜひお会いしたいです!よろしくおねがいしまーす。

Posted by: rika | 2007.07.17 at 22:36

優勝おめでとうございます。
ついに、あの、黒くて小さな動物に遭遇しましたね。仲間が出来て嬉しいですよ。

それから、熊笹って、本当は、隈笹なんですよ。ほら、笹の周りが枯れて土色になっているでしょ。で、「隈」笹なんです。
一口メモでした。

Posted by: maruyama | 2007.07.19 at 15:10

へえへえへえ~、勉強になります、maruyamaさん、さすがだ。今度一緒に隅笹を掻き分けましょう♪
黒いのは林道ビューっとMTBで下ってたらいきなり視界に入り、黒!くま!恐!ヤバ!と思うこと0.5秒。でやつは前方を逃げていました。速かったです。ちびっこかったので(といっても1mくらい?)今年生まれたんだろね。近くに母熊いたんだろうなぁ。ほーんと真っ黒でした。でもおしりとかうしろ姿、ややどんくさくてかわいかったかも(ですんでよかった)。

Posted by: rika | 2007.07.20 at 06:35

優勝おめでとうございます!!
同じ長野県にいて、こちら(王滝)は続々と競技が中止になっていく中、安曇野はどうなんだろう、こんな天気でやったら遭難するんじゃないかとか、いろいろ2人で心配してました。そんな悪条件でもきっちり成果を出すとはさすが!

こちらのアドベンチャーレースはゴールはしたものの、ケンカばかりで今後についてはいろいろ考えてしまう結果となりました。お互い遠慮がなくなった身内(正確には身内じゃないが)で出るというのがそもそも間違いなのかもー。一度、うちの相方をあじゃりで鍛えてもらえませんか?(笑)

何はともあれ、お疲れ様でした。お目々お大事に。今週末も頑張って下さい。

Posted by: rimb | 2007.07.20 at 12:15

rimbさん、
そちらこそ、連続競技と表彰台おめでとうございます!
いやー、素晴らしい!^^
身内とのレースはなかなか厳しいけど、でもどうにでもなるかもしれませんよん。
富士登山競走終わったら、2人で直接朝霧高原へ来たらいかがかしらん?ガッツリ鍛えられますわん。
また、会うの、楽しみにしてます♪お話いろいろ聞かせてね。

Posted by: rika | 2007.07.23 at 20:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/15770060

Listed below are links to weblogs that reference アドベンチャーレースで安曇野へ:

« 9/16池山マウンテンマラソン | Main | お目目負傷 »