« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

2008.08.30

ダイブ!

久しぶりにアドスポwebを見たら、自分の写真が載っていた(わたしってわからないよねー)。
http://www.adventure-sports-web.com/blog/2008/08/post.html

よく覚えている。意を決して5-6m崖の上からのこの日2度目の飛び込み。ほーんと高いところ苦手~。耐空時間、ふおぉおおーってなっているのが気持ち悪い。ほんの一瞬なんだけど。
これは17秒?44秒差で優勝を逃した2年前の里山アドベンチャーレースの写真だ。2日目、すぐ後ろからTac杉山、ポーリンちゃん、リチャードさんのチームターザンが迫っていて躊躇してる暇なく飛び込んだ。清水の舞台から飛び下りるを地でやってるような。
もう2度とイヤ、飛びこまなくてよくてペナルティタイム課せられるんだったらそっちのほうがいい。なーんて思っていたら、今年4月のアドベンチャーレースでも崖の上からダイブしなきゃならんことに。びびりまくってうまくできず体を横に傾けながら着水。顔打って歯ぐきから血ダラダラ。水痛いよ。歯が折れなくてよかったぁ。

今年の里山アドベンチャーレースは10月4日、5日開催。
http://www.adventure-fest.com/2008/index.html

でも水もの面白い。ヘタッピだけど。

#ツール・ド・モンブラン
大会公式webを見ると、かぶらきさん、いまのところ8位。こちら。
前にいるOLMO Marco選手のカテゴリーは60-69歳。ひょっとして去年のチャンピオン?恐るべし。あそっか、だからビブが"1"なのか。
http://www.utmb.livetrail.net/coureur.php?rech=4051
16時間経過。もう122km走ってます(total166km)。トップ選手とは1時間40分ほど差があり。オリエンテーリングもアドベンチャーレースもそうだけどライブ中継は(見ているほうは)楽しい。

上位50人のライブリザルトはこちらから。
http://www.utmb.livetrail.net/tabPassageEntete.php?course=utmb&tab=1-50_0utmb

いしかわさんはDNSのよう。それにしても2000人以上も参加者いるんですね。数分でエントリ締め切られるというし、すごい大会なんだなあ。

#天気が安定しないですね。雷こわい。今思うと、縦走していたあの週は全体的にすごく良いお天気が続いていたんだなあと思います(4日目は崩れたけど)。やっぱり我ら晴れ女に晴れ男だったんぢゃないかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.24

北ア縦走メモ

080811_3'08 8/11(mon) 上高地ー双六小屋 28km/up2000m CT13.5時間 実;11.5時間
上高地(標高1500m;650)ー徳沢園(800)ー横尾(900)ー槍沢ロッジ(1020/1115ー55分休憩)ー槍ヶ岳山荘(標高3000m;1445/1515-30分休憩)ー双六小屋テント場(1820)
朝食;パン
昼食;うどん(槍沢ロッジ)
夕食;3分ペンネ ミートソース+生トマト&ナス(田島家で育ったやつ)、焼き鳥、味噌汁、白ワイン

080812kurobe_38/12(tue) 双六小屋テント場ー薬師峠キャンプ場 17km/up1200m CT11時間 実;10.5時間
双六小屋テント場(2600m;530)ー三俣蓮華岳(標高2641m;715)-黒部五郎小舎(830/915-45分休憩)ー黒部五郎岳(標高2839m;1110-肩からピストン)ー中俣乗越し(1235-10minランチ)ー太郎平小屋(1540)ー薬師峠テント場(2292m;1600)

朝食;フランスパン+サラミ/チーズ/ソーセージ/チョコホイップ、わかめスープ、杏仁豆腐+フルーツパック(缶じゃなくてシロップ入りのパック)
昼食;しょうゆラーメン半分(黒部五郎小舎)、3分ペンネわかめスープ味
夕食;牛丼(アルファ米とレトルト、半分しか食べられず)、ビール(2口で終了)、焼き鳥、うずら卵、味噌汁

080813yakushi8/13(wed) 薬師峠テント場ー五色ヶ原 14km/up1500m 11時間45分 実;10時間
薬師峠テント場(545)ー薬師岳(2926m;740)ー北薬師岳(2900m;850)ー間山(2582m;950)-スゴ乗越小屋(2280m;1030/1115-45分休憩)ー越中沢岳(2591m;1315)ー鳶山(2610m;1455)ー五色ヶ原山荘(1530)ー五色ヶ原テント場(2500m;1545)

朝食;リーダー特製のペンネ(わかめスープ、チーズ、サラミ、フランスパン)
フルーツパック(マンゴー、シロップ入り)を薬師山荘で
昼食;カレーライス半分(スゴ乗越小屋)、フランスパン
夕食;3分ペンネ、ボンゴレソース(スープ)、焼きソーセージ、うずら卵、葛餅、ビール、味噌汁

080814sekkei8/14(thr) 五色ヶ原ー室堂 7km/up700m CT5時間40分 実;3時間50分
五色ヶ原テント場(540)ー獅子が岳(2741m;825)ー龍王岳(2872m;825)ー一ノ越(2700m;845)ー室堂(930)ー(みくりが池温泉に立ち寄りー信濃大町)

朝食;リーダー特製の3分ペンネ、サラミ、チーズ、ガーリック風味
昼;特急スーパーあずさの中でモスバーガー、オニオンリング、ポテト、鱒寿司、ビール

total 約66km/up5400m CT約42時間 実;約36時間(約85%)
#小休憩は行動時間に含まれる
#CT=登山マップのコースタイム、実;行動時間(休憩含む)

北ア縦走からもう2週間経とうとしています。縦走中はそのうち日にちも曜日感覚もなくなり、朝がきたら起きて、小部屋を回収してそれを背負って移動し、暗くなったらまた小部屋を用意してご飯を作って寝る、、そしてまた移動の繰り返し。会社復帰したら、朝起きて、気づいたらPCの前にかなり遅い時間までいて、帰って眠って明るくなったらでかけて、、、とこちらも日にちも曜日も忘れていた1週間、びっくりした。肉体は疲れてないのにぐったりしちゃったよ。どっちも非現実なのか、現実なのか。また早く山に行きたいなあ。
そんな感じであれこれ書きたいけど遅くなりそう。

ちょっとだけ
食編
・胃腸が弱いのは痛い。1日の行程が終わってテントも張ってのんびりするころ、おなかが冷えたのか腹痛あり、食事がとれずに苦労した。
・どう考えても消費カロリーより摂取カロリーが少なすぎる。2日目からは食べた分だけ動くことはできるが、お腹がなり始めるとすぐに本当に動けなくなり気持ち悪くなった。グリコーゲンが枯涸した状態だろう、こういう経験は初めて。メインの食事も胃腸の調子があまりよくなく食べられないため、行動食、水分は積極的にとるようにした。意識して1時間に1回。
・塩分ものでサラミ、裂きイカなどはいいが、胃に負担をかけるため、3,4日目は手を伸ばさず。自家製梅干が役立つ。
・リーダーの持っていた複数種類のドライフルーツはなかなかよし
・プロセスチーズのいろんな種類もよし
・フルーツパックは超うまい(アドベンチャーレースのトランジットなどでフルーツ缶を用意しているのを思い出して準備。缶はかさばるのでパックものを見つけた)
・3分ゆでればOKペンネも使える。べちゃべちゃにして食べるのよし
・塩、ガーリックトースト用のチューブも応用きく

衣類編
・ファイントラックのアンダー素晴らしい。ただし保温性があるので暑く感じる。夏より、夜、秋、冬のほうがさらに威力を発揮しそう。今回も2日目からの稜線歩きにて使用。
・Skinsのカプリパンツは初日の夜寝巻きで使用。翌日の疲労が軽くなっていると思った。(ただウェストの締め付けがあるので、2日目から腹痛もあり着用せず)
・防寒としてダウンジャケットは非常に便利。フリースよりがさばらず温かく軽い(雨天時は取り扱い厳しい)
・Skinsのパワースリーブ、ソックスとも日焼け防止(SPF50 )としても活躍。毎日着用していたが洗っても乾きが早くて暑くもないしよい
・つばの広い帽子は日焼けせずによいですな

その他
・サバイバルシート;テント内に敷くシートとして代用。軽いしかさばらないし、保温性もありばっちり
・エアマットは120cmで十分。
・グレゴリー Z55はしょいやすかった。
・胃腸薬、大活躍
・耳の後ろに日焼け止めするの大事
・トレランシューズ;ブラーは登山道ゴツゴツな場所でも優秀
・キネシオテープはあらかじめカットしておくこと
・不整脈は1日2,3回。
・2日目から下りが入り右膝の前十字付近が痛くなる。最終日まで。

あったらよかったもの
サングラス;さえぎる木がない稜線等、目も焼けて厳しい。
セーム;水泳で使うやつ。持ってくの忘れた。いろいろ応用が利いて便利。

悩んだ末持って行かなかったものー正解
シュラフカバー(500g) ;ダウンシュラフ対策と防寒にと思ったが、夏の晴天時なら標高2500mでも必要なし。シュラフも暑くて目が覚めた。
サンダル(xxxg);あると便利だろうけど、ガマン
トレーニングロングパンツ(xxxg);いわゆる長ズボン、ジャージ。今回はカッパ下のみ。脚を全部覆うのはカプリタイツとパワーソックスで代用。軽量化。

帰宅するとあちこちむくんでおり(でも脚は思ったよりそうでなく、パワーソックスのおかげか)、体重は2.5kg増。でもどうしたって摂取カロリーは少なすぎだったので、かまわずガンガン食べまくる、飲みまくる。突然チョコが食べたくなったり、ラーメン食べたくなったり、オレンジジュース!とめちゃくちゃ。
2日経つと頻繁にトイレに行くようになり水分がジャンジャン体内から出て行った。よかったー。気づくと体重は普段より1.5kg減っている。つまり帰宅時より4kgも減ったということだー。
10日たった現在でも体重は戻らず。あれから全く運動できてなくて、でも無理して食べまくっているのになあ。よほど行動中に脂肪が燃えたのかしら(確かに帰ってきてしばらく脚の脂肪がとれて、顔もほおがこけたまま)。ダイエットするなら登山?標高2500m以上、10キロ以上かついで毎日10時間以上歩くのを3,4日やればいいかもね。あ、故障しないように、安全に。

はよ、落ち着いて体を動かしたい。さすがにムズムズしてきたよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.08.15

北アルプス縦走+TJAR写真アップ

P8120229_2

写真、整理しました。花の名前も♪とりあえず写真、まだ整理できてませんが。200枚弱なので重いかも。最初はなぜか私ばかりになってしまってすいません。前半はトランスジャパン選手の写真があります(上高地ー双六小屋間)。紺野選手を撮れなかったのが残念。カーソルを合わせるとコメント(途中まで)、クリックすると大きい写真とたまに説明文が出てきます。
http://rika.cocolog-nifty.com/photos/08/

リーダー村越せんせもTJAR選手の写真をアップしています。
http://shin0430.way-nifty.com/photos/traj2008/index.html

正人さんのゴール記事他はこちら
http://shin0430.way-nifty.com/woc2006/


P8130281今回の基本的な格好(腕と足のカバーは日陰では降ろしてます)。

山を走ることはしていて、高いお山に登ってみたい、興味あり、縦走してみたいわ、という方に、TJARほど究極な軽装備ではないけれど、なるべく軽量化した装備等、こういうのはどうしてるの?についてレポート書けたらいいなあと思っています(野望)。もちろん登山の心得、マナーを知っていることを前提に。
装備等については信州トレイルマウンテンさんのwebも参考にさせていただきました。

今回のコースは約65km/総登距離?。ロマンあふれる大縦走なり。
通常の行程なら、頑張って4泊5日、5泊6日、ゆっくりめなら1週間、田中正人なら1.5日。
我々の3泊4日もだいぶがんばってはいるけどー。参加選手のすごさを身を持って知りました。
たぶん私たちこの行程、雷がきたら厳しかったですな。毎朝スタート遅かったし。

1日約20km歩き、休憩を入れて10-11時間の行動時間。
登山コースタイムのだいたい7割弱から8割弱(休憩込)。実動時間のみなら6割強。

私で10-11キロ、むらこしセンセで15-16キロのザックを背負って歩いています。
テント泊、夕食、朝食、行動食は用意、昼のメインの食事は山小屋で。
ペンネどこでも大活躍。
シューズは2人ともトレイルランシューズ。10kg以上担ぐのなら良い子は真似しないほうがよさそう。せめてローカットシューズとか(モントレイルからも出てますね)。たぶん足首を捻挫して動けなくなるでしょう。ここらへんは巡航スピードや体力も含めて、トレイル上で足の置き場のルートファインディングや下り方など、オリエンテーリングで鍛えられたスペシャルなものがあると思います。まあ慣れか。
詳細はもう少し後で。

膝の部分だけ日に当たっていたので、右ひざにキネシオテープの後がついてしまいました。かなり恥ずかしい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2008.08.14

4日目室堂へ

P8110093_4F1000189_2

4日目室堂へP8140305
無事下山なり。下界は晴れてるではないか!
初日、上高地ー槍ヶ岳ー双六小屋間はトランスジャパンの選手達にすれ違い、なおちゃんには双六小屋1930に遭遇。2、3日目、双六ー黒部五郎岳ー薬師岳ー五色ヶ原間はサプライズな出会いあり感激。最終日の今日はお天気悪かったけど、いやー、テント担いでロマン溢れる縦走でしたわ。それにしてもTJARの選手たちってすごいね。過酷。このコースを1.5-2日とかで片付けちゃうとは。。(TEAM阿闍梨ツアーはほぼ逆ルートの縦走、3泊4日)詳細後ほど。今、大町。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.11

河童橋から焼岳

河童橋から焼岳
スタートなり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.08

夏休み!

お盆に夏休みをとるのは今の派遣先に勤めるようになって初めてかもしれない。ここ2,3年は9月、10月に取ってのんびりしていた。2週間、いやひょっとしたら3週間取っていた遠征休み(周囲の理解とその努力、協力があったからできたんだよね、ありがたいことです)で貴重な有休を削っていたのも、今ではゆったりといろいろなことに使えてこれはこれで楽しい。贅沢じゃ。
6月中旬からドタバタ忙しく、いったん落ち着き、また7月後半からもーイヤ!的になった状況も、8月にリリースして一段落したかと思いきや全ー然してないし、むしろこれから大変そう。。仕事のことをここに書くなんてそうはないはずだけど、よほどくたびれてるみたいね。しかーし強制的にシャットダウン。明日から1週間夏休みじゃー。山じゃー、北アルプスじゃー、しばし俗世界にさようなら。
11日630上高地ー槍ヶ岳ー双六小屋
12日双六小屋ー双六岳ー黒部五郎岳ー薬師峠(エスケープは折立)
13日薬師峠ー薬師岳ー五色が原
14日五色が原ー立山ー(信濃大町)
15日予備日

11日朝上高地から双六に向かう途中、あら、TJAR参加中の選手がいる!とすれ違うかも(わざとらしい?)。
テントを担いでの縦走は6年ぶり?楽しみだなー。
ただいまそれなりに軽量化を目論んで鋭意準備中。。。終わるンかいな。

お天気も良くて雷もなければいいな。思いっきり澄んだ空気を吸って綺麗な景色を見てウルウルして、無事帰ってこよう。選手のみなさんも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.08.06

ちょっとした峠を越えて

行ってきました、ハリ天狗先生のところへ。家から車でも15分かからぬところに、ちょっとした峠(笹仁田峠)を越えたお隣の町(いや市)に緑風堂鍼灸院はあります。
今晩から車遠征で宮崎へ、、という直前にも関わらず、お時間を作ってもらい、体を診てもらうことに。

先週末は南ア縦走を計画していたけれど、どうも打撲した右太ももがよろしくなく断念、ムズムズするがガマンなり。このままでは来週の北アルプス縦走はだめかも、重い荷物かついだらまた腰が痛くなるかも、それ困る、えーい、なんとか助けてもらおーうと会社帰りに駆け込みました。
身体のこと、トレイルのこと、いろいろ話し教えてもらい楽しい時間。そうかー、最近ふくらはぎがパンパンで痛いのはそのせいだったのかー、なるほど。リラックスしながら鍼を打ってもらいました。
そうそう、鍼は3年ぶり。競技をきちんとしていたころ、ナショナルチームで献身的にトレーナーとして活動してくださった鈴木さんや宮本さん以来。当初はかなり(体が)抵抗していたけれど、慣れたらすっかり好きになったけなあ。施術の先生がアスリートであり(ハリ天せんせ、山耐エイジ別チャンプです)、こちらも運動する者と知っていてアドバイスをしてくださるもそれ以来、嬉しい限りです。
真剣に何かに取り組んでから、診て貰おうと思っていたけれど、遊びで体を動かしていても、それなりにでも身体のメンテをきちんとしたほうがいいんだよなあ。現に故障してるしね。遊びにしては度が過ぎてるところもある。
ここできちんと診ていただいた、、ということは!北アルプス方面にはもちろん行き、少なくとも上高地でTJARの選手を見ることはできそう。秋はちょっと復活してレースに出ようともくろんでます。

F1000166いやー、身体も気分もとってもすっきり!ハリマネさんことYukaさんともお話できて、かわいい手作りのお人形をたくさんもらえて(母がとても気に入っています♪)、楽しいひと時。
これで縦走は楽しくパワフルに歩けそうです♪宮崎もいいなー。マンゴー(単純)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.08.04

スポーク

Asses26022img81自転車のじゃない。
スプーンとフォークとナイフが一緒になったもの。
デザインを見て、こりゃスウェーデンかドイツじゃないかしらんとと思っていたら、やはりスウェーデン製であった。
山に持ってくのにちょうどいいや、軽量化、軽量化と購入。一石三鳥。しかーし、失くしたらアウト、割り箸くらい持っていこう。それに思ったより持ちにくいかも。。。
でも遊び心あるでしょ?
スポーク/light my fire

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »