« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

2008.03.30

日本選手権6位!

20080330145730_2
がんばったご褒美、ギリギリ。嬉しい!

なお、日本チャンピオンは男子女子とも去年に引き続きかっしーことかしまだこうじばんばようこ
男子のチャンピオン連覇は村越さんの15連覇!、遠藤さんの3連覇に続いて3人目(かしは2連覇)。勝つことはそうは簡単なことではないけれど、連覇するのはもっと難しいと思う。ようこちゃんも体調不良の中勝った。自分では満足いってないコンディションとはいえ、国内では相対的な実力からすれば敵なしだろう。
かっしーの優勝インタビューが胸に響いた。ようこちゃんともに今年夏に行なわれる世界選手権の日本代表決定。
2年ぶりに出場した日本選手権は印象深いものになった。舞台を用意してくださった運営の方々、一緒に走ったみなさん、応援してくださった方々に感謝しています。
久しぶりにアナリシスを書いて今年度のオリエンテーリングはおしまい(っていうほど参加してないけど)。来週。携帯より。り

冷たい雨の中出走、どろどろでゴール
Img_4566_3
くたくた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.03.29

食べてます

食べてます
いとこ夫婦の住む大阪へ。はじめて。母、伯母と3人珍道中?いやー満喫、楽しい時間なり。明日はレースへ、今21時すぎ宿に移動中。彼女らはそのままいとこ夫婦宅に泊まり、京都観光。父も大会参加のために単独大阪入りしてるらしい。親子3人バラバラ。

しかしこの体調、明日走れるかなぁ。

ゆみちゃん、きよしさん、おもてなしありがとうございました!覚えておきます、モータープール。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.03.27

肺活量変わらず

24hホルター心電図の結果はdetaから見る限り特に異常なし、不整脈もなし。経過観察ということに。2005年の世界選手権前はオーバートレーニング状態で、けっこうな頻度で不整脈がでいていた。今も時たまうぉっ!というのはあるんだけどなー。
で、他に考えられるのは、そこそこ負荷をかけながらの長時間の運動で、呼吸と肺の活動がスムーズにいってないのかも、ということ。先生、斬新(じゃないんだろうな)、そっちかー。そもそも痛み出したのは1/14の寒い朝、蕨山までの往復タイムトライアルを体があまり動かない状態で2時間近く追い込み続けて走ったこと、翌日から両胸痛かった。これがきっかけなのは間違いなさそう。痛みが出始めるのは強度が低、中でも2,3時間を経ったころからだ。

まあよくわからないけど、漠然とした不安を払拭すべくアクションをおこし、実際になんでもなさそうなのでとりあえずよしとしよう。いずれにしても無理せず体を動かすこと。違和感を感じたらすぐに強度を落とすこと、止めること。自律神経のバランスや多大なストレスの影響があるのは感じているので、それらをどうにかする工夫していくこと。ついでに婦人系の検診もうけること。ちなみにホルターをつけてたときの4.5hrsの高水山のトレランでは最高心拍166を記録しており、平均でも160近かったよ。そんなつもりじゃなかったんだけどなあ。マスクしてたせいかしら。そろそろ心拍計(時計)してみようかな。

医者と話すついでに、じゃ肺機能の検査もしときますかーということになり、身長計測し年齢をインプットし、久しぶりに肺活量など測ってみた。わーい。
検査師の若いお兄ちゃんに詳しく数値を聞くこと成功、兄ちゃんはこんなおばはんにやや驚き、『いやー年齢的にみたら平均値よりかなり上回ってますよ。』だってさ。そりゃそうだ。
で、肺活量は3400ml。まじめにトレーニングを継続してたころと変わらないではないか、むしろ増えてる?ということで妙な満足感。もっとも競技者としての数値はそう高くはない。でも2時間以上も病院に拘束されたうっぷんが晴れたぞ!ちなみにこの検査も異常なしだった。気管支は弱いんだけどね。

2003/2004年時のvo2max(最大酸素摂取量)と肺活量などのdeta、分析はこちら。興味ある人どうぞ。ちょっと古いけど。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/rika7/o/tr/vo2max.htm

東京体育館のvo2max測定
http://www.tef.or.jp/tmg/guide/consul.html#sokutei
#今運動している人は直接法の測定をおすすめます。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.03.23

くたびれた

2日間続けてオリエンテーリングやるなんて数年ぶり。昨日は宿についてすごくくたびれてた。トレイルを6時間走るよりぐったり。今もぐったり、帰ってきていったん眠りこけた。花粉にやられたのもあるけど。そしてありえん、あちこち筋肉痛。こういう疲労感は久しぶりだなあ。倒木を飛び越えたり木の枝を避けたり、バランスをとりながら不整地を走るのも、びゅーびゅー下るのもめちゃくちゃ怖くなっていた。いやー、ピシパシ枝に当たるの痛いとかすっかり女の子ちっく(これ普通)。でもちょっとは(痛さとか)動きに慣れたので、来週はとりあえず大きな怪我をするのは避けられそう。

今日のレースは面白かった。タイムや順位は関係ない。とにかく現状把握と今できることは何かを知ること。
自分が取りたいルートではなくて、今の自分にとって速く行けるルートはどれ?と考えて選ぶべしべしと言い聞かせる。オリエンテーリングやトレーニングを継続的にやっているのなら積極的に取れるルートも、今それをやったら破綻してしまう、そのギャップを埋めるべく対処ができたがのはよかったかな。コントロール周りも全然スムーズじゃなく例えば2秒が10秒近く止まっちゃったり、正置やコンパス振るのにもたもたしたり、綺麗なラインをとれないとかあるけど、仕方ない。できるだけ意識して取り組むだけだ。

レースはやはり集中力が数倍増すので、キビキビ動けていいね。実は昨日の練習で絶望的な気分になったのだけど、かなり払拭できたかな。

今日残念だったのは、
・コンパスにけっこう大きい気泡が入っており精度に不安。来週会場で売ってるかしらん、モスクワコンパス
・縮尺は1;15000と知っていたはずなのにレース中はすっかり忘れて1;10000でやってた。帰り車を運転しながらあれこれ反省しているときに、あ!そういえば1;15000だったよ、と気づいたこと。どうりで感覚おかしかったり、ショートしてたわけだ。

レース中胸の痛みがなかったのはよかったけど、追い込むのが怖くてそこそこのペース、いつもならプッシュするところも無理せず。これも仕方ないな、診断を待ってからもちょっと考えよう。帰りの車で痛くなったのが気になるところ。

オリエンテーリングは楽しい。あちこち傷だらけはきびしー。

来週は用意された舞台にコースに初大阪テレインにチャレンジ!
その前に食い倒れ~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.03.22

富士にて

富士にて
オリエンテーリングレースのための自主トレーニングはいつ以来だろう。少なくとも最後にクリッククラックに泊まったのはあじゃり合宿の時、ちょうど矢板の全日本前だったから2年ぶりだ。
とてもよい練習になった。最初の1本目、基本の動きがまるでできない。こんなに下手っぴになってるなんてー。笑っちゃう。何事も継続しなきゃ難しいですね。1本目私の動きを見てたRobがアドバイスしてくれ、意識して取り組むと、2本目はとても良くなった。

宿でかしまだファミリーとルート&プラン練習
20080322202306
トレイルをただ走るのはなんて楽だろうと思う。富士のフカフカ地面というのもあるけど、あちこちの小さなパーツの筋肉が痛い。オリエンテーリングはやはりハードよね。でも楽しかった!一緒に練習してる仲間がいるのも励まされた。明日は久しぶりにレースを通じての練習なのでこれも楽しみ。
そうそう16時半すぎに富士サファリ近くの宿に向かって車を走らせていると、自転車乗ってる人たくさん!反射帯をかけてる。そういえばまどか・ササハラが神奈川ブルペ200キロに出るって言ってた。今日だと聞いてたけど、やはりこのルートを通ってたんだ。まどかちゃんいるかなーと思うが見つからず。無事完走願ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.20

きのこ坊で食べる、あたま使う

Dsc00931かなりくたびれていたので、雨が降っているのをいいことに10時過ぎまで眠り続け、車を2分走らせてオリエンテーリング練習会の会場へ。参加費だけ払ってDNS。裏山なのに残念だけど仕方ない。

Dsc00932P3200551諸々の用事を済ませた後、家から車で5分もかからないだろう、成木のきのこ農園が経営しているカフェレストラン、きのこ坊へ。
ぜんとくの企画で仲間が集まり、全日本エリアの元地図を使い、いろいろなレッグのプランニング練習。こういうのとても久しぶり。やるやらないじゃ違うよね。ない頭を少しは使ってよかったよ。地図を(今頃)初めて見た。なかなか面白そうだ。1人では気づかないことも、みんなと一緒に話しながらだと新しく気づくこともある。オリエンテーリングから離れている今、あらゆる部分が鈍っている。とても貴重な機会だった。ありがとうございました。

Dsc00929_2ここのきのこ、味濃厚で香りも豊かで美味しかった♪パスタにピザに。ブリュレもコーヒーも美味しくて幸せ。今日運動してないけどいいのかしら。

きのこを栽培しているハウスを見学させてもらうと、オーナーさんがあれこれ教えてくれた。
・原木は福島から取り寄せ
・おがぐず一切使わず、なるべく自然に近い形で今はハウス栽培
・春、秋がシーズン。その時期は外で育てる、さらに美味しい。
・10日ぐらいでにょきにょき食べごろ
・1本の原木で2年ぐらい持つ。

こんなに近くにのんびりできるお店があったなんて知らなかったなあ。またこよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.17

高水三山へ

今日こそは正しくホルター心電図とるためあれこれ装着してもらい、その後車を15分走らせ鉄道公園へ。正しい使い方?するべくお山を走るのですー。

Dsc00928_2高水山アゲイン。
低山を3時間ぐらい走れる近所のお山ということで、この前は奥武蔵方面に行ったので、今日は青梅方面よ。ほぼ1ヶ月前の危険アイスバーン積雪は全くなし。快適だー。花粉もそんなでもなかったのかな、もう麻痺してるかしら。30分経たぬうちにタラーと水のような鼻水出てきたけど。もちろんマスクをしてた。
どのピークにも人影なし。平日じゃのう。初めて惣岳山にいった!岩茸石山から惣岳山へ行くルートもなかなかゴキゲン。
榎峠から林道に出るまでの急斜面の小径は、丸太の階段が作られていた。2月にはなかったのに。地元の方々が大会時に登りやすいように作ったとのこと。大会と地元との関係が上手くいっているからこそなのでしょうね。

約28km 4h25m(休憩など約10分含む)
1110鉄道公園ー榎峠(1h10m)ー高水山(759m;1h53m)ー岩茸石山(793m;2h15m)ー惣岳山(756m;2h35m)ー沢井駅(3h05)ーロードー二俣尾駅(3h20m)ー駅裏からの山道を登り返し、辛垣城跡分岐へ(3h35m)ーハイキング道を戻るー1535鉄道公園(4h25m)

20080317131025補給;
お茶(500ml)、コーラ(500ml)、ナッツ&おせんべい、薄皮クリームパン5個
高水山に到着してご褒美のコーラ。結局補給はおつまみ系のナッツ&おせんべいのみ。これいいですよ。パンは食べず。お茶は半分以降は後半に。ひょっとして怪我をした時に洗い流すため。

装備;cw-x半袖速乾Tシャツ、トレーニング用ロングパンツ、ウィンブレ、ザック;ルーファス、シューズ;TEVA X-1、キャップ、マスク3枚、グローブ、地図
予備;薄いフリース、長袖Tシャツ、靴下など着替え、洗面用具、薬、テーピングテープ、バンソウコ、人工呼吸用マスク、タオル
珍しく時計をしてみた。ホルター心電図装置装着のため、何か異変あったとき記録をとるため。
暖かくてすぐに半袖。花粉アレルギーは肌にも異変を生じるため露出したくなかったが暑いのには耐えられん。この気温ならもうハーフパンツでもよさそう。予備のロングパンツは持って行きたいけど。それぞれの山頂ではそれなりに風が吹いていたので止まると冷えて鳥肌がたった。

高水三山(高水山、岩茸石山、惣岳山)を経て下山し、御岳駅から電車で戻ろうと思っていたが、まだ元気そうなので御岳駅には行かず沢井駅へルートをとり、走って戻ることに。吉野の梅を見ながら帰ろうと思ったが、ロードがすぐにイヤになってしまったので2駅分だけ走り、二俣尾駅裏からいわゆる山道を登り返すと、ちょうど辛垣城跡のところに出た。再び青梅丘陵のハイキング道を戻る。青梅丘陵は夕方も散歩している地元の方々がいてちょっと元気になった。

Dsc00927_2見苦しいオナカですみません。こんな感じ。もっと大きい装置かと思ったけど。行動記録カードを渡され、いちいち記入するのです。何時何分にトイレ、食事、仕事、運動、運転とか。はたして、今日走った結果は心電図にどうでるのかしらん。

さすがに土曜の30km半日山走りが応えていて最初は体が重かった。無理しない程度に強度は上げず走る。
土曜もそうだったが、磨り減りすぎたソールからヒントを得て、足裏の母指球に力をいれるようにするとやや前傾になり大腿前の筋肉を使うことができる。最近、もっと上手に大腿を使うにはどうしたらいいのかしらんと思っていただけに、大きな収穫だった。
そうなんです150kmしか持たないといわれ、あっという間にソールが減ってしまう初期のX-1、周りからこんなになるまで履いてーと言われたので、よくよく観察するとつま先とかかと、足半分後ろはかなり磨り減っているが、前(母指球の辺り)はそんなに減っていないの発見!どうやら重心が後ろ気味らしい。そういえば登りはそんなに遅くないはずなのに最近ちっとも早く登れない、ちょっと前重心にして母指球(特に左)に力を入れてみるとどうかしらんとやってみたらー、あら不思議、いいように筋力を使えるようになってきたのでした。わーい。ちょっと使う神経、筋肉を変えるだけで随分楽になるのですな。体幹+大腿がバランスよく上手く使えるようになればもう少し力強くなれるなあ。まだぎこちないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.15

堂平山、笠山&官ノ倉山へ

堂平山にて
Dsc00924_2とても楽しいトレイルでございました。よく走ったのう。しかーしスギ花粉恐るべしな1日でもあった。正丸駅を降り立つと、目の前の杉の木たちからはモワモワーと花粉が舞っていた。。。針葉樹の暗い中を走っていて日差しが入ってきた前方を凝視すると、多数の花粉がふわふわ浮かんでるんだよ。これ見た時は卒倒しそうになった。この日は雨が降った翌日、晴れ間のため花粉がいつもよりめちゃくちゃ多く飛んでおり、体調がどんどん悪くなっていくようでありました。

2週間前の大霧山方面のお山で奥武蔵の主尾根ハイキング道制覇!と思っていたが、東側の白石峠から枝分かれしている堂平山方面は行ってないやーと気づき、さっそく行くことに。

こんな看板があちこちに
20080315110652今回のコースも東武鉄道が企画する外秩父七峰縦走ハイキングコースのほとんど逆コースであります。
http://www.tobu.co.jp/playing/hiking/index.html
4/20にハイキング大会開かれるそうです。無料、7000人の参加とか。走るの禁止。


堂平山より2週間前に走った大霧山方面の尾根線を見渡す。右手前はこれから行く笠山
Dsc00916正丸駅から旧正丸峠ー大野峠までが一番のハードなアップ。そこからは緩やかなピークを越え、高度を落としていくのでごきげんなルート。
今回は小川町駅までのアクセスがいまひとつなので、ちょっと平地の舗装道路を頑張ってつないで登りなおして、これまたお手軽ハイキングができる官ノ倉山まで行ってみることにした。積雪はまったくなく、走るのに苦労しない。舗装道路も道端に少しあるだけで車も自転車も通行可。数週間前がうそみたい。あっという間に暖かくなった、春だなぁ。

白石峠に初めて行った。ここかー。いつも奥武蔵グリーンライン沿いの尾根線を走りながら北に見ていたところ。自転車乗りさんはよく来るところなんでしょうね。ここまで正丸から2時間。思ったより早いや。ここから堂平山までパラボナアンテナのあるピーク、剣が峰とか、東大地震観測所、地理調査所の天測点など、森林学習道と呼ばれている道をつないで無駄に登り返しつつ進むのであった。すぐ隣には舗装道路があるので、くたびれていたらアップダウン回避できる。
結局堂平山までは誰一人会わず。この日はグループあわせても10人に会ったかどうかだった。
堂平山の斜面はオープンになっていて素晴らしい景色が見渡せる。パラグライダーの発着所にもなっている。丸山に行く途中からも発着所があり、そこを結ぶのかな。

笠山頂上(西峰にて)。東峰の笠山神社にもいってみた。前に見えるうっすらとした尾根がこれから行く臼入山ー官ノ倉山の尾根線
Dsc00917いったん下って笠山峠へ。ここから約200m登りかえすのが本日2回目の急登か。でもかわいいもの。途中、林道整備中で尾根のハイキング道が分断されて迂回路を。いきなりコンクリートの崖斜面が見えてくるのは興ざめだわ。笠山は西、東峰があり乳房山とも呼ばれているとか。なるほどね。

20080315113111笠山からはぐんぐん下って林道を切り、ひたすら下る。途中地図にない林道があり??になるがリロケート。あっちの方向、あの山ーと分かっているのに続く道がイマイチよくわからなく一瞬?になるが、舗装道路を下っていけば必ず他の情報でてきて特定できるはずだーと思い突き進む。萩平という集落から今度は破線の道、リュウゴッパナのある山塊へ向う。この舗装道路の登り返しが結構くたびれたけど、その山の集落と大霧山の尾根線の風景にいやされた。

ここから東秩父村の和紙の里に至るハイキング道も会う人いず。やはりすぐ横に林道が走っているので、くたびれていたら、そちらをどうぞ。私は、破線のハイキング道、いわゆる5番の小径を快適に進んで最後の舗装道路へ。途中、ショートカットしようとして、地図にも載っていない送電線管理道を下り道は途中でほとんどなくなったが、降りキリルと昔林業で使っただろう沢道につながり民家の裏へ。。。尾根を1本挟んで90度反対の帯沢の集落にでた。軽くアドベンチャー。素直に頑張って舗装道路を下ったほうがよかったよ。

お地蔵さま
Dsc00919文明社会に戻ってきたー。ここからもう疲れていたら東の小川町駅に向ってバスでも歩きでも帰ることができるが、まだ4時間たっていないのでこのまま続行。西へ。旧道を走りながら自動販売機を見つけ、本日3本めのペットボトル購入。炭酸。本来降りてくるはずであった和紙の里の横を通り、右(北)にこれから走るだろう官ノ倉山までの尾根線をみながらのんびり進む。
それにしても花粉ひどい。鼻水はタラタラ流れ、右手にはハナカミハンカチ(王子にかけようと思ったが何一つかすらん)を持ちながら、赤い帽子にマスクにアイグラスをしている姿は相当怪しい。
にも関わらず、中学校前を通ると、そこの学生か自転車に乗った男の子たちが、『こんにちは!』って挨拶してくれた!今の世の中なかなか見知らぬ人に挨拶することはそんなにないかもしれない。いなかだからだろうか、素朴さにほっとした。元気でてきたわ。
村役場前にお地蔵さまが。赤いぼうしと前かけがかわいい。

Dsc00921最後のふんばり、村役場、熊沢神社の裏から尾根線を登り、奥の院を経て臼入山へ。Up250mほど。本日3番目の登りのみ30分。でも広葉樹の森で気分よし。頂上で5時間経過。官ノ倉山までのこのルートは破線のためか下の舗装道路をつないだほうが早いためか、誰にも会わなかった。臼入山からは、地図には見えない細かいアップダウンが官ノ倉山まで思ったとおり続くのであった。標高300m程度、まるでオリエンテーリングをするエリア、里山の尾根線を走っているような植生。
途中、携帯電話がないことに気づいた。ガーン。しかも、ウェストパックのチャックが開いている。臼入山で写真を撮ったのだから、その後だ。一瞬考え戻ることにする。結構戻り、もうすぐ臼入山にまたついちゃうよーと思うと頂上直後の下りで見つける!わーい!!ここから1.5時間あれば電車の時間に間に合うだろう、でも急ごう、花粉つらいよー、疲れてきたよーと集中力がなくなってきたころの出来事だった。1本電車を逃すと1.5hrsも待たなくてはならない。ロスタイム30分始めちょっとショックだったけれど、ここは発想の転換だわ、温泉に寄ってまったりすることにしちゃおう(温泉セット持参済みなのよ)、オニギリを取り出しむしゃむしゃ食べて歩きながら気分転換。もう急ぐことないわ、とのんびりモードに。
こういう、プランした通りのことが上手くいかなかったときの切替えや方法はオリエンテーリングでミスしたときやアドベンチャーレースから学んだことが大きい。特にアドベンチャーレースはそんなことの繰り返しなので、エンデューロ系には大いに役立てられる。これがスムーズにできるようになったのは強みだな。
やや暗い針葉樹の道を走っているといきなり大きな椎の木2本ででーんと目の前に現れる。ふと横を見ると小さな祠が。お参り。この道も昔から使われていた道のだろうね。

Dsc00922官ノ倉山のすぐ隣(東)、石尊山
左横は官ノ倉山、奥は通ってきた尾根線、左右にうっすら広がるのは、先日行った釜伏山方面の尾根線。
官ノ倉山でも石尊山にも人影なし。石尊山で地図を広げて周囲の山々と街並みの同定。はるか南の遠くに奥武蔵の尾根線が見える、目立つのは越上山だろうか。いやーよくここまできたな。ここで本日のピークハントは終了。ひたすら下って林道へ降りると北向不動が。奥武蔵に北向地蔵さんはあるけど、北に向いているお不動様を見るのは初めて。

ゴール(小川町駅)近くの八幡神社の狛犬さま
Dsc00923ここからは街中を通っていくが、ふるさと道と呼ばれるハイカー向けの細いマニアな道を通していたりしてまだまだ面白い。お寺の横を通ったり、小川町の鎮守とも呼ばれる八幡神社を通って小川町駅へ。7時間弱。お疲れ様でしたー。楽しかったな。

八高線電車2本スルーすることにして、駅から北へ8分ほど行ったところにある、花和楽の湯(かわらのゆ)へ。昔瓦屋工場があったところから温泉がでてこんな当て字の温泉に。
http://www.kawarano-yu.com/

1300円するけれど、時間はいつまでも自由、タオル大小、浴衣も岩盤浴用の衣類も貸し出してくれる。アメニティ系も旧カネボウでなかなかいい感じ♪個別のロッカーが与えられるので風呂場が大混雑ということもない。お茶菓子セットも無料でサービス。受付の流れはもちょっと工夫したほうがいいんじゃないのーとは思ったけど。

ちょうど洗い場に行くと、『これから酒風呂です~』とスタッフさんが日本酒1升瓶片手に露天風呂へ行くところであった。わー、普段なら喜んで行っちゃいそうだけど、今日は無理。お酒のにおいさえもうだめだー。
とにかく花粉を洗い流すこと先決。くしゃみ連発、目は真っ赤。ぼーっとしていて館内探検全くしなかったけど、広い。湯船も露天風呂も洗い場も広くて、こりゃのんびりするにはいいなぁと思った。

すでに夕方、八高線の電車(本当はディーゼル車)に乗り窓から外を見る。今日走ってきた山々を見渡すことができた。あの山を走ってきたのかーと思うと嬉しい。達成感あるな。山を歩くのも走るのも一緒、たぶんこの達成感と、お山の中にいるのが好きだから出かけるんだろうなぁ。
また4月になったらあちこちお出かけしよう。

805正丸駅(標高約290m)ー旧正丸峠(標高665m;37min)ー大野峠(標高860m;1h40m)ー白石峠(標高764m;1h57m)-剣が峰ー堂平山(標高876m;2h17h)ー笠山峠ー笠山(標高837m;2h47m)ー東秩父萩平集落(3h25m)ーリュウノゴッチー東秩父村役場(4h25m)ー熊沢神社ー臼入山(標高421m;4h55m)ー官ノ倉山(標高344.7m;6hrs)ー石尊山(標高344.7m;6h10m)ー北向不動(6;20)ー八幡神社(6;35)ー1450小川駅(6;45)ー温泉;花和楽の湯へ
約34km、6h45m(休憩15min、軽くアドベンチャー15min、落とした携帯電話探しに戻る30minを含む)
ハイキングマップのコースタイムは約14時間

補給;
装備;

Dsc00915かなり怪しげな格好でこんなに予防モードであったが、今はボーっとしてだめ。薬は全く飲んでないのです。これぢゃご褒美のビールを飲む気にも全然なれないよ。アイグラスはマスクをしていると曇りがちでしてたりしてなかったり。4時間以降は症状かなりひどくなってきており、集中力がかけてきた。走るよりとにかく鼻水止めろー、くしゃみやめーという感じ。胸の痛みがでなかった。アレルギー症状でそれどころでなかった、という話も。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.03.13

そろそろ

少し強度を上げたペースで短い距離でいいから走りたいのだけど、体調に不安があるので、この週末もハイキング気分のんびり山を走るのだー。奥武蔵(といっても通称外秩父)最後の未踏のトレイル、大野峠から北東へ、堂平山、笠山の比企三山の2つと官ノ倉山。とても楽しみ♪
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=ffb8d0faeb4703a634aca94d1248ecf3

この先大丈夫そうなら、これからの予定はこんな感じ。ご一緒しませう♪

3/15 TR;堂平山、笠山、官ノ倉山へ
3/20 O;東大OLK練習会 赤根峠
3/22 O;富士でトレーニング(みやうちさん、かしまだファミリーと)
3/23 O;インターハイ併設当日参加 富士
3/30 O;日本選手権

4/5 桜ラン?
(4/6 TR;青梅へ観戦ラン)
4/12 TR;どこ行こうかな
4/13 桜ラン?
4/20 O;茶の里いるま大会 越生
4/末 TR;雲取山か大菩薩

5/連休 あちこちの山へ 翌週;北海道か
5/10-11 MTB;MTBオリエンテーリング 菅平
(5/17 O;昭和公園スプリントO)
5/18 MTB;Adventure in Fujimi 50km 富士見町 入笠山
(5/24-25 O;スコラ2日間大会 広島or東京ベテランズ 青梅)
(5/30-6/1 AD;Azumino 2days)

(6/1 O;東大OLK大会 静岡)
6/29 TR;OSJ志賀野反トレイルレース 40km 志賀高原

7/6 RO;霧が峰ロゲイン
(7/ O;マスターズ世界選手権 ポルトガル)
(7/末 O;APOCアジア環太平洋選手権 韓国)

O= orienteering
TR= trail running
MTB= MTB
AD= adventure race
RO=rogaining

3月末にオリエンテーリングの日本選手権があるので、来週集中して山に入って技術練習と体をそれに慣れさせる。
4月以降、出ようと決めたイベントは2つ、アドベンチャーin富士見の入笠山周辺で行われるMTB50kmと志賀野反のトレイルレース。長い時間なのでそれなりの準備が必要。晴れたら景色よさそうだなー。それ含め楽しく遊びましょ。

今年からオリエンテーリングのスプリント競技の日本選手権が始まるとのこと、それはとても興味深い。スピードをナビゲーションが破綻しない、極限まであげた中でするたった15分程度のスプリント競技は、ミドルやロングと違った面白さがある。がー、今シーズン1つも公認スプリント大会(日本オリエンテーリング協会が公認する大会)に出ていないため、選手権が行われる2ヶ月前までのレースに出ないとどうやら資格がないようだ。

といった感じで3月の日本選手権(ロング)、MTBの50kmロングライド、トレイルラン40km、スプリントO15分に興味もった今年。アジアチャンピオンになるのも魅力的よねー。と言うだけなら簡単よね。

とにかく健康第一であります。これ大事。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.10

ユガテへ

ユガテのみかんと紅梅
Dsc00913えーと、明日からは普通に会社人なり。
朝はザーザー雨だったけれど、心電図を測るしカッパ着て走れば問題ないわーと鼻息荒く病院へ行くが。。24hrsホルター装着は来週月曜であった。。。サイフを忘れたサザエさん状態。
うー、re-schedule. 雨も上がってるしね。計画通り、山を走ろう。今日はユガテ往復にしよう。金曜と同じ場所からスタート。行きはエビガ坂経由。ユガテから帰りは尾根&沢を2つ越え、北向地蔵に登りなおして戻り、日和田山下を通って高麗峠入口まで。ただの往復は好きでないので(オリエンティアじゃ)、ちょっとアレンジ。なかなかお手軽で楽しく走れるコースですよん♪

Dsc00914ユガテではまだ蝋梅が咲いていた。ミカンとともにいい香りが漂う。ユガテは山の斜面に、突然とテラスになって開けている地域(ユガテ高原とも言うらしい)で、2軒民家がある。畑や果物畑があってなかなか不思議な空間。名前は”湯が天”が由来とも言われ、昔地面からお湯が沸き、天まで昇ったというような伝説があるとか。エビガ坂といい、ここら辺は渡来人の語源からきている気もなんとなくするけれど。面白いですね。
結局ハイカーには1人たりとも会わなかった。こんなメジャーコースでも月曜日、しかも予報は雨、朝も雨が降っていればいないかあ。しかしあれですね、毎日こんな生活できたら嬉しいなあ。

約20km、3hrs(休憩あわせて10分ほど含む)
10:20高麗峠入口ー北向地蔵(1h10m)-エビガ坂-ユガテ(1h30m)-北向地蔵(2h00m)-日和田山下ー13:20高麗峠入口(3hrs)

補給;コーラ(350ml)、そうけんび茶(500ml)、男梅飴5粒、チョコレートクッキー5枚
装備;山ロングTシャツ(ウール)、薄いフリース、Biotexタイツ、トレーニング用ロングパンツ、TEVA X-1, ルーファス、キャップ、グローブ、ネックウォーマー、マスクx2
予備;カッパ、テーピングテープ、バンソウコ、ティッシュ、お金、人工呼吸用マスク、携帯電話

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2008.03.08

朝のトレイル、昼の下町散策

Dsc00912朝8時に市役所へ。本日の3UPMTBツーリングも盛況なり。今は心拍の上げ下げが激しくなるだろうみなさんとのツーリングは残念ながら不参加モード。も少し体調みてから復活じゃ(月曜念願の24hrs心電図検査)。テーピング講習をささっとし、復活したN@miki会長らと高麗峠までご一緒ラン、走りながら会長が、走るの楽しい、山は楽しいといっているのが嬉しかった。彼らは奥武蔵グリーンライン方面へ、私は宮沢湖&ゴルフ場外周のごきげんなトレイルを約11km、70min。何も背負わず身軽で走れるのは嬉しい。地元の散歩している人たちが多かった。昨日の疲れはあるが、ゆっくりでも普通に走れるのが嬉しい。マスクは当然装着、今日もメガネを忘れる。時たま心臓の痛みあり。
市役所駐車場に戻ると、復活したアイアンマン小野さんらが。さっそく自転車トレ開始とのこと。よかった!

Dsc009119年ぶり?に訪れた鶯谷の笹乃雪。お豆腐が好きな方、下足番や帳場があるので下町情緒を味わうのにはいいかもしれないですね。昼から自分だけ生ビール。もう朝運動したからいいのだ。


Dsc00910梅祭りをやっている湯島天神は梅より人のほうが多い、うじゃうじゃ。少しは頭よくなるべしとお参りしようとするがかなり並んでいたのでやめる。坂が多い東京、東大そばの暗闇坂を通ってみるが。。このネーミングに魅かれたが都内には12箇所もあり、和光にもあったとのこと。木々が生い茂って薄暗いからこの名前がついたらしい。あまり坂っぽくない傾斜。
Dsc00908根津神社は湯島天神とはうってかわってひっそり。
他・
谷中銀座のにぎわいは驚き。久しぶりに活気ある商店街をみた。
そこにある夕焼けだんだん(階段)、ひぐらしの里のネーミングにのけぞる。な、なごや人がつけたのか?
アートスポーツにはINOV8のシューズも置いてあった。かなり魅惑的。(ソールやしなりぐあいがオリエンテーリングシューズに近いモデルあり。なんとか290.しかし初代のteva X1の軽さは一番だね。streakよりも)
焼肉 トトリは美味しかった。
本日はやたらネーミングにやられた感あり。
朝から体を動かせて、文化ある地域を回りあれこれ食べて幸せな1日。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.07

顔振峠へ

顔振峠からの風景
20080307141030平日の奥武蔵はとても静か。ハイカーも3-4人会ったっきり。そのうち、十二曲がり峠付近で川越オリエンテーリングクラブのさとうさんに偶然お会いしました!奥武蔵でお会いするのは2回目、感激なり。
スギ花粉まっさかり。山は赤黄色い。。アイグラス忘れた。マスクしたままでぜーぜー言わない心拍を心がけた。
11:45高麗峠入口ー巾着田ー高指山ー北向地蔵(1h20m)ー顔振峠(2h20m)ー見晴台のピーク(往復)ー北向地蔵(3h20h)ー日和田山下金比羅神社ー巾着田(4hs)ー16:15高麗峠入口(4.5hrs)
約27km 4.5hrs(休憩など合わせて約20分含む)

Dsc00903阿寺の鎮守である諏訪神社。秋には獅子舞のお祭りが行われる。ここの狛犬さんは典型的なものでありました。
顔振峠まで約2h20m。すでに14時を回っている。このまま降りて吾野駅から電車で帰ろうか迷うが、駐車した場所はマ○ーマー○であるため高麗ー東飯能駅の真ん中あたりで中途半端。復路の時間計算で日が落ちる前には帰れるだろうと往復決定。引き返す前に、顔振峠から越生に抜けていく道、裏のピークまで登ってみることに。初めて。黒山集落を始め北方向の見晴らしがいい。補給しながらしばしなごむ。
今日のお天気は春らしく風景は霞がかっている。雲がでてきており一雨くるかもしれない。

Dsc009041人で走るのは、山では心細いことも安全面も気になるけれど、好き。故障明け、現状を見るとき、物事考えたいときはそうすることも多い。普段は気づかない風景などにも目が行く。この道標は北向地蔵から物見山へ続くトレイルの途中にあった。今まで気づかなかったが、昭和12年に造られ、左正右で行き先が書いてあった。

Dsc00905Dsc00906
15時を過ぎ、帰りは日和田山直下を通って降りていく。ここにはハイカーがこの時間でもいた。高麗峠へ向かう集落に紅梅がたくさんあった。なごみますなあ。ちょうど峠を過ぎる頃、雨がぱらぱら。ゴールし観光案内所の職員さんと再びお話する。『え!顔振峠へ走ってきたの?』。自転車、車で行くと思ってたらしい。
だめだ寒い、空腹。こういうときすぐ横にスーパーがあるのは嬉しい。斬新なえびちりコロッケとレバーの焼き鳥食べてたんぱく質を養う。美味しい♪

とても贅沢な時間であった。走っていて心臓が痛いから診てもらいに会社を休んで病院へ行き、体調を見るためにまた走る。なんじゃそれと思かもしれないけど、不安を払拭するためには必要なこと。ひょっとして何も結果に現れなくても。

補給;チョコボール、薄皮チョコパン1個、コーラー(500ml)、生茶(500ml)
装備;ロング山シャツ、トレーニング用ロングパンツ、TEVA-X1(シューズ)、ルーファス(ザック)、マスク3枚、テーピングテープ、バンソウコ、三角巾、人工呼吸用マスク、携帯電話、小銭
予備;薄皮チョコパン4個、着替え(ロングTシャツ、タオル等)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.02

ひな祭りトレラン

伊豆が岳に向かう途中。雪残る。
Dsc00883奥武蔵の銀座通り;王道コース
9;45正丸駅ー正丸峠ー伊豆が岳(1hr)ー子の権現(2h35m)ー竹寺(3h25)ー仁田山峠ー1400さわらびの湯&プハー(4hrs)
ルート(alps lab)
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=3502faf389a9f2ad2530b127147cf0b7
約17km/4hs(休憩含む)

アドベンチャーレースをやっているお仲間まどかちゃんとすみちゃんと。とてもパワフルな2人、楽しかったーhappy01正丸ー伊豆が岳ー高畑山まではまだアイスバーンの積雪あり。登り下りは注意されたし。

昨日長い時間トレイルを走った疲れはあるが、それよりひどいのはスギ花粉のアレルギー症状。この日はマスクとアイグラスをしてのランとなった。女の子だけで走るのは約1年ぶり。あれこれお話しながら華やかに進む。

子の権現の大わらじ前にて
Dsc00877以下、
・奥武蔵にあるだいだらぼっちの伝説。愛知(豊田)ではでいだらぼっちと言うらしい
・綱引きでかける掛け声はオー・エス(埼玉飯能&神奈川川崎)。愛知はよいしょ。しかしオーエスってどこから来たの?
・天目指峠のうなぎの伝説。実際、名栗のその集落ではうなぎは食べない習慣があるとのこと(ハイキングD組のとき、あおださんが教えてくださった)
・まどかちゃんもすみちゃんも、Inter FMのジョージ・ウィリアムス(最近はNHKのなんとか英会話に出てるよね)を知っていて、かつて放送していたジャングルGの話をして盛り上がる。ユカのセクシー経済ニュースの話を普通にできることに感動。
・東京マラソンを走った彼女たち。お話を聞くと楽しそう!来年当たるといいな。
・ほんと、いつでもどこでも元気な彼女ら。たくさんのパワーをいただきました。
・チームランスカで何かの大会でたら面白そう。ランスカははけなさそうだけど。。。
またお山行きましょう!

補給;オカキせんべい、鱒寿司おにぎり お茶(500ml) アクエリアス(500ml)
装備;山用ロングTシャツ、CW-Xタイツ、上下トレーニング用ジャージ(ナイロンストレッチ素材)、TEVA;X1、ルーファス、グローブ、マスク、アイグラス、温泉セット(着替えなど)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.01

奥武蔵の初トレイルを走る!

秩父往還の釜伏峠そばにある釜山神社の狛犬
20080301130750とってもゴキゲンなトレイルでした。歴史ある場所。奥武蔵というよりもはや埼玉の北の山まできちゃったよ、、といったところ。雪はまだ残っており、アイスバーンになっているところがほとんどで、斜面は危険でもあります。奥武蔵方面にトレイルランへ行かれる方、ご注意くださいね。

今日のルート;

西武秩父線芦ヶ久保駅8;15ー丸山(標高960m 1h)ー白石峠西ー定峰峠(標高xxxm;2h35m)ー旧定峰峠(標高xxxm;2h55m)-大霧山(標高767m;3h15m)ー粥仁田峠(標高xxxm;3h35m)-二本木峠(4h05m)ー愛宕山ー皇鈴山(標高679m;4h25m)ー登谷山(標高668m;4h37m)ー釜伏峠(標高xxxm;4h50m)ー釜伏山ー風布集落を経て1430秩父鉄道長瀞駅
しずちゃんと私は芦ヶ久保駅から丸山経由。Vincentとながおさんはルートどおり正丸駅から。丸山で待ち合わせ
28km、6hrs(休憩などあわせて30min程度) Vincent, ながおさんらは32km。長瀞アルプス&カキ氷は次の機会となりました。


Dsc00871奥武蔵の主尾根はほとんど制覇。残っているのは今日行く外秩父とも言われる大野峠からずっと北に延びている、関東ふれあいの道でもあるハイキング道。ずっーっと行ってみたかったのでワクワク。ハイキング♪、ついでに走るといったところ。
芦ヶ久保駅から丸山までの距離は短いけれど、急な登り。歩いても十分に負荷がかかるのでしずちゃんとおしゃべりをしながら。南に面している斜面は果樹園が多く、イチゴ、ぶどう、すもも、きのこなどなど果物狩り等が楽しめる。私も子どものころ着たことあるよ。途中民家に山羊さんがいました。近寄ると食べるものもらえるかと思ったのか静かに近づいてきた。かわいい。

20080301090132積雪は思ったよりあり、アイスバーンになっていて危険。防火帯の直登も。どうも登っていてゼーゼー苦しいなと思っていたらマスクしているせいだと気づいた。

丸山到着、お決まりのヤッホー!をする。さすがに9時過ぎに他のハイカーなし。Vincentとながおさんは正丸駅で降りて旧正丸峠へ上がったトレイルをずっと走ってきて合流予定。たぶん同じくらいの時間につくだろうと思っていたが、そのとおり10分後に彼らはやってきた。わーい。360度景色を見渡しながら、今日行く山々はあっちーと指差す。

定峰峠にて
20080301105145いったん大野峠方面へ戻り、ここからは初トレイル!雪をズボズボしながらくだり、高篠峠への舗装道路はアイスバーンでつるつる、気をつけながら下っていく。北斜面ゆえしばらくは車両通行も自転車も厳しそう(実際、車両通行禁止)。
ハイキングマップを見ながら白石峠西の川の沢の頭を経て定峰峠へ。ここのトレイルは緩やか、時たま急なピークを登り降りするけれど、比較的フラットな尾根線トレイルを走れるので気分が良い。いつも走る奥武蔵の尾根線をみながら、東にはまだ行ったことのない堂平山を見たり、秩父の街並みを見下ろしながらゴキゲンに走れる。おススメですよ。見慣れた風景と違って新鮮!ハイカーもまだ雪があるせいか少なかった。

定峰峠から高篠峠ー大野峠へも車両通行止め。JAFのレッカー車に会った。なんとローディーさんも1人やってきた。茶店も開いてたよ。
しかし今日は山を越え峠を越え、つまりアップダウンは常にあるってことね。5分ほど止まってさらに登っていき、ゴキゲンなトレイルを走る。しばらくいくと旧定峰峠。ここが本来の定峰峠である。正丸峠も旧正丸峠が本来の正丸峠。なんで車両が通る場所がその名前になってしまうのかがよくわからない。残念だわ。旧定峰峠も旧正丸峠と同じように昔ながらの風情ある峠で、小さな祠が祭られていた。

20080301111013この周辺にはだいだらぼっちの伝説があって面白い。だいだらぼっちといえばもののけ姫を思い出す方も多いかと思うが、これもそんな感じ。周囲の山の名前、峠の名前はこのだいだらぼっちの伝説からきている(写真の説明どうぞお読みください)。このだいだらぼっちの名前について翌日、愛知出身のスミちゃんとあれこれ論議がかもし出される?のであった。。

大霧山にて
Dsc00870_2さてVincentは力あり余っているので、先に進んでは戻ってきてまた行っては戻るを繰り返す、まるでワンコのようであった。よくよく話をきくと、彼は今度4月に行われるフランスのトレイルランレースの招待選手で走るんだーというから、やはり相当のエリートランナーである、納得。普通にべらぼうに速いもの。おしゃべりしながら走って進んでいくとオープンエリアに突入。放牧地帯だ。牛はいないけど。策沿いに登りきると、初の大霧山!感動!風強い!秩父の街が見渡せるー。秩父札所34箇所、の1番寺がすぐ麓にあるのか、白装束を着た方が足袋を履いて歩いており(これがまた速い)、好奇心あふれるVincentはあれこれ話していた。異文化交流なり。

粥仁田峠まで降りてくる。秩父鉄道の駅に降りるエスケープルートはここが便利。風邪がまだ治っていないしずちゃん、東京マラソンの疲労がありそうなながおさんに確認するとまだ行く!とのこと。ここまで3.5時間。ここから先へ行くと6時間は越えるけど続行。ここから5キロほどしばらくアップダウンありつつ舗装道路を進むことになる。
粥仁田峠から秩父高原牧場の東の斜面は10年近く前、オリエンテーリングの東日本大会があり運営したところ。伝説のHanako?のソフトで作った地図だったと思うけど。今考えればよくこんな斜面でオリエンテーリングやったよな。運営でよかった。。というか調査された方お疲れ様でございます。

しばらく進むと左右の斜面とも牧草地。秩父高原牧場は6月にあたり一面広がるポピーを見物しにやってきた。まさかここを走るとはー。夏なら美味しいソフトクリームが食べられるが、この日はお店すら開いていなかった。。。風邪強く寒すぎてそれどころじゃないけど。
北に広がる風景を見ながら舗装道路を。二本木峠に到着。この後はゆるやかなピークを越えながら、徐々に高度を落としていく。すぐ横にはアップダウンを回避する舗装道路があるので、疲れている時はこちらをどうぞ。

愛宕山でついに水が尽きた。ここは芝生が広がり日当たり良くてお昼寝したいくらい。あといくつピークハント?

Dsc00873皇鈴山を通過し、登谷山(とややま)へ。北側の景色が広がる。ここまでくると、埼玉の北までやってきた、群馬はすぐそこなんじゃないのーという風景が。いつも見る奥武蔵からの風景とは違いますね。なかなかくたびれてきたよ。すぐ先に釜山神社が見える。釜伏山も。最後のピークじゃ。

20080301130955牧場横のマイナー道路を通って、いよいよ釜伏峠へ。かつては秩父往還として使われた歴史ある道とのこと。
ここには関所跡もある。今では川沿いに道路が発達してるが、かの昔はそそり立つ崖と川であったため道はなく、この釜伏峠を越えて、東の町へ下っていったそうだ。歴史を感じるなー。そばにある釜山神社も立派だった。
ここから釜伏山ピーク、奥の院まで行き本日最後のピークハント終了!
Dsc0087220080301135435
塞神峠から風布(ふうぷ)地区の急斜面をひたすら下っていく。ここも歴史あるエリアで埼玉県民もしくは関東の人は社会の時間に習っただろう(教科書にもよるけど)、秩父事件が起こる発祥元。秩父困民党はここの集落から立ち上がったそうだ。こんな山奥から。峠にも石碑、舗装道路へでるまでのトレイルにもいくつか石碑や秩父事件の説明の看板があった。

舗装道路にでてから長瀞までもけっこう距離はあり、疲れた体にはこたえる。vincentとおしゃべりをしながらひたすら下る。蝋梅があちこちにありいい香りがたちこめていた。
長瀞駅までの2kmくらいはダウンを兼ねて歩き。というか走る気にもうなれん。梅が咲いていたのでパチり。

20080301150757ちょうどいい具合に西武線直通の電車があり、温泉もうどん・そばも食べず、駅前観光地の観光客がけっこういる中、その場に似使わない恰好の我々、食料をあれこれ買い求める。たんぱく質はどこー。野菜はー。
頑張ったご褒美にエビスビールにおでんのつくね、秩父では有名なクルミ入りのそばでなくいなり寿司。美味しい♪電車でくつろぎなから今日走ってきた山々を見る。達成感たっぷり♪
うーむ電車なら1.5時間もあれば飯能についちゃうんだね。すごいなあ。
初めてのトレイルうきうきで楽しい1日でございました。


Dsc00875そしてアイアンマンジャパン;45age日本チャンピオンの小野さん。飯能の某病院へ入院中。右サコツ骨折で術後数日。話を聞いていると思っていたとおり、転んでもただでは起きないぞ。他のスポーツや動作を通じて自分の専門競技への”気づき”ができるのは(そしてあえていろいろやっているのは)、さすがチャンピオン。こちらがパワーを頂いてしまいました。6月の日本選手権はとてもチャレンジングでワクワクですね。月曜退院だそうです。

補給;
装備;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »