« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

2007.12.31

この1年を写真で

今年は目標を持たないことを目標、気の向くまますごすという、何それ!と言われそうだけどそういう時間が必要な年だった。感情の浮き沈みが少し激しかったものの比較的におだやかに過ごせたし、物事に対する考え方、捉え方、こういうのもあるんだなあと学んだり、そういう時間を楽しく過ごせてよかった。
オリエンテーリングもラン系もエントリーした大会の半分はDNSという心理状態をよく表した前半だった。
気の向くままに過ごすといっても皆さんには迷惑をかけ助けられ支えられ、また新しい出会いのあった1年でした。ありがとうございました。
2008年も素敵な年になりますように。そしてよろしくお願いします。

Jan1月:ミカミ店長のお手伝いで自転車のコースガイド出版のためモデルお手伝い。自転車素人な私には新鮮な時間だった。地元にはまだまだ穴場の素敵なお店があること発見♪

Feb2月:今年参加したオリエンテーリングの大会は6つぐらいかな。うちリレーが3つ、個人戦はいずれも埼玉県、東京とまあ今の心境がよくでているね。オリエンテーリングそのものはとても楽しいんだけど。埼玉県のクラブ対抗リレーでみちの会はやっと総合優勝、嬉しくてみんなでカップにビールを飲んで喜びあった。またこんなのできたらいいな。

Mar3月:2回目の開催にして200人を超える参加者数となった奥武蔵レクロゲイン。当日は大雨にも関わらずほとんどの人が参加、楽しんでいただき本当に嬉しかった。次の開催は来年5月か2009年3月で調整中。お楽しみに~。

Apr4月:印旛村の大桜。感動した。久しぶりにあれこれお話をしてショッピングをしたりしてリラックス。印旛沼にはサイクリングコースがあるので一度走るのも楽しそう。来年も見に行こう。

May5月:ハコネ50k。11.5時間よく走ったなあ。箱根の風景はとても素晴らしかった。反面、体調不良もあり気分は乗らず、どうしてこんな綺麗な山々、トレイルをゼーゼー無理して走って競う大会にわざわざ出ているんだろう?もうレースには出ない!などあれこれ葛藤して走っていた。この大会から、トレイルランもオリエンテーリングもレースに出るのなら、やはりきちんと準備をして走り、準備した分の成果を出したい、というレベルでやらなきゃ楽しくないんだろうなあと改めて思う。ま、でも気持ちの切り替えなんだけどね。結局トレイルランのレースはハコネのみでおしまい。来年はないかもしれないから(関係者からの声も、自分も大会運営をする者として難しいと思う)、走っておいてよかったかも。良い経験になった。

Jun6月:全日本に出ないのは気心しれた人も驚いていた。本人一番のほほんとしていたりして。数年ぶりに奥多摩の奥、笠取山へ走りに出かける。ハコネをのぞき3ヶ月ぶりのトレイル。仲間とリラックスしながら風景を見て心洗われる。

Jul7月:台風の中安曇野周辺にてアドベンチャーレース決行。初めて小熊を見たり、寝床を見たりもした。接戦の末見事優勝!1年に1度か2度かTEAM阿闍梨での参戦は実はかなり気が重く、でもきっちり結果を出したいので事前の準備が必要。まじめに朝MTBに乗って体を動かし準備した。


Aug8月:5週続いたイベントにぐったりで、トトロの背景画を見て心を癒す。下町の夏祭りといい、昼からビールといい日本の夏満喫。






Sep9月:長野、駒ヶ根高原で行われた日本一のクラブを決めるといわれる、クラブカップリレーにみちの会で出場。このクラブは私がたぶん中学生か小学生の頃からお世話になっておりよく知る人たち、ちょくちょく会うわけでないけど居心地よし。
ここ数年新入会員さんも少しずつ増えてきた。のんびりなクラブだけどもちょっと何かクラブ活動できるといいね。この日はちびっこ始めみんな楽しんでいたようで何より。Aチームは残念ながら入賞できず。でもここまで強くなっているほうがすごい。

Oct10月:あれこれ悩んだ山耐も不出場。でも家から近いので観戦&応援へ。違う視点から見る山耐もまた新鮮だった。
自分でも面白かったのは受付のある体育館には1歩たりとも入らなかったこと。その場に行ったら受付して走っちゃいそうだから(一応走れる装備もあったしね)。
スタート前の田中正人氏(9位)。優勝時のタイムから10年経って更新しているのが素晴らしい!

Nov11月:なんといっても初挑戦、24時間のマウンテンバイクエンデューロレース。1人だったら絶対やらないだろうけどチームメイトがいるからこそできる。これはすごくいい経験だったなあ。楽しかったー。丑三つ時の会場も静まり返っている3時間、村越リーダーと私のジジババコンビで遅いながらも静かに頑張っていたのが忘れられない。おまけに混合優勝!全体6位!40万以上の賞品の数々も初めて。素人半分でよくここまで頑張った。

Dec12月:いろいろなお疲れ様会を兼ねて街へ。ここ2年海外遠征には行っていないのでさすがにムズムズ、北欧関係を見ると落ち着きますなあ。ノルウェーにはトレッキングでまた行きたいな。気分転換しおしゃべりできてよかった。


2008年、健康で楽しく体を動かせますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.30

マトリョーシカ

Dsc00799Dsc00798
ロシア(ソ連)の遠征土産として10年以上前にいただいたマトリョーシカ、姪っ子が見つけて大喜びをしていたらしく、久しぶりに手にとってみた。2種類あり、1つはとてつもなく大きいの。確かこれは所属しているオリエンテーリングクラブ;みちの会の吉田さんとりんやさんがソ連のユニバーシアード大会に出たときじゃないのかな(じゃあ20年以上も前ジャン!)。もう1つは旅行に行ってきたという知人からだと思う。
Dsc00794面白いよねー。
いかにも日本的じゃないと思ったのは一番ちびっこいやつの適当なペインティング。


Dsc00796お花を頂きました。お花はいつ頂いても嬉しいものです♪気分よく歳を/年を越せそう。

さあお掃除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.25

Nordicな1日

『不安』 叫びと一連の絵、後ろはフィヨルド。この絵葉書が一番人気とは恐るべし
Dsc00790
ある日、通勤電車に乗っているとふとムンク展のポスターが。おお、ムンク、そういえばもう18年前18歳の頃初海外&遠征の1ヶ月間、最後の1週間観光で見てきたぞ。懐かしい、これは久しぶりに見てみるか、また印象も違うかのうと同じくはるか昔に遠征しバリバリ走っていた頃があった同行者と上野まで。1/6まで東京西洋美術館で開催中。

今回はオスロのムンク美術館からの出展。かの有名な『叫び』は確か国立美術館にあるので本物は見ることはできません。
絵のことはよくわからんが、何度も北欧を訪ねて人々の生活や文化にふれることによって改めて見てみると、浜辺、入り江、森が多く取り入れられていることに気づく。ノルウェーらしい。そしてあの色彩は画家の性質はあるだろうが、北欧の長く暗い冬を過ごしているからじゃないかしらんと思った。夏は夜中まで明るくほとんど暗くならない、となれば反対の冬は午後を過ぎれば薄暗く長い時間ほとんど暗闇。真の北欧を知るには冬に訪れなければ。スキーハイキングとか楽しそう。野望はあるんだけどねぇ。

サクマのドロップ飴とのコラボ。フツーに飴は美味しい
Dsc00791_2面白かったのはいくつかの壁画を手がけた中で、フレイアチョコレートの工場の壁画があったこと。そういえばよくスーパーであのチョコ買ったよね、、と話したりして。企画物のグッズ販売の中にクリアファイルが。私は月夜のファイルを買うが同行者はチケットと同じ絵のファイルを。会社で使うらしい。そんな絵のファイルを見せられ、例えば承認待ちの書類がそれに入っていたら、周囲はそれこそ不安でビクビクするんじゃないの?

クリスマスに外に出るなんて。ツリーはフツーにキレー
Dsc00787山に住み、お休みの日も人ごみをキライ山に行っては遊ぶ。がたまには文化的な時間を過ごしたいわ。買いたいものたくさんあり。
初台から渋谷モンベルの移動は、人ごみがイヤだと結局電車もバスも使わず、携帯のナビ地図みながら3km弱歩いて行っちゃうところによく自分らの性質分かってますね。とてもスカートにヒールでお出かけはできない。しないけど。思ったより近い、アタックが見事であった。

Dsc007892年見逃していた企画展。現行のブランドあったり、テトラパックがあったりとおもしろかった。もっとショッピングモードな空間かと思ったが。
こういう北欧デザイン&クラフトになるとスウェーデン、デンマーク、フィンランドからはわさわさ出てくるが、ノルウェーからの出品はない。さすが田舎な国。


******
食事をしながら突然でとても哀しいニュースに泣く。
今年3月の奥武蔵レクロゲイニングに最年長混合チームで参加していただき、数年前も菅平の宿でご一緒しただてさんが、地元の山でクラブ会内杯中に倒れて亡くなった。あまりに突然でびっくりした。
マラソンをずっとしていて、60を越えているとは思えないそのパワーと立派な筋肉。オリエンテーリングを始めて数年、その魅力にとりつかれ周囲にもにオリエンテーリングを薦めていた。私も歳を重ねるのなら彼女のようになりたい、とても魅力的な人だった。
レクロゲイニングはとても楽しかったようで、数週間後に会ったイベントでは楽しかったお礼よ、とわざわざケーキを焼いてプレゼントしてくださった。たった2週間前に行われた越生のイベントでは、役員をしながらゴールレーンで立っていると、参加者にも関わらず、りかちゃん、今日はありがとう!楽しかったわーといいながらゴールに進んでいた。周囲を気遣い盛り上げるチャキチャキした女性。
あんなに元気であった人が、と信じられない。突然いなくなってしまった。今年はこういうことが多すぎる。自分がそういう年まわりになってきたとはいえ、とても哀しい。日々1分1秒楽しく悔いの残らずやりたいことをやり幸せに過ごしていこうとも思った。
ご冥福を心よりお祈りします。

連休もおしまい。頑張って4日出勤すればお気楽お正月お休みが待っているかと思うともちょっとだけがんばろうという気になる。うー、ほんのちょっとだけ。。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2007.12.22

今日も奥武蔵へ山走り+@

本日のルート
正丸駅(標高約300m)ー小高山ー正丸峠ー旧正丸峠(30分)ー大野峠ー丸山&ヤッホー(標高960m/2時間20分)ー四番金昌寺へ約17km、up1300m 3時間20分 
+金昌寺から温泉;武甲の湯&プハー(ビール)経由横瀬駅へ3km

11月から始まったサイクルクラブ3UPハイキング同好会のイベントもすでに5回目。そもそも自転車のオフシーズンのクロストレとして始まったらしいハイキングも名ばかりで、もはやフツーのトレイルラン。みなさん専門にやっているのではないのに向上心あり、何よりトレイルを楽しんでいるのがいいですね♪
上のコースはBasic B組、本日6名。
吾野駅で降りて子の権現経由のA組は、アイアンマンジャパン;エイジチャンピオン小野さんを始めとした3名プラス地元奥武蔵の山に戻ってきたTEAM阿闍梨メンバー、山のお師匠、ヤギさま。

久しぶりにケツ筋やや痛く、いい感じ♪楽しかったー。
装備;ロングスリーブ山シャツ、ウィンドブレーカー、ロングタイツ、グローブ、フリース帽子、TEVA;X1、ルーファス、お風呂セット(着替え、防寒、フリース、ベスト、トレーニングジャージ)、
補給;お茶480ml、ピーナッツチョコ3粒、ウィダーインゼリー1
朝食(電車の中で)パン&コーヒー。
予備補給食;お赤飯おにぎり、マーガリン&ハチミツホットケーキ。
ーーーー
下りはどうやって走っているの?と今までよく質問されてきたけど、無意識でやってるのでようわからん。でもそれなりに考えた。
体幹の軸を意識(下りに限らず)してぶれないようにする。斜度によって軸をどう傾けるか、でストライドの幅、足裏のつき方、蹴り方が適当に変わって走ってるんだろうなあ。なのでそんなにどこかの筋肉に力を入れてガシガシって感じじゃないかも。
あとは目線をぶらさない(頭を揺らさない、腰の安定)、など。
体幹の軸がしっかりしていれば蹴つまづいても足をひねってもすぐに元の体勢に戻せるよ。
なので体幹、ケツ筋は大事だなぁ。きちんと世界選手権のためにトレーニングをしていたときは筋トレはマシンを使わずその部位を徹底的にやってた(簡単何種類かなので興味ある人声かけてくださいな)。アジリティ、俊敏性の動き含め。そしたら慢性的故障の右ハムストリングの痛みも左ひざのチョウケイ靭帯の痛みも出なくなった。今まで使っていなかった筋肉を使えるようになりフォームが少しよくなったせいだろうね。
ーーー
Dsc00782丸山手前のピークからパラグライダーが飛び立つ。ここまで間近で見たのは初めて




Dsc00780いよいよ奥武蔵レクロゲイニングの準備か、本日の最高標高点丸山(960m)にてN@miki会長ヤッホーのポーズ。会長、見るたびにリラックスしたフォームで走りがよくなっています。パリーブレストの自転車往復1200kmを4日間で走破した恐るべし51歳。先頭を行く会長の姿に、今日は心意気を見せんと失礼かのうと後続がやや気になるが、つかず離れずの距離を保って走る。

Dsc00778_2rimbちゃん、金昌寺への下りを快適に走る。マラソンをやる彼女、山の走りもみるみるうちに上達。2人で先頭交代しながらビュービュー下っていく




Dsc00776姪っ子に初めての自転車を。フレームにはサイクルハウスMikamiのシールが。『自転車どう?』と彼女の母が聞くと『かっこいいーー』だって。どこでそんな言葉をそういう状況で使うことを覚えたのか、恐るべし1歳8ヶ月。

Dsc00774夜の部;カニ鍋!3UPのハイキング・魚釣り関係者の忘年会♪美味しい、楽しい、本当のハイキンググループD組が結成、1/26(土)。どこ行こうかな。


Dsc00773重鎮2人のコンビを久しぶりに拝見


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.20

祝2年!MTB。

マウンテンバイクを購入してから、初めてきちんと上手になろー、MTB好きになりたーいと3UPのツーリングに参加したのがちょうど2年前。たまにでるアドベンチャーレースのMTBセクションでごきげんそうな下りでもとにかく怖くて降りて押していたのが悔しくて仕方なかった。このままでは楽しそうなバイクが嫌いになってしまいそう、それだけはいや!と購入した地元のお店の自転車クラブに顔を出してみたのが始まり。

そこで大嫌いな早起きをして体を動かし効率的な時間の使い方を知る
久しぶりに純粋に楽しく体を動かすことをする
ちょびっとずつでも上手になっていく過程を楽しんでる
新しい自転車好きな人たちの出会いや世界が広がっていく
ジャイ子からスージーへ乗り換え、ビンディングペダルへー
(ジャイ子はあかねちんのところに里子に出され活躍している)
いよいよエンデューロレースに出ちゃった

と、また1つ新しい世界を知り、生活の変化をもたらすものに。今一番リラックスして体を動かせるのがMTBかもしれないね。
ただトレイルを走るのともナビゲーションをしながら走るのとも違う面白い遊び。でも森の中で戯れるのは一緒。
きちんとした基本技術を身につけて、来年は丸太を優雅に乗り越えるのが目標。力づくじゃなくて。でもってマイナーロングライドのお気楽イベントにでるのも目標。その前にパンク修理とかスムーズにできるようにならなくては。

これからも相変わらず自転車には無知で頻繁に乗ってないかもしれないけれど、みなさまお付き合いよろしくお願いします♪

初めて3UPツーリングに参加した日のこと
http://rika.cocolog-nifty.com/rika/2005/12/3upmtb_a02d.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.16

風邪っぴきと胃キリキリ

Dsc00766_2もはや週末記。

朝自転車乗るぞーとガバっと早起きした火曜、ノドに違和感が。がーん、風邪だぁ。先週日曜の運営で1日中外にいたことや髪の毛を半乾きで寝てしまったせいなのかな。ダウン寸前。
土曜、家に帰ってから背中が痛くてたまらないことに気づく。3週間ぶりにバイクに乗ったからかなぁ。そのうち胃がキリキリし始めた。胃の痛みが背中までいった感じ。まだ風邪から完全復活しないうちにそこそこ真面目に体を動かしてしまったからだろうか。お昼に普段食べないフライを食べてしまったせいか。。結局痛みに耐え切れず寝込んでしまった。今日もMTBに乗ろうと思ったのに残念。

体のケアについてはここ数年で対処の仕方も変わってきている。20代の頃なんて何一つかまわなかったが(というかきちんとトレーニングしてなかったし)、30になる前後の第1段階、35までまじめにトレーニングをしていた頃の第2段階、そしてここへきていよいよ35を越えてからのケア、第3段階目に入ってきてるよなあと思った今年後半。

きちんと体の声を聞いて付き合ってあげれば、ここぞのポイントでパフォーマンスは発揮できると思う。幾つになっても誰でもそう。
無理せず頑張らず、今できることやりながら自分の体に敏感になりながら日々楽しく過ごしていきたいなあと思ったのでした。
そんなわけでせっかくその気になった朝のMTBももう少しコンディションを見てからのスタートに。なかなか上手くいかんのう、仕方あるまい。

写真;トレイル中にメカトラ。はじめて見たワイヤーぐちゃぐちゃ。
落ち葉カサカサの中MTBで走るのはとても楽しい!
土曜のツーリングは初めて行ったトレイル多し。半分アドベンチャーな気分。地元なのでだいたいの場所はわかるので走りながらロケーションの相対位置を整理。メモリーするためにさっそく地図を見ておさらい。なるほどねーとわかってニヤニヤしているのが一番面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.09

埼玉Oフェスタ運営終了

Dsc00769朝7;00に集合、運営スタッフは各担当部門にちらばり大会の準備、準備。今回私は久しぶりに現場に出動、フィニッシュ(ゴール)へ。平スタッフ、嬉しい♪しかもフィニッシュ配属は初めて♪車、横断注意!の交通整理係をやるわーと鼻息荒く。一度このお仕事やってみたかったのだ。
フィニッシュエリアの設営。
マッパーとり氏、パンチングフィニッシュの計測用エミットを打ち込もうとするがグランドの地面固すぎ。悩みに悩み、、、

Dsc00770このような措置。巧みに?イスを使っとります。
それにしてもとりっす、紫の埼玉役員ジャンバーっていつの?たぶん1998年の東日本、粥に田峠?妙に似合っていますね。


Dsc00771嵐の前の静けさのフィニッシュエリア。スペシャリストが集まっとります。2人当日スタッフ欠員といいながら余裕の運営だった。
ポットにお湯を持ち込みコーヒーに紅茶、みかんにりんごを持ちみとアットホームな雰囲気がただよう。そして結局嵐にはならないまま500人以上をさばき、順調に運営は進んでいくのであった。
つづく。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.08

蕨山ータタラの頭、そして越生へ

里山では紅葉が真っ盛り(12月なのにね)、しかし名栗の奥の山々はすでに葉も落ち、すっかり冬の風景だった。空も景色も。空気が澄み渡って遠くが見渡せてとても気分よし。
Dsc00757

Dsc00752_2Dsc00763本日時間がとれたので(実は勘違いだった)、現状把握のためまじめに走ってみようかしらと蕨山方面へ。同コース今年1月のTEAM阿闍梨トレーニング以来。
クマが出没するエリアなのでちょっと一人はいやだなぁと声をかけたところ3UPハイキング同好会の面々4名+クレイジーフレンチマン;ビンセント氏もご一緒していただくことに。トレモードでペースは違っていても、同じトレイルを走る仲間が今ここにいるのだと思うと随分と励まされる。体調不良のN@miki会長はわざわざお見送りにきてくださいました。みなさんありがとうございました。
蕨山道標山頂/タタラの頭
Dsc00765Dsc00762_3さわらびの湯ー蕨山(道標1033m)まではちょっとだけそれなりに走ってみてコンディションの観察。途中MTBグループ、ハイカーの方々とニコヤカにお話をする。
蕨山到着後少しだけ待って合流、お決まりの”ヤッホー!”。木霊が返ってきて嬉しかった。そこからこれぞハイキング同好会的な雰囲気で和気あいあい、思っているより遠いかもと3つくらいピークを越えところで有馬山脈最高峰タタラの頭(1213m)に到着。個人の方が厚意で作ったのだろう、味のある小さな木彫りの看板が目印なり。
(これは武甲山方面、小持山分岐から橋小屋の頭の尾根線にかけての小さなピーク数箇所にも同じような木彫りの看板があるんだよね。同じ人が作ったのだろうか)

タタラの頭からの復路ダウンヒルはビンセントさんとおしゃべりしつつもそれなりに良いペースで走ってゴール。
今日のコースは1/14に行われる、TEAM阿闍梨トレ&3UPトレイルラン大会のA組のコースなり。B組は蕨山で折り返し。

さわらびの湯に立ち寄り極楽、極楽。rimbちゃんの英語を始めるきっかけというのが新鮮でありました、なるほどねー。

しかしあれですね、ウィークエンドのみの運動はよくないですな。まずは平日1,2日朝体を動かすことから。何のため?ぼんやりだけどやっと形になり始めたところ、ちょっとワクワク。そろそろ始められそうな時期にきていたのでちょうどよかった。とりあえず1ヶ月、そして3ヶ月できればかなりいい感じになるのではなかろうか。継続は力なり。
それにしても登りが本当にがっかりしちゃうくらい遅くなっていてイヤになる。その他はごまかせてもこればっかりはフィジカル、トレーニングの割合が大きいところ、当たり前だ。もっとプッシュできるようにしようと思った次第。いろいろ発見できてよかったわ。

コース;さわらびの湯(標高約300m)ー蕨山(標高1033m;約6km、up760m)ータタラの頭(標高1213m)の往復
タイム;さわらびの湯ー蕨山(1h17m)-タタラの頭(34)ー蕨山(22)ー金比羅神社跡(37)ーさわらびの湯;兼クールダウン(10)
total約16km up1000m 3時間 +休憩12分くらい?
蕨山までの詳細ラップはこちら;http://rika.cocolog-nifty.com/ajari/warabiyama_info.html

装備&補給;メッシュアンダーシャツ、ロングスリーブ、ロングタイツ、薄手のグローブ、TEVA X-1、ルーファス、防寒着(薄手のフリース、ウィンドブレーカー)
紅茶のスポンジケーキ、お茶300ml、CCレモン400ml
朝食;おにぎり(走る30分前)、コーヒー

ちなみにビンセント氏、往復3hrsでゴールした後、蕨山までのタイムトライアルを決行。つまりほぼ2往復。TEAM阿闍梨で通年やっているタイムトライアルと、タイムホルダーのぜんとく氏のタイム49分のことを話したらメラメラ?結果、49'53と素晴らしいタイムをたたき出した。先日のアンオフィシャルハセツネレコード11時間ちょっとで走っちゃった彼、久しぶりにクレイジーマン(いえ彼らにとっては普通なんだけど)に出会って嬉しい限り。すでに3UPハイキング同好会3度も一緒とはね。いやはや面白い、強い。

Dsc00753名栗から埼玉Oフェスタの準備で越生に移動。山から山へ。やったことのない作業にウキウキドキドキ。地道な作業が大会につながっていく。無事終わるといいな。参加する皆さま、お楽しみください♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.05

さわらびの湯情報

http://nagurikankou.com/sawarabi.html

地元のさわらびの湯、家から車で20分のところ。
露天風呂改修中だそうで1/6まで半額で入浴できます。1/6-1/30までは改修工事のため休館だそうです。
ハイキング、トレランする方、12月はお得、1月はお休みなのでご注意くださいませ。
さっそく今週土曜、蕨山方面(タタラの頭往復)へさくっと走ってさわらびの湯に立ち寄る予定。
現地8時集合。1/14(祝)のTEAM阿闍梨トレーニング&3UPトレイルラン大会のコースなり。ご一緒する方どうぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.01

久しぶりの奥武蔵ー越生トレイルラン

巾着田を見下ろすいつもの金刀比羅神社から
Dsc007083UPハイキング同好会、もう4回目?。
久しぶりに心拍を一定上にkeepして走り続けました。このトレイルは奥武蔵の中でも比較的なだらか、エスケープルートも多し、登りも走りきれる斜度なのでなかなか良いトレにもなりますな。18歳のときに初めて山走りをしたのが日和田山ー顔振峠の今回のルートであります。いやー、気持ちよかった、楽しかった!
スタート;7人;はんのう市役所ー加治神社ー高麗峠ー日和田山(ヤッホー)-物見山ーエビガ坂ー一本杉峠(2時間半)-鼻曲山ー桂木観音ー虚空蔵尊ー越生駅(4時間)
約18-19km/up1000m。
今年4月以来の超地元のコース。静かでよい。スタートから山へ入る1km弱はウォームアップのため歩き。
A組アイアンマンO野氏率いる4人は、ユガテ経由顔振峠まで行きいったん黒山三滝の谷舗装道路まで降りて桂木観音へのトレイルに上りなおし、ちょうど桂木観音で合流。
やや時間タイト。約2時間に1本の八高線電車に乗るため、桂木観音から大高取山はパスして下り基調で越生駅へ。ここからみんな疲労ありながらもガシガシ真剣、rimbちゃんとなんかおかしいのうとゲラゲラ笑いながら走った。結局30分前に到着、素晴らしい。その後の梅酒、酒まんじゅう、美味しかったです。
桂木観音周辺の柚子林、香りがとてもよくていやされた。チョウケイ靭帯も痛くならずよかった。

Dsc00707Dsc00706Dsc00705Dsc00704_2Dsc00701

次回は12/22(土)。ご都合あうかたどうぞ。


写真上左;軽快にトレイルを走るkawasugiさん
真ん中;最近も周辺で小熊保護されたり、目撃されてます。
右;一本杉峠にて集合写真。2.5時間経過。やっと半分強

写真下左;桂木観音にて鐘をつくN@miki会長
右;駅前の売店で地元酒造が作る梅酒を購入。美味しかった。

装備・補給;
ロングスリーブ、ロングタイツ、グローブ、イヤーバンド
グレゴリー;ルーファス、TEVA X-1
着替え(ウィンドブレーカー、フリース、ロングシャツ、ロングパンツ、タオル)
壮健美茶400ml +200ml レモンウォーター
soy joy1本、ゴマせんべい数枚

#走って登りきれる斜度なので登りの筋力を高めるため、ゆっくりでも走って登ることを意識ー>OK
#なので止まって休まず心拍を落とさないようににする(といっても心拍計はつけていない)
#グローブはあった方が良い。暑くて外したすぐ後転んで手のひらの皮をべろっと剥いてしまった。日常生活難あり
#しばらくは一定の負荷、心拍でゆっくりでいいから走り続けること(~4時間ぐらい)、慣れてきた、頑丈になったらペースの上げ下げをしていくこと。でないと再びちょうけい靭帯やその他の部位を痛める。
#10月の頃に比べたらだいぶ体が動くようになってきた。体調管理に気を使い、徐々に負荷をかけているからだと思う。平日1,2日体を動かせるようになるともう少しタフになれそう。これは課題。何かゴールセッティングをしなければ難しい。がそれがクリアにできればすぐにできるのはわかっているのでちょっと考えてみよう。
#基本は楽しく体を動かすこと。無理はしない。レースモードはオリエンテーリングでもう十分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »