« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

2008.05.26

ヨーロッパ選手権開幕

Img_3502オリエンテーリングのヨーロッパ選手権がラトビアで行われています。(ヨーロッパ選手権の成り立ちなどは世界に詳しい日本チャンプ、カッシーのブログ参照を

Continue reading "ヨーロッパ選手権開幕"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.24

飯能で読図講習会

2008052409440520080524095815
受講生19名、研修生7名、講師1名、私スタッフで行われた読図講習会。オリエンティアML,ネットでの短期での告知にもかかわらず盛況で、いろいろなジャンルの(登山、アドベンチャーレース、MTB、トレイルランナー、オリエンテーリング)年齢層若い人たちが集まりました。

20080524115616_2久しぶりにこのような講習会に出席しましたが、とても有意義でした。オリエンテーリングで培ったものから読図に必要とされるスキルをピックアップすること、登山の知識、話し方、言葉の選び方使い方、適切な説明、質問に対する受け答え、コミュニケーション等々のブラッシュアップは必要ということ。自分自身、講義を聞きながらフムフムなるほどーと知ることもとても多い(地図読める!と自信ある方、一度参加してみるといいかもよ、目から鱗の部分もあると思うなあ)。

村越せんせは、4年間こういった講習会をたくさん開いているだけあって、経験も蓄積され非常にスムーズ。そして阿闍梨メンバーも今後に活かせるヒントをもらい、みなの前で話す機会を得てよいスタートがきれたのではないかと思います。私も自分の持つスキルが役立てられるのなら、微力ながら力になりたい。もう少し勉強しよう。
ぜんとくやぎくんむらこしさんMNOPのwebにも記事がアップされています。
いやー、雨に降られず終了できてよかった。
あ、そうそう、お山は走れないけれど、少しだけ歩くことができました。無理せず。


20080524184259<写真>
1 やはりリーダー村越先生、教壇が似合う。お話も面白い
2 等高線入り立体地形じゃ。紙粘土。平面と立体を使っての説明はなるほどとわかりやすい
3 実際の外に出て地図と現地位置を対応させながら進む。このポイントはいろいろな見所があってよし
4 TEAM阿闍梨のメンバーで。本日の反省をしながら、北アルプス全図を見て今後のイベント計画で盛り上がる。今年のトレーニングキャンプは、山の知識を蓄え、トランスアルプスジャパンレースを観戦しながら、みんなで(これ重要)北アルプス縦走か。楽しそうだー。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

2008.05.22

月見草

20080521185044知ってました?月見草って夜に咲き、しかもたった1日でしぼんじゃうす。白いのが今晩咲いているもので、ピンクのは昨夜咲いたもの。しぼむと色がピンクへ変わるのだそうです。


20080521185139庭にイチゴがなりました。たいした数じゃないけど。ビタミンCたっぷりっぽいです。

今朝はさすがに痛みひどく、1日安静することに。おかげでひたすら眠り続けて睡眠確保。あれこれ疲れている模様。
1昨日家に戻ってから、氷でガンガンアイシングをしているので(湿布は気休めとしか思ってないのよ)、とりあえずの痛みも取れてきた。痛みが起きてすぐにアイシングするべきだったのう。まっすぐゆっくり歩くには問題なしcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.21

さらし1反

Sarashi先週から生活のパタンを変えて睡眠をたっぷり取り、PCを見なくするようにしたのがよかったのか、日常生活で不整脈が減ってきた。体調悪いと脈が飛ぶたびに頭痛やめまいがしてつらかったのだが、これがないのはやはり嬉しいね。
で、今朝からまたMTBに乗ろうと思ったんだけど。。。

前兆はあったのです、10日前から。
5/10に棒の峰往復をした後、左腰に違和感あり。ただの筋肉周辺の炎症とは違いそう。ケアをし様子を見ながら翌週から3日、朝30-40分、MTBに乗る。で、土曜のダウンヒル2本、日曜のレースでMTB50km、ガツガツ4時間。
レース中盤から腰は痛くなってきた。でもレース後、月曜、火曜昼も疲れているだけで特に問題なし。
しかし、昨夜寝る前にストレッチをしようとお布団の上で足を延ばして前屈しようとしたらー。

Continue reading "さらし1反"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2008.05.18

完走したよ

50km、スタート前の3人
20080518064823そして本日、アドベンチャーin富士見。今年で5回目の開催。
4時50分起きて、6時過ぎに富士見パノラマスキー場へ、7時にスタート。あまり良い睡眠がとれず3時間程度、朝食もいまひとつうまく口に運べない。ここらへんはいつもそうだけど、どうしようもないというか、工夫もしてるけど仕方ない。
スタートに自転車を置きに行くと、すでに後ろから100人くらい。すげー。みんな何時にきて置いてるのかな。
伊豆にお住まいの3UPのやまもとさんと久しぶりにお会いしご挨拶。

スタート前の準備。ジェルこぼしてべとべと
Img_0307さて、私、写真にあるよう3UP正装ジャージを着てみたよ。上はこれでたった3回目(つーるど日本海サポート、MTB-O、今回)。所属はTEAM阿闍梨。純粋にMTBのみのレース、かつ個人レースは初めて、なので3UP。コースは2年前のトレイルランの部でほとんど知っているけど、MTBで50km、目標である4時間走り続けられるのかな、どうなっちゃうのかしら。基本はファンライドだ、完走、エレガントな走り。下りは楽しく。フォーム作る。

Continue reading "完走したよ"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.05.17

gel bot

Gel

hydrapak社から最近日本で発売になったボトル。2100円。
http://cyclestyle.lo.shopserve.jp/SHOP/08-009-0005.html
欲しいと思ってたら会場で売ってたので買っちゃいました。自転車用。ジェルを中の小さなボトルに入れ外側は水を入れる。一つのボトルでジェルと飲み物がカバーできます。さっき試しにいれたら、パワージェル2袋、水は約700ml入りました。明日は梅味と命の水コーラ入れてみます。
ラン用のハンデイ゛タイプもありこちらはボトル小さめ。
ちなみに写真後ろでは、世界のマッパー3名様がアドスポ付録DVDの三上てんちょーのライディングフォームを見て研究中。今度ビギナースクールに出て生てんちょから教わりませう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界のマッパー3 名様

世界のマッパー3<br />
 名様
村越、羽鳥、こーたろう、こんな3人が一同に集まるのは愛知の世界選手権以来3年ぶりとか。しかしなぜにMTB?
富士見パノラマのダウンヒルはとても楽しかった!Cコース。景色もよくて幸せでした。明日も楽しみなり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.16

カワセミ

今朝、いつもの山の集落へ向って川沿いにスージーをうりうり走らせていると、背中がエメラルドグリーンの鳥が水上にぴゅーっと飛んでった。カワセミだ!木に止まったので静かにちょっと観察。感激~。初めて見たよ。カワセミって翡翠と書くんだよね。すごーく綺麗な青い色だった。かわせみちゃん、綺麗な川にはいるとのこと(ウィキペディアみた、こちらから)。こーんな近所で見られるとは嬉しいな。日和田山麓の巾着田でも朝、写真を撮る人たちがずらーっと並んでかわせみの出現を待っているよね(日高市の市の鳥でもあります)。
あー、気分良い朝でありました。

スージーは3日前に三上てんちょーにいろいろ調整していただき、ゴキゲンになって戻ってきた。お忙しい中ありがとうございます♪
やる気満々で水曜朝起きると雨ザーザー、さすがにくじけたけど、昨日、今日と40分乗れてゴキゲン。これで明日は富士見町まで行き、入笠山ダウンヒルで遊んで、日曜はMTB50kmだー。何気に単独のレースでこんな距離を走らせるのは初めて。ひたすらup1000m登り続けるのはazuminoのアドベンチャーレースでやってるけど、普通にきつい気がしたなあ、トレイルランの時は。でもやっとお天気もよさそうだし楽しそう!下りだけビュービューできるように、減速ーフォームー曲がるでやってみよう♪メカトラもパンクも起こりませんように。
プラス、お蕎麦にソフトクリームたらふく食べよーう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.13

霧ヶ峰へ行こう♪

レースでいい結果を出したいとか速くなりたいとか何よりも、この冬の心臓の痛みから始まり、不整脈(継続中)だー、なんだーかんだーで、のんびりとでも大好きな『体を動かすこと』ができることを大切にしたい、感謝している今日この頃。相変わらず自律神経のバランスが取れてないのはどうしたものかのう、ちょっと生活のパタンを変えようと思い立ち、今朝は久しぶりに霧雨の中、朝30分だけMTBに乗ってみた。楽しーい。朝ごはんが美味しーい。しばらく無理しない程度に続けてみよう。早寝早起き、夜は極力PCを見ることを避ける。快食快眠快便、これ基本。

そんでもってお山に行きたい。のんびり景色を見ながらでも移動速度速めて行きたい。つまり山走り。ホントは連休中に2000m級のお山に行きたかったけど体調不良で断念、しかも先週末は1700m以上はまたもや雪ときた。うーむ、いつ行こうかなとカレンダーとにらめっこ。がー、すでに6月末までほぼ埋まっているではないか。おかしいなぁ。

photo by Kimura
02_3

で!(前置きながし)、7月1週目の日曜は霧ケ峰へ!お山だ、走るのだ!ちょうどいいイベントがあるのですよー。標高1500-1900mで3時間のロゲイニング!前週40キロ志賀で走った後とか関係なーし!
見てみてこの写真(他の写真はこちらから)。スタッフの木村さんが先週末調査で行ってきたんだって。なんてうっとり綺麗なんでしょう。これまた北欧を思わせる。

Continue reading "霧ヶ峰へ行こう♪"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.05.10

棒の峰アゲイン

20080510093120
915-1110の間、おおよそのランナーを見送ることができました。
4/27の第一弾に続き、TTRコースを自主的に10人ほどのランナーが走っています。
川の道フットレースを終えたばかりの小虫ちゃん、前回参加したかどさん(第1回TTRの伝説完走者でもあります)、ぱらだいむさんと共に棒の峰へ登り、棒の峰喫茶店(コーラエイド)しながら応援してきました。残念ながらあいにくのお天気となりました。

20080510100342サイクルクラブ3UP;ハイキング同好会、N@miki会長&katoちゃんも棒の峰までご一緒し、その後日向沢の峰ー蕨山ーさわらびの湯とぐるり名栗1周トレイル。

20080510102136_2
サプライズ参戦、こむちゃん&わたしが所属するTEAM阿闍梨のメンバー、山羊さま(伝説の第1回TTR完走者11人のうちの1人ー完走率7%)。棒の峰まで2時間20分できちゃったよ。鴨沢まで8時間で行く!と10時20分ごろ棒の峰発。

20080510110601今回は走ってます、ひなさん、行ってらっしゃい!

200805100957002008051009584120080510101205

みなさんの無事の下山を願っています。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.05.09

今年初のアドベンチャーレース2

記事UP中;
第3レッグ;スコアオリエンテーリング
トランジットにてスコアOへの準備中
Img_0141_2ウェットスーツとライフジャケットを脱ぎ捨て、ウェアに着替えてから10コントロールあるスコアオリエンテーリング。先に到着していたリネン袋にはご褒美のコーラ1.5lを準備していた。ここでも必須装備と水のみむらこしさんがザックに背負い女子2人は空身作戦。

地図はトランジットに到着してからその場で渡される。1コントロール20分のボーナスをもらえるが、到達するまでそれ以上の時間、またこの後のMTB;CP18の最初の関門までに間に合う時間までに終わらせないといけない。ここは頭の働かせどころ。
前日の3人のミーティングではとにかく完走を目標とするなら、このスコアでのポイントを取る事に時間をかけず、とにかく前に進めるような時間調整をしていきたい、で落ち着いた。
スコアオリエンテーリングの制限時間は11時前にはMTBセクションへスタートできない、12時前には全チームスタートすること、そしてMTB;CP18の最初の関門時間は13時30分(実は13時40分)である。

まどかちゃんと取るCPとルートなどを確認
Mado遅くとも11時30分にはMTBセクションへスタートしたい。関門間まで2時間MTBの時間を持ち、余裕を持ちたい。MTBのコースを見ると山セクションあり、担ぎがありそうだ。MTBは乗れなければただの重い大きな荷物となり、進む速さも一気に落ちる。
着替えをしたり補給をしながらスコアOの地図を見てルートを決める。約30分で回れるポイントは?4つ取れればいいか。なんだかんだしながら10時50分頃にスタート。

0099_2白黒の地形図1;10000を頼りにスタート。思っているよりペースが上がらない。1つ取った後、メインのナビを私がやり、村越さんがまどちゃんのフィジカルサポートをする。2つ目のアップ60mを登っている時、この移動速度で4つとるとなると11時30分スタートには間に合わなさそう、トランジットでも思うより時間がかかっているし、どうしようかなと思いながら2つめのCPへ到着。3つめのルートはさらに30mは登りが続く。時間はギリギリだ。MTBセクションで何が起こるかもわからない。順位はともかく確実に完走したい。村越さんは行きたそうな雰囲気だが、ここはやはりさっさと撤退しようと提案しようとした瞬間、まどかちゃんが、『実は膝が痛いんです。。。』と言った。じゃあ帰ろうと1秒で決定、下り始める。どうやらチョウケイ靭帯を痛めているようだ。
レース中はどうしても頑張ってしまう。大丈夫?と聞けば大丈夫!と答えてしまう。それがチーム全体のパフォーマンスを悪くするきっかけになり、怪我の元にもなる可能性がある。チーム戦で怪我や故障を言い出すのは気が引けるかもしれない。もちろん頑張りどころは無理してもやらなくてはならない時もある。でもお互いの状況を把握してカバーしあいながらレースを進めていくことができれば、結果的にチームのパフォーマンスを維持し続けられるだろう。そういったところもチーム戦の醍醐味かもしれないね。

トランジットへ戻りながら、トイレの話しになった。おトイレしているのは見られるより見るほうが恥ずかしいんだよ、、だっておしっこするほうはするのに精一杯で他の事なんか考えてるひまないでしょ、そう思えたらどこでもトイレできるよ、さーまどか、ここでどう?。。と言ったんだけど、さすがに彼女は少し離れたグランドの簡易トイレを見つけて駆け込んだ。私は、、。

つづく
今年初のアドベンチャーレース3へ

今年初のアドベンチャーレース1

第4レッグ;MTB
0072







レース後・これから
Img_0154_2Img_0164_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.06

のんびり・まったり・非効率MTBツーリング

いつもの峠。広葉樹気分よし
20080506103456mizunoあにぃのおもてなしで、3UPの面々5名が参加。お隣の市、町のコースへ11月以来行ってきた。ここはオリエンテーリングのテレインでもあります。
約31km、タイトルとおり、のんびりまったり、お昼ご飯も食べたりで6時間弱。よう遊んだねー。
お正月以来、久しぶりのシングルトラックをあちこち堪能し超ゴキゲン。基本おしゃべりしながら、あるトレイルではトライしながらで、これぞ、ザ・ツーリング。しかし乗ってないとなかなか動きも堅く。とくに前後の体重移動はまだよくできない。おうちの庭で練習しよう。

初めて行った赤ぼっこ、見晴らし良し
20080506110136今日は連休の最後を締めくくるべく、とってもさわやかな天気で風も気持ちいい。まるでヨーロッパの夏のよう。

びゅーびゅー下っている途中、落ちていた木の枝がスネに刺さり、久しぶりにベロンチョな思ったより深かったVの字の傷を作る。持っていた三角巾が役に立った。家に戻って水でたっぷり洗い流して再度裏が白い皮をべろんちょはがしてゴシゴシ流したから大丈夫、と思いたい。もちょっと様子見。みなさんお手数をかけました。でもまだやや痛いよう。

20080506112802なんでしたかな、このお花。天狗岩にありました。かわいい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.05.05

生しらす

200805051210003UPのおぢちゃまたちが自転車ツーリングで江ノ島方面へ生しらす丼を食べにいった!という話しを聞いて、いつか行ってみたかったのでありますよ、そして本日決行。自転車じゃないけど。
が、この日はあまり量がとれなかったのか、漁が休みだったのか、ほとんどの店で生しらすを出してない模様。なら別にいいやと腰越からテクテク歩いていたら、江ノ島の登りきったピークのちょっと下のお店に偶然単品でありました。ラッキー。ついでに昼からビールでおつまみ気分。ビール飲むの1ヶ月ぶり。
生しらすはすぐに痛むので、とれたその日のうちにしか食べられないとのこと。次は平日にのんびり来たいな。

十数年ぶりに行ってみたけど、江ノ島って観光地なのね。観光地価格と人の多さにびっくり、うんざり。
それにしてもGWは、近所のお山を走るかMTBで遊んでいるかが一番だと思った。どっと疲れたよ。

馬車道どおりの歩道にあった赤い靴のタイル
20080505165621

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.04

MTBのステップアップスクール

気持ちよい森の中で練習
20080504110844お世話になっているサイクルクラブ3UPのステップアップスクールが行われるというので、久しぶりに参加。なんと3UPのMTBクラブイベント関係は12月のビギナースクール、1月の初詣ツーリング以来というから驚きダー。そりゃ下手になってるよ。いつものツーリングは近所の里山だが、今回は芦ヶ久保から尾根線を登った秩父の野外活動センター(県民の森)へ。去年11月、秩父サイクルフェスタが行われたところ。ここはMTBのコースが常設してあり、50円を払えば誰でも利用できる。レンタルのMTBもある。

せっかくなので自走していこう、たぶん2.5-3hrsあればいけるだろうと、やや遅れて7時前に市役所駐車場を出発しようとしたまさにその瞬間!アメリカ帰りのしず&ながお号が。なんですとー、どうやら今日は集合時間が1時間早いらしい。これでは間に合わん。あえなくミカミてんちょー号にお世話になり自走断念。。。

Continue reading "MTBのステップアップスクール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.03

今年初のアドベンチャーレース1

大会hp;http://www.adventurerace.jp/2008_gifu/index.html
写真;大会事務局/村越
Finish_2

前日チームミーティング
20080428223257全体のブリーフィングに参加できなかった村越、田島に、まどかちゃんが1人で説明。2時間かかった説明をコンパクトで1時間でこなす。特に、ラフティング、リバークロスでは実際に艇を使って安全面の注意などを1時間かけておこなったとのこと。彼女がどのように説明するかを運営の中心にいるげんじん(高梨)さん、みやうち、正人さんらが興味深々に聞き、時折アドバイスを与えてくれる。
本当なら3人で聞くはず、確認するはずのブリーフィングをまどかちゃん1人だったのだから、我々は競技ルールブック等の熟読、確認をもっとするべきだった。大体においてこの部分、我々は非常に甘い。オリエンテーリングならとにかく円の中心に行けばフラッグは現れる、それをチェックしつづけてタイムを競う、そんな単純作業をしているが、アドベンチャーレースは不確定要素が多くなり、事前の情報収集や確認、予期せぬ出来事、それらに大きく左右されることを忘れている。この部分は我々は意識的に取り組むべき課題である。

14815673_3298888575今回の私たちの目標は、とにかく完走。まどかちゃんは地図読みの勉強、私はまどかちゃんのナビサポート、リーダーがフィジカルサポートをしているときは、メインナビゲーター。村越リーダーはメインのナビゲーター、プラスまどかちゃんのフィジカルサポート、そして中途半端であるリーダーシップ(自覚している)をどうしていくか?であった。

T村さんのハイエース泊は非常に快適だった。が、不整脈がひどく4時間ほとんど眠ることができないまま朝を迎えた。

スタート;第1レッグ;ポイントオリエンテーリング
0006Img4819865ce394c
朝6;00スタート。会場をスタートゴールにした、ポイントオリエンテーリング。CPは全部で4.1;10000の地図。コースはおおよそ2km、1.5hrsもあれば回れるだろう。荷物は村越リーダーのみザックを背負い、必須装備と我々の飲み物のペットボトル500mlを持ってもらい、まどかちゃんと私は空身という作戦。

この日は暑くなるだろうことを見込んで、上は半袖+アームウォーマーとし、下はオリエンテーリング用のロングソックスにバイオテックスタイツ、という服装にした。これは結果的によかったようだ。また後半のスコアオリエンテーリングは昼になるので状況に応じて履き替えるようオリエンテーリングレース用の薄いナイロンのパンツも用意していた。脱水や熱中症になるのだけは避けたかった。

スタートは団子状態。まどかちゃんのペースで無理はせず。CP2へのアプローチは思ったとおり鉄塔巡視道がありそれを使った。早朝でいきなり負荷をかけたのかまどかちゃんの息がきつそう。さっそくむらこしさんのザックの紐をつかんで引っ張ってもらうようにした。
下りのみ筋肉にかえって負担をかけないようにし走っていたが、あとはほとんど歩き。実はこの後のラフティングでは上位8チームは、1チーム1艇(3人+リバーガイド)で10kmを進むが、9位チーム以降は2チーム1艇(6人+リバーガイド)で進む。ヘタッピでも何でも人数は多いほうがよい。ここら辺上手くできてますな。上のチームは駆け引きをしている模様だが、われわらは淡々と進むのみ。

最後のCP4では地図と現地がずれており、まんまと引っかかる。私も村越さんもどうもオリエンテーリング、ピンポイント仕様のナビゲーションになっており、よい意味での大雑把、アドベンチャーレース用のナビゲーションができていない。というのがわかり、この後気をつけるようにしていたが、どうも私の集中力がなく言葉が上手く使えず、それは違う!と思っていても、リーダーに論理的な説明をして納得させることができず、ふーんと流してそのまま間違える方向へ、、というのを何箇所かしてしまった。今回はお互い上手くカバーできなかった。ある区間のナビゲーションの役割分担をきっちりし、その場で確認しておくべきだったと思う。

会場にもどってきた、9位。残念ながらラフトが超上手いユナイト、フィルシャコからは敬遠されてしまった。女性が2人ということでパワーが足りないと思われたようだ。憤慨。アドベンチャーレースも1,2回目、ラフト初めてという10位チームと組むことになる。

第2レッグ リバークロス+ラフティング
ロープで川を渡って対岸へ
0029会場でラフティングの格好に着替えてから(ウェットスーツとライフジャケット)、1kmほど移動してCP10を取ってリバークロスの場所へ。ここはリーダーにナビを任せていたが、どうもオリエンテーリング仕様のナビで10分のロス。周囲の状況、CPのディスクリプションをきちんと見ていれば地図と現地がちがっていても前に進めたはずだ。(前にいたココペリはCPを忘れて会場に戻っている。ということは彼らがいた場所にCPがあるのに、、、先読みできなかった)。今日は、私はまどかちゃんに対するケアは注意してやっているつもりだが、周囲の状況を見て、いつものようにカンを働かせることができていない。
0034ラフティングの前に初めてやるリバークロス。結構いい流れの川を対岸へ向かってロープを使い流されながら渡っていく。ひょえー。もし怖くてできないなら艇で渡ることもできるが、この場合はペナルティ30分。水もの苦手な私、でもせっかくだからやるしかない。横で正人さんが心配そうに、でもしっかりと説明してくれた。村越、りか、まどかの順。思ったより流れが急な中、何度か沈みそうになりかけるば無事渡れた。さ、さむい。

いよいよラフト。次のポイントまでは2.5km以上漕がなくてはならない。この6人の中で一番ラフトの経験があるのがまどかちゃん。彼女が舵をとり、他が漕いでいく。基本的にリバーガイドさんはよほどの時でないと手を出さないし助けてくれない。
むらこしさんは一番前で漕ぎながらナビゲーションもしていく。ここではむらこしさんにナビを全て任せていた。ただこいでいると疲れてくるので、後どれくらいでCPが出てくるのかを適宜情報提供してもらった。次に何が出てくるか?あとどれくらい行けばいいのか?それがわかるだけで頑張れる。
5mの崖からジャンプ
0040そしてCP着。いよいよー、崖5mからのダイブなのである。ああ、この日わたくしの最難関ポイント。これも回避することができるがペナルティ30分課せられる。やらねばならぬ、しかもみんなが待っている。まどかちゃんが、励ましてくれてなんとか飛び込むことができた。しかし足を下にしてまっすぐ着水することができず、横からの着水。飛びながら空中でこりゃーやばい!と思ったが、、、衝撃はあったものの、唇の裏を切っただけですんだ。血ダラダラ凄かったがそのうちとまる。歯もかけてない。よかった、よかった。

0046この後、まどかちゃんが本当にかっこよくリーディングしながら、2時間あまり頑張って進み、むらこしさんの確実なナビによりCPを次々と通過していく。あぁ、でも上半身かなりボロボロッす。
ここで思ったのは、女性はやっぱり精神的にタフで持久力がある。そして弱いメンバーは弱いと認めているのならやりやすいのだが、ほんのちょこっとのプライドを持つがためにかえってそれが邪魔になって悪あがきになること、これは特に男性だといちいち面倒くさい。弱い弱くないに限らずだけどさー。それとアドベンチャーレースの経験、回数は必要で、そこから工夫が生まれるのだなあということ。
各CPで、リーダーが先にパンチをささっとしてくるのはいいが2チーム一緒に進むことを忘れちゃならん、というのをCPを見つけてるときに言った。ここはイライラしていたようだった。最後の洞窟のCPは、見物していたおばちゃんに、『ねえねえ、おばちゃん、CPどこにあるか知らない?』と聞いてみたらささっと教えてくれた。ルールブックには人に聞くな、と書いてないもんね。わたし、久々に頭回ったかも。探し回ってるリーダーとも1チームの男の子にこっそり知らせ、チェックできた。ありがとー、おばちゃん!位置説明はよく見たら地下水路じゃなく、洞窟っぽいと書いてあった!正人さんが写真とってたところかー。どうも冴えてないね本日、いけません。。

ラフトが終わり、そのままの格好で山の上のポイントを取って、スコアオリエンテーリング&MTBのトランジットへ。
しっかり水にぬれたウェットとライジャケは重く、太陽が照る中暑い。ここは河原でささっと脱いで、まどかちゃんのライジャケをリーダーが持つべきであった。2年前の里山のときもそれをするべきだったのにできていなかった。レース後見事に宮内からそれを指摘された。フィジカルのバランスを取ること、こういったところにもっと目を向けられるようにするべき。私も気づかったの反省。
ちょっとまどかちゃんが疲れてきた模様。2.5hrsもラフティングやってたんだもの。無理をせず歩いておしゃべりしながらトランジットへ。まだ11時前、が、もう4.5時間も体を動かしている。早いなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.01

川の道マラソンの応援

20080501160401すでに1.5日経過、140kmを走った小虫ちゃんに、道の駅あらかわ付近で会うことができた!12時半ごろ。
何か必要なものは?とメールで聞くと、水をかぶりたい!とのこと、ジョーロで水じゃーを用意してみた。ちょうど他に3名の男性もいて一緒に。彼らはフルの部出場。あまり充実してない即席エイドで申し訳ない限り。

あとゴールまで半分弱、無事のゴール願ってます。

小虫ちゃん、携帯からブログ更新してます。TEAM阿闍梨の中で、一番阿闍梨に近いのはやはり彼女かもしれないね。
http://d.hatena.ne.jp/com_chang/

川の道フットレース
普通のフルマラソンじゃないよ。荒川河口(葛西臨海公園)から源流付近までを遡し信濃川に乗り換え走ろう(=川の道)、というこの企画、全部で522km!彼女が出ているハーフの部は270km(荒川ー>千曲川、ゴール;小諸)。
こんなイベントを企画しているのは、私も参加したことある棒の峰ピークハントマラソン(さわらびの湯から棒の峰頂上までかけあがるラン)、奥武蔵ウルトラマラソン、航空公園8時間耐久レース(公園内のコースを8時間走り続ける)、ここ数年は宮沢湖や正丸ー伊豆が岳ー子の権現のトレイルランのイベントをやっている、NPO法人スポーツエイドジャパン。毛呂に本部がある。
http://sportsaid-japan.maxs.jp/index.html
ここのイベントは面白くてアットホームで好きなのよねー。

今回のイベントでは選手に健康安全面でも気を配っていて、関門場所は宿泊施設、ある一定の時間を選手はそこで休みを取ることを義務付けてるそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »