« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

2008.06.28

顔振峠へ

物見山頂上付近にあったかわいいお花、なんだろう?調べなきゃ
20080628130656_2受傷して5週間。この1週間の腰の状態から、山走りならだいたい3-4時間(急峻でないコース、下りはスピードダウンか歩き)、MTBなら2時間ぐらいなら大丈夫そうと見当がついてきた。バイクのほうが腰をかがめて同じ姿勢をとり続けるので負担が高く、運動後の痛みが出やすい。
そんなわけで本当に残念ながら明日の志賀野反はDNS。こういう時にそのレースの位置づけ、プライオリティ、今後の予定などを改めて考える必要がでてくる。2週間前施術の先生と話をして、もやもや割り切れない気持ちも、言葉に出して話すことによって整理され明確になった。でもわたしにしては珍しくわー、走りたい!って思って楽しみにしてたのよねー、仕方ないけど。体動かせないんだもの。くそー、夏に避暑しながら野反湖でキャンプしてラン&バイクやろーう。北欧気分じゃ。秋山郷&切明温泉にMTBで抜けて自分で温泉掘ってつかりたいな。

顔振峠から奥多摩方面。ガスッているのは初めて見た、幻想的
20080628141714
本日。朝はダラダラしてから、久しぶりに近くの奥武蔵グリーンライン方面へ。コースはエスケープルートがたくさんあるので、腰の状態と時間を見ながら決めることにした。
1145はんのう市役所ー高麗丘陵;高麗峠経由ー日和田山下711(40min)-高指山ーふじみや(65min)-物見山ー北向地蔵(1.5hrs)-顔振峠(2.5hrs)+茶屋で揚げ餅たべて幸せじゃ(20min)
+1500吾野駅(25min)ー電車で東飯能へ。nabeパスタ♪
約3時間;18km(up600m程度)

不自由だと他の部位の動かし方を工夫したり細かいパーツに意識を向けさせてより効率よく走るようにあれこれ考えておもしろい。下りはまだふんばりがきかない、無理にガシガシやると腰の奥のほうに痛みがでてくるので慎重に。とにかく痛みがでないように進むこと。

ふじみや(茶屋)でアイスありの張り紙に心奪われる。葛藤の末、峠まで行ってからご褒美で食べようとするがなんとそこには置いてなかった、ガーン。じゃあ吾野駅じゃと思うが時間全くなく。ああ残念。

北向地蔵以降のルートも思ったよりハイカーが歩いていた。家族連れ、若いカップル、女性同士など高齢者ばかりでないのに少し驚き。時代なんでしょうか。

すれ違ったおぢいちゃんに挨拶すると、『変わってるねー』。え!『わたし変わってますか?』と哀しげにたずねると、『頑張ってるねーだよ!』といい大笑い。ああ、いけない誇大妄想、気をつけなきゃ。

20080628143137きっかり2.5時間で顔振峠へ。よくやったぞ。茶屋で揚げ餅を。シンプルでまた塩味がたまらん。おしんこ&お茶はサービスなり。

装備;ノースリーブ、ショートパンツ、ザック;ルーファス、シューズ;ブラー、キャップ、ミニタオル、アイスパック、三角巾、テーピングテープ、人工呼吸用マスク、着替え、携帯電話
先日買ったアンダーアーマーのノースリーブを着てみた。この季節はノースリーブはいいね、わきの下が涼しいので体温も下がる。もちろん体感温度も。随分違いますよん。でも日焼けを気にしないとか転ばないの前提ね。
丸首はいいけどジップアップだとさらに温度調整できていいだろうね。きっと商品でありそう。CW-Xで同じような素材で頂きものがあるので今度はそれを着てみよう。
肌にぴったりとくっついているのは気になる人は気になりそう。動いているときはいいけど、止まると暑い時期でも汗により冷えやすい。内臓弱いと(わたし)ピンチかも。

補給;アミノバイタルのチョコ味クッキー4,5枚、コーラ(400ml)、そうけんび茶(700ml)、茶屋で揚げ餅

顔振峠からの下りは負荷をかけないようのんびりと。がー、舗装道路に出てから電車の時間ギリギリ間に合いそうになりけっこう頑張って走る。30分に1本しかないのだ。
着替えて電車に飛び乗ると、なんと川越OLCのさとうさんがいらっしゃった。奥武蔵でお会いするのは3度目。もはや偶然でなく必然か。いつも温かいお言葉を本当にありがとうございます。3月の奥武蔵レクロゲイニングもお待ちしています!

受傷してから全くアルコールを飲んでないわ。そろそろビールぐらいいいかなあ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.06.24

平日サイクリング♪

20080624103526マドカ・ササハラ来飯。一緒に山走りやトレーニングキャンプをしたりアドベンチャーレースでチームを組む仲。彼女、MTBに乗る機会はけっこうあり、ちょこっと下り方や基本の乗り方を知ったらもっと幅が広がって楽しくなるだろうなーと見て思っていたので、今日は一緒にのんびり楽しくツーリングに行くことにしていた。私も今月から1年分支給された有給休暇を使いたかったのだー。いやー、梅雨の合間をぬって見事いい天気!日ごろの行いがいいからかしらん。

写真はミカミ店長のご厚意によりバイクをお借りし、さらにはライディングの指導を受けるマドカ嬢。

ジャブジャブ川を渡りアドベンチャー気分
20080624124728里山満喫フルコース。きちんと休んだのは桜山展望台で20分くらいで、あとは広場で基本の反復練習、クリアできなかったトレイルも再トライしてガッツなり。わー楽しい!といいながらあちこち乗り続けること4.5hrs。さすがにくたくたじゃ。マドカ嬢、みるみるうちに上手になっていきちゃんとオシリを引いたりおなかをサドルをつけて激斜面を下り、登りもえっちらやっていた。さすがですなあ。雨上がりでツルツルなトレイルもあったのに順調、順調。次は、てんちょから教わりながらツーリングやビギナースクールにどうぞ。
ミカミ店長、お忙しい中サポートありがとうございました!

いるまの湯で炭酸泉を満喫後、本日第2部は、春にオープンした入間のアウトレットパーク。閉店まで残り1hrしかないなか集中してあちこち巡る。Under Armourのノースリーブなんと1200円だったのでお買い上げ。Fjall Ravenの帽子も。平日の夜は空いててよいですね。
そうそう、ハリ天狗さんを始め、一部で?評判のアディゼロ(トレイルランに使えるアディダスのシューズ)、たっぷり在庫ありましたよ。サイズもそれなりに。アディゼロファンの方は、一度行ってはいかがでしょうか。その他バスクのマーキュリー、Lafumaのトレイルシューズなどが安かった。
ここへは休日は車で行くのは最悪、入間市駅からシャトルバスに乗るのが賢明なり。

平日にこんなお天気の良い日にMTBに乗って森の中で遊ぶなんて、なんて幸せなんだろう、そんな1日だった。毎日こうしていたいのう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.22

ホームコースツーリング

20080622094129裏山のホームコース、あかね峠へ3UPのMTBツーリング。集合時間に遅れてしまいご迷惑をおかけしました。
この時期は草ボーボー&クモの巣で走らないけど、みんなと一緒なら大丈夫かしらん。今日のコースはいつも走るルートと全く一緒だった。おもしろい。距離を取ったり、楽しい!となるととこれになるますわな。それにしても冬に比べたら随分道が良くなっていた(といってもシングルトラック、枝ピシパシ、ゴロゴロ)。間伐されていたり、倒木がほとんどなくなっていたり。聞くと、林業以外に使わない道、2デイマーチのルートからも外れているけれど、地元の方々がそれなりに整備をしているとか。大事にしたいですね。
本日もはとりファミリ参加。さなぴもとりっすさんもがんばってました。
のんびりと自転車に乗るのも楽しい。雨は奇跡的に降っていなく、降っていても霧雨程度。ちょうど終わる頃本降りに。

昨日のランでやはり負荷がかかりすぎていたのか、腰の具合がよろしくない。1歩後戻りしたのう。しばらくは強度を上げることなく、大菩薩のときのように歩き&テケテケ走りだなあ。リハビリ、リハビリ。

そうそう、昨日までノルウェーでオリエンテーリングのワールドカップが行われていて、LIVE中継で久々ノルウェー語を聞いてうっとり(かといって何を言っているか全て分かるわけでない)。スイスのVroni K. Salami(39歳)が数年ぶりに復活していてびっくり。そして普通に速かった、ミドル10位、ロング7位。女王Simoneがいない中、スイスのエースになるのかしらん。最近好調の選手や注目の選手、ちょっとわかってきたぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.21

TEAM阿闍梨のウェア

Ajariwear今年度のTEAM阿闍梨のウェアが届きました。
ノースフェイスのFlight seriesのベスト。
http://goldwinwebstore.jp/shop/ProductDetail.aspx?skuflg=1&sku=G0070154

一部で、カエル(緑)色の半袖ジップアップシャツの次は、工事現場のおっちゃんが着てるよなベストなのか?とウワサされてたイエロー&オレンジですが、なかなかきれいな色のようです。来週の志賀野反トレイルレースでお披露目。わたしは翌週7/6の霧ヶ峰ロゲインですかな。楽しみ♪何かしらチームの力になるようにしよう。ご協力いただいたTNFにも感謝です。
写真;ヤギさま

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埼玉っ子壮行会

20080621102004オリエンテーリングの世界選手権(チェコ)出場のぜんとく氏、ユニバーシアード(エストニア)出場のよねちゃん、ジュニア世界選手権(スウェーデン)出場の美春ちゃん、埼玉県から3人の選手が世界戦に出場ということで、壮行会が稲荷山公園、彩の国公園で行われました。
http://www.orienteering.com/%7Eiruma/

リハビリ中の私、基本フラットの芝生の上を走るのでちょうどよしと午前中の稲荷山公園のみ参加。雨降ったり止んだり、時にザーザー、そして蒸し蒸しする中、いい運動ができた。滑るのだけは注意ね。ここは粘土質ツルツル、かつて9年前、女子合宿で某村越リーダーが設置中に足首骨折しましたよ。みなさまも注意あれ。

しかし雨が降ろうがなんだろうが蒸し暑い。半袖短パンでも汗ダラダラ。

・オリエンテーリングはなんと全日本以来。マップコンタクトのタイミング、コントロールから正確な脱出を試みる。
がー、アタックしていくとき、脱出していく方向をチェックする余裕なし。中盤からやっとできるようになってきた。やらないとダメね。しかし意識して課題に取り組めばその成果はちゃんと出てくる。そしてやっぱりオリエンテーリングは面白い。
・超久しぶりヤギさまのパークオリエンテーリング姿を見た。
・トップのゼントク氏13分、私は18分。3キロで5分も差がつくのかーと思うものの、日本代表男子選手とリハビリ中のわたくし、いやはや健闘じゃないかしらん。タイムロス15秒くらい。あいまいなアタックはいけません。
・フラットの走りはOK,下りはこわい、スローダウン。痛みが出ないようにペースをコントロールしながらでも気持ちだけでもぜーぜー走ってみる。なかなか前に進まん。
・いやー、久しぶりに心拍を上げて走ったぞ。
・フラットでは痛みもなく普通に走れるー、すごーい!と当たり前なことに感動。走れるんだわ、わたし。
・心肺機能は確実に衰えている。心拍を上げて継続的に動かすことにも慣れていない。よってただただつらい。このペースでは今は1時間ももたない。
・うっぴちゃん、他スタッフのみなさん、ありがとうございました。選手のみなさん、応援してます!
w.up 3km(low/modify) + レース3.1km 20ctl(19min/high)+c.down &撤収(3km/low)

・公園前のサピオ稲荷山で市民料金でお風呂(500円)。銭湯な雰囲気と湯船の熱さ。
・西武線の元加治駅前の踏み切りで、渋谷行きの電車を見る。おー、今旬な副都心線ではないか。
・こざっぱりして施術5回目。ぐおぉー。短時間でも今日の運動は負荷高し。疲労&負担は計り知れない。
・奥の奥の痛みはまだある。
・でも心地よい疲労感が気持ちいい。久しぶりだ、こういうの。
・不整脈がダウンしているとき2回出た。やはり出るか。
・15時、腹ペコでnabeさんへ。かのシマダ氏とぎっくり腰、諸々自転車の話題で目がキラキラする。
・Mikamiさんのところにいき、お気楽鼻歌用の自転車のカタログを見る。うふふ。
・せっかくなのでリハビリの記録をつけ始めた。トレーニング(じゃないけど)メモのようなものは何年ぶりだろう。数字にプレッシャーにならず走行距離とか;0km、運動時間;0時間を記すのを臆することないように。

さて注目すべきは明日のアイアンマンジャパン。トライアスロンの全日本選手権でもあるのですよね。
エイジ45-49チャンピオンの小野さんが春の肩骨折からの回復で、どれだけのパフォーマンスを発揮するのか。3連覇はあるのか。チャレンジングなレースになるのでしょう、こちらもドキドキ。
http://www.ironmanjapan.com/jp/index.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.06.17

ポジションチェンジ

毎日のコアトレは回数を20-30に増やせるようになり、実は先週火曜からMTBに乗り始めた。30分ほどロードでいつもの集落入口までの往復。ほんとにのんびり。左側の腰に表面的な痛みがあり、最初はハンドルを両手で握れない。うーむ、こりゃいかんと思うが、なんと翌日には痛みがすーっと消えてしまった。動かすことで血行がよくなったのかもしれないね。プラスゆがみを指摘されたことで、意識的に右側の体の動きを矯正してきたのもあるかも(それにより結局弱い右腰のせいででん部、ハムストリングに痛みがでてきた、神経痛、5年ぶり。左側が痛かったのはそれをかばっていたからだろうなぁ)。あとバンテリン塗り塗りしてたから?残るはギックリ腰の大元である、奥の奥のほうにある痛み解消すること。これは時間がまだまだかかりそうで一番やっかいだ。
とはいえ、通常・安静時の痛みがなくなることは嬉しい。金曜に乗ったときは、なんともなかった!

日曜のMTBビギナースクールでは、さすがに前日の大菩薩遠征で疲労していて無理せず、みなさんの半分の運動量。はとり家のもにゃろうと遊びながらMTBに乗るのでちょうどいいくらい。そんな中、ミカミてんちょーが、スージーを戦闘モード?ポジションから、サドルを下げ、ステムの高さを変えてハンドルを高くして、腰に優しいポジションに変えてくれた。ワーイ、らくちん!ありがとうございます♪しばらくこれで乗っていきましょう。

ちょうどタイムリーに、ハリ天狗さんのブログでは腰痛の話題がでていてとても参考になった。わかりやすい文章で説明しているのはさすがのプロ。痛みに対する自分の感覚や対処がどうやら間違ってなさそうだというのもわかって嬉しい。ハリ天狗さんはご近所の霞丘陵の麓にお住まい、山耐で年代別優勝する鍼灸院の院長先生、もちょっと体ができてきたら一度診てもらいに行こう。

昨日4回目の施術を受け、2週間後の志賀トレイルのことなど話す。やはり思っていたとおりの展開、結局そこですね。院長せんせ、かつてモトクロスバイクのレースに真剣に出ていたのもあってか話が合う、オリエンテーリングやトレイルランのことはあまり知らないみたいだけど。そのことと腰の経過はまた書くとして、普段の痛みがないからといってまだ無理しちゃいかんということ。地道にコツコツなのであーる。それにしても1日デスクワークはほんと体によくないよなーとこうやって不自由な体になって改めて思うのであった。15分に1回はストレッチ。フロアをウロウロしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.14

大菩薩へ

20080614110140_2

高度順応&温泉治療の巻。
0840柳沢峠(標高1472m)ー六本木峠(30m)-寺尾峠(1h)ー丸川峠(1700m/1h20m)ー大菩薩峰(2057m/2h05m)ー雷岩周辺(2000m)の往復 1300finish 約19km/up600m;4時間20分
(往;2h05m、rest20m、復;1h55m)

丸川峠へ続く寺尾峠。なだらかなトレイルが続く
20080614094348_2
作場平の駐車場経由、8時過ぎでたくさんの車が駐車していた。8時半柳沢峠。こちらもほぼ満車。三窪高原へのレンゲツツジ見物でにぎわっているよう。この数年は鹿による食害で随分と荒れているということだけど、まだ数はあるのかな。
地図を片手に持ち、道路を渡って大菩薩嶺への登山道を登り始める。初めてのルート、ドキドキ。

最初は笹薮の中、やや登るがすぐに平らになり、ぶなの原生林が広がり始めた。気持ちいいー。こちらの山塊の東側も多摩川の源流域で東京都水道局の管轄エリアのため、やたら標識が整っている。
最初はウォーミングアップと体を慣らすため30分ひたすら歩く。そろそろ走り始めたいナーと思ったらちょうど六本木峠に到着。ここから東の道へ行くと鶏冠山へ。

苔のじゅうたんが広がるエリアもある
20080614092244_2
本当になだらかなトレイルで気持ちいい。いやー、我ながらいいルート選択だなと自画自賛。落ち葉のおかげでふかふかトレイル。かと思えば、苔がむした岩石地帯もありと面白い。コンタ沿い&稜線沿いを気持ちよく進むと、木々の間から前方にこれから行く大菩薩、左側には、笠取山を始めとした奥秩父の山域が見えてきた。ナオちゃんやmimiさんは今頃登ってるんだろうなーと思うとこちらも元気がでてきた。

みやまかたばみ
20080614095609_2このルートは車がないと難しいのと大菩薩へのアプローチが長いためか人が多くない。反対方向からかろうじて2人会うが、同じ方向には誰も会わない。1.5h程度経ったころ、大きなザック背負ったおぢちゃん発見!あ~、人がいる。
挨拶をすると、『この花はみやまかたばみ、葉っぱがなんとかでー』と教えてくれた。すぐ忘れそうなので携帯メールにパチパチ名前を打って保存。
おしゃべりしながら一緒に歩いていると、いきなり視野が広がってオープンの裾野が。

丸川峠。遠くに富士山が見える
20080614095905
標高1700m、ここまで約8km、アップはたったの250m。いかにゆるやかかおわかりでしょ?




20080614120048この峠には丸川荘があり、飲み物&食べ物もあり休憩できる。小屋の横にきれいな花が咲く木があった。なんだろう。調べてみよう。綺麗。


急斜面を登る途中で丸川峠方向をぱちり。草原が広がる
20080614100334
丸川峠からはいよいよ大菩薩嶺への取り付きになるので急斜面も出てくる。が直登した後はまたなだらかなトレイルが続く。何箇所かがけ崩れで修復されていた。また樹林帯の中を進む。
最後の約1km、up150mは、足場も岩やガレ場が多いが直登でなく九十九折で。なんだかにぎやかだなーと思ったら展望の利かない大菩薩嶺、あっけない。

遠くにうっすら富士山、手前にに上日川ダム
20080614105649このお山は上日川峠の駐車場からアプローチが簡単なので登山客も多い。今までの2時間とはウソのように家族連れ、グループ、若者たちがいて賑わっていた。
展望が見える雷岩まで歩いた。おー、富士山だ!南アや八ヶ岳などはかすんで見えないけれど、それでもこのオープンの風景は気分いいですなー。ここまで半袖ショートパンツできたけれど(そんな人周りに一人もいないぞ、トレイルランナーの姿も)、さすが標高2000m、さえぎる木もないので風が吹きつけてくる。ジャケットを着込んだ。
その先、かの大菩薩峠まで降りようかと思ったが、アップダウンとガレた足場が不安、少し腰の痛みも出始めてきたのであえなく止める。またの機会にしませう。

大菩薩嶺はこのピークの向こう
20080614110554

丸川峠に戻ると、木彫りのお地蔵様がいた
20080614120407_2
帰り。高校生の山岳部だろうか、70lの大きなザックを背負った男の子たち15人くらいが登ってきた。縦走してきたのかな。
最後尾にいた男の子と顧問の先生が、トレイルランですか?と聞いてきた。『うーん、そうなんですけど、でもハイキングです~』と答えてお互い笑う。彼ら、コンパスをぶら下げていたり地図を持っていたけれど、きちんと把握してるのかな。思わずあれこれ質問しそうになった。

柳沢峠駐車場にあるレンゲツツジ
20080614131722
このルートは車さえあればとてもゴキゲン快適トレイルですね。ビギナーさんにもよいでしょう。歩いている人も多くないし。
例えば片道のみビギナーさん走り、バリバリベテランさんは復路を自分のペースでガンガン走って車を取りに行く。その間にビギナーさんは下の麓の小屋で着替えてビールプハーとしているとか、大菩薩の湯まで降りてくる頃、車が到着~でもいいんじゃないんでしょうか。
1wayができるのなら(笠取山ー)柳沢峠ー大菩薩ー丹波大菩薩道の尾根道を通ってのめこい湯ゴールか、柳沢峠から南の尾根線を縦走、中央線の駅まで、、をやりたいな。

======
フラット部分のみテケテケ走り、上り下りは徹底して歩き。
普通に走れれば、3-3.5hrs弱ぐらい、急斜面は丸川峠からちょっと、大菩薩嶺への最後の1km/up150m程度。あとは緩やかな登り下りが続く。物足りない人はプラス鶏冠山&三窪高原経由でどうぞ。
しかし飯能からはやはりきっかり2時間+一の瀬経由で30分。そうだ、山梨だ、遠いのだ。
MTBerに出会う。確かによいトレイルなり。下る方面を聞いてみた。
柳沢峠の気温、約19度。天気;晴れ

志賀トレイル出られるのは30%くらいまで上がってきたかな、しかしこの状態で10時間近くも走るのは厳しい。さらに進捗を見ながら。
にしても運動不足だけじゃないぞ、く、くるしーいのは標高が高いせいでしょう。志賀も同じような標高、しかもレースで40km、いつものトレイル感覚でいると、とてもキツイでしょうね。
2時間経つと気持ち悪くなる、ちょうど標高2000m、そいえば、富士見MTB50kmのときもそれくらいの時間、標高で気持ち悪くなった。ある程度心拍を上げ続けているとき。わたくし体調悪いと標高1500mで高度障害出るんです。どうでもいいけど、かつて標高1300mの菅平に住まっていました。
別ルートの東京国際女子マラソンのランナー2名様の脚は素晴らしかった。
のめこい湯ぶらぼー。

装備;cw-x半袖Tシャツ、TNFショートパンツ、キャップ、ザック;ルーファス、シューズ;ブラー、三角巾、アイスパック(ヒヤロン100円のやつ)、テーピングテープ、携帯電話
補給;コーラ500ml、そうけんび茶300ml、ソイジョイいちご2本
予備;防寒用ジャケット・ロングパンツ(trimtex)、薄皮チョコパン、キリンNuda(500ml)、ピーナッツチョコ

石楠花はおしまいになるつつあるらしい。来週、状況が良くなってきたらぐるり笠取山しようと思ってるんだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.13

Martenは2時間18分で走る

7月上旬にチェコでオリエンテーリングの世界選手権が行われますが、一応ミーハーなわたくし、そういえば世界の状況はどうなってるのかしらん、そろそろ代表が決まる時期かな、とwebを見てみる。全然見きれてないのですが、world of OでFinlandのMarten Bostromの記事発見。webこちら。
http://www.martenbostrom.com/index.html

彼は、元日本チームコーチのIkisがコーチングしていた(る?)選手でもあるので、日本チームでもおなじみでフレンドリーな男の子でした。マラソンでオリンピック出場を狙っているのは知っていましたが、今年の北京も狙っていたもよう。その選考会のタイムは5/27オタワマラソンで出した2時間18分50秒、Personal Best. (ちなみに女子世界チャンプ;スイスのSimoneや、2006スプリントチャンプ;AusのHannyは2時間40分をきって走ります)

なんだかふつうにすごーい!!のですが、それでもフィンランド代表になるためのB標準記録2h18m、A標準記録の2h15mはクリアできず落選。ならばシフトしてオリエンテーリングの世界選手権FIN代表をとスプリントに特化して目指すものの、マラソンに集中していて今シーズンの成績がないためか、国内選考会すら出場できず。去年を始めとした過去の世界選手権スプリントの成績は評価されない、そんなことが書かれていました。

だからどうこう言うつもりはないけれど、マラソンで素晴らしいタイムを持ち、あえてスプリントに特化してその実績が世界選手権であったとしても国内選考会にすらエントリーができないとは、フィンランドはそこまで層が厚いのか。もちろんフィンランドは世界で1,2を争う強国、Marten君も一か八か的なところもあるけれど(私見)、代表選手はともかく選考会に出るくらいいいんじゃないのと思ってしまう。でもそれは組織が決めることだし、選手としてはどうしようもない。でもなんだかとても残念。ワクワクするのにな。スイスのMarie-Luiseが一時期マラソンに集中していたけれど、地元開催の世界選手権に戻ってきてスプリントで入賞したなあ、とかふと思い出しました。

フィンランドO協会より
http://www.ssl.fi/SSL/sslweb.nsf/sp?Open&cid=content3C5223
フィンランド語は全く想像がつかないので、ざっと見想像だけど、選考会には、私と同い年で、おしゃべりでエンジニアでもあるMarika Mikkolaが4年ぶりに復帰。彼女はたぶん2、3人子どもを生んでだんなは13くらい年上(なにこのおばはん的情報)。2006ロング世界チャンピオンであるJani Lakanenの名前がないのが残念。彼はもう引退なのかしら、それとも故障なのかな。

若い選手もどんどんでてきていて世界の選手をあれこれチェックするのも楽しみ。でも日本を含め最近まったくついていけない。。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.06.08

歩いたの

20080607122229_2
そろそろ心拍を上げて長い時間歩けるかな、と思って歩いてみた。
土曜は、話の流れで母娘2孫娘が揃い、狭山の智光山公園へ。ここは8年前くらいに、オリエンテーリングしたかな。改めて園内を観察してみると、パーク&フォレストタイプのコンバインで、きちんとスプリントマップを作ったらとても面白そう。でも確かいろいろ制約厳しいのだっけ。この日はほとんどお散歩。まだ痛みがあり、なかなか厳しい。菖蒲はすでに咲き始め、バラやアジサイもとても綺麗だった。
2008060711292920080607112822
20080607113747


20080608124055日曜はフラット基調の不整地を長時間歩いてみたかったので、青梅丘陵へ。いいお天気ダー。半そで短パン、500mlペットボトルを片手にポケットに携帯電話、ほとんど空身でそろり歩き始める。歩いている人、走っている人、写真とっている人などさまざま。風がなびき、鳥の声が気持ちいい。いつもならスキップするいくつかの休憩所のピークをつないでみてちょっと登り降り。なかなかよい尾根線のトレイルなのね。コナラの木が雷が落ちたせいで皮がはげていることに初めて気づいたり、風と太陽の広場方面まで見に行ったりと、なかなか新しい発見だった。体の様子を見ながらリラックスしつつテキパキ歩き、途中ストレッチしたりで約2時間で終了。いやー、久しぶりに(3週間ぶりだ)汗をかいてドロドロ不純物を流した感じ。やはり美容と健康のためには、適度な運動は必要ですな。

受傷18日目、昨日3回の施術を受けた。ここまで普通に歩けるようになったのはものすごい進歩。でもいまだ痛みと緊張あり。ほんの少し走ってもみたけれど、現時点では荷物を背負って不整地を長時間走ることは非常に厳しく、これでは月末の志賀は限りなく不可能に近い。とはいえ、咳一つで激痛が走っていた時に比べたら回復は著しい。コツコツ今できることを、目の前のやるべきことを、これからもやるだけだね。志賀まで3週間あるしギリギリまでペンディング、考えるのやめよ。

どうせ戻すならちゃんと戻そう、せっかく時間を(お金も)かけてメンテをしているのなら、かつ強くならなもったいないと思ったので(シンクロのデデューのイメージね、言いすぎー)、今後の具体的なプランを立てた。かつての頃と一緒、楽しそう。あ、無理は全然しないから大丈夫。もう若さでアタック!なんて到底ムリ~。
健康一番catface 細くても長く楽しく美しく、続けていきたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.05

うっとりその2

斑尾方面のマップを見ていて、そいえばどうなったろうとHPを見ると、信越トレイル80km、9/13全線開通!の記事発見。わーい。斑尾山から天水山まで標高1000mほどの里山トレイル。ノルウェーのトレッキングモードなコースだわ。途中泊まってもいいし。ブナの森のなかを進むの楽しそうだー。いつ行こうかしらん。10/5斑尾トレイルランはその一部のトレイルを使って走るんだよね。
そういえば9月には菅平始め、福島の安達太良山でもトレランの初レースあるみたい。でも安達太良山はフツーに登って岳温泉でまったりがいいなぁ。とあれこれ想像しているだけで幸せな気分catface
まだ心肺機能を鍛えることすらできていないのにねえ。でも楽しいことたくさん考えとかないと♪
地道にリハビリ続けよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.03

うぅ、挫折

酉子さんの5/26の記事を読み、やはり胸底あげないかんと、筋トレ1日してみたのだがー。1日で終了。。。
コアのトレは毎日できてるのに、なぜかこれできん。大胸筋鍛えるなら腹筋余計に10回やったほうがいいや、、と思う時点で終わりですかね。
ふくよかな胸と割れた腹筋、どちらがお好み?
宮内サキコいわく、『薄っぺらい』わたくし、運動する分には邪魔なもの何一つなく軽くて快適なのだが、しかし。

ーーーーーー
山耐は思ったとおりあっという間に締め切られてしまいましたね、異常な世界。怪我人もリタイヤ人数も少なくみなさん、無事に完走すること願っています。
わたしは、今年はエントリーしてませんが(去年はDNS)、このへんてこなレースにやはりロマンを持っています。ここではきちんと準備をして走ってみたい、あの夜の中を風の音を聞きながら進んでみたい。きっと2年前に初参加した時、レース1週間前のアドベンチャーレースでtotal80km身体を動かし、その疲れた身体で13時間走ったことが、少し残念だったようです。トレを続けてコンディションを整えたら、11時間台で走れる可能性はあるのかもしれない。ワクワクする気持ちがあったので、今年は途中まで準備をしていました。が、やれ体調不良やら故障だあと、あまりにあちこち調子よくないため、無理するのをやめてのんびりすることにしました。
来年以降、すんなり申込みができて走れるとは思えないし、走れる体かどうかもわからないし、何かしらで遠ざかってしまうかもしれないけれど、いくつになってもロマンを持っていたいなあと思います。あの72kmを完走したことは、ちょっとした厳しいことなんて、比べたらたいしたことないぞ!と思えてしまうから不思議(上には上の方がおりますが)。なかなかな経験&糧になってるんですね、やはり。それに何時間かかっても完走する人はすごい。そんなイベントです。

一方、リラックスしてフィールドを走りたい、こういう機会がないと走れないトレイルだろうと、その前週10/5に行われる斑尾トレイルランに申し込みをしてみました。50kmの定員350名。こちらも志賀同様、お天気がよければ(これ大事)、景色見ながら楽しく走れそうです。去年出た人からの評判もよいでし。楽しみだなー♪
その前にー、腰治さなきゃbearing

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.01

すっきり

20080601111300
毛呂のバラ園に行ってきました。まちおこしイベント。周辺はとてもいい香りに包まれうっとり

20080601120535越生の上谷の大楠。実はO-FESTAの競技テレイン(マップ名;上谷)の中にあるんです。いったい地図ではどのように表記されているか探してみましょう。北西方面。茶の里でもO-festaでも近くは通っているんだけど見た人はあまりいないんじゃないでしょうか。
この大楠、埼玉県でNo1.の巨木、全国でも16位だそうです。樹齢1000年以上とのこと。写真を見ると、人との対比でその大きさがわかると思います。1本の幹です。実は去年の2月に調査下見でMTBに乗って行っていたのだけど、(その時の記事)、テレイン内だったので強くお勧めしてませんでした。山奥にひっそりと、でもものすごい存在感があります。自転車ツーリングやランで、オリエンテーリング練習ついでに、ぜひ訪れてはいかがでしょうか。

近況、XXリシリーズ。

・ガッカリ
今日は本当なら静岡の裾野でオリエンテーリングのレースだった。3月の日本選手権で失敗したルートチョイスの課題が心残りだったので、この大会できっちりやってすっきりさせようと思っていた。おまけにこっそりトップを狙って準備していた。が、この腰の状態では当然DNS。むー、去年に引き続き。無理したら走れそうだけど、今は無理する必要が全くない。せっかく学生さんが準備した大会に出てみたかったし、12年ぶりのテレインは楽しみだったけど仕方ない。また秋にはロングのレースがあるので、そこでパフォーマンスを発揮できるようにしよう。
来週末も旧大滝村で、三峰神社へ向ってアップのみの10kmマラソン大会があり(オンロードだよ)、エントリーをしていた。去年は参加できなかったので今年こそ!と楽しみにしてたけれど、やはり無理しちゃいかん、DNS。アットホームな雰囲気に惹かれるんだけどね。これもまたの機会に。
気持ち的には出場したい(でもそれはダメ)、というのが去年と違っていて、いい方向に変わったところかもしれないね。
ぽっかり空いた週末はのんびり、お散歩、ちょっとしたお山へいけるんではないかと思うとそれもまたワクワクしたりして。

・ガッツリ
体を動かせないこともあり、だいぶ時間に余裕ができたので、オリエンテーリング関係、その他諸々の雑務を優先順位をつけながらガツガツ片付けた。でもまだ残っているなあ。

・バッサリ
人生最長、胸の下にまでいつの間にか髪が伸びてしまったことに気づき、さすがに面倒なので切ってみた。20cmくらい。どうせならウッキーな髪型にしようと思ったけど、とどまる。それでもなんて軽いんだろーう。こりゃ体重も減ったな。それに今までの洗髪、乾燥時間30分の時間を筋トレに当てることができるではないか、素晴らしい。

・そろり
不整地とか森の中とか坂道を歩いてみた。この2日間。気分はいい。少しずつ進んでいきましょう。歩くのもまた楽しいよ。

・うっとり
7月に霧ヶ峰に行くついでにMTBツーリング、北八ツトレッキングをもくろむ。8年ぶりに周辺のハイキングマップと、初めて日本アルプス総図を買った。北アルプスは8月に久しぶりにテントを持って縦走したい。どちらもどんなコースで回ろうかなと地図を眺めているだけでワクワクする。

・ちょっぴり
先週火曜から、腰周り、コア、大腿の筋トレを始めた。毎日、お風呂上りに4-5種類。とはいっても最初なんてたったの5回。今日もまだ10回。痛くなる前に終了、量より今は続けることがポイントなのであーる。いやー、鈍い筋肉痛だわ。以前何十回とこなしていたのが信じられん。

そんなこんなでこの数ヶ月はめまぐるしい展開あり、No choiceという選択もした。おまけにギックリ腰にも見舞われたけど、それでも心身ともにすっきりした。
いよいよ6月。雨ジメジメの多い日が続くけど、夏の山登りを目指して楽しくすごしていこーと思います♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »