« 3年ぶりの更新 | Main | 入間の万燈祭り »

2008.10.25

両神山へ

Ryokamiyama_5

今日の天気予報外れだったよね?でもとても楽しいハイキングでした。
奥武蔵の関八州展望台や丸山、武川岳ー蕨山までのトレイルを走っていると、いつも遠くにのこぎりのギザギザのような両神山が見える。威圧感たっぷり。いつか行きたいと思ってたけど、なぜか足が遠のいていたのはその威圧感と数年前の土地がらみの件とかなのかなあ。よくよく考えたら埼玉県内で秩父の奥だし2時間車で走るのなら笠取山や大菩薩と変わらないじゃん、なーんだ。ということでさっそく行こうと思い立ったのだった。

Pochi飯能からでも車で2時間弱。普通に遠い。今回のアプローチはオーソドックスな日向大谷。片道約6km、UP1100m。さりげなく距離の割にはきついですね。あじゃりメンバーのコムちゃんと一緒。

8時前に到着するも第一駐車場はいっぱい。さすが百名山。少し下の第2駐車場へ。ここはガイドブックにもあるよう駐車場は大きくない。駐車場近くにトイレもあるが、少し登って両神山荘のそばにも新しくできたトイレがある。チップ制で100円。

登山道入り口には有名犬ポチ(メス;両神山荘)が座って待っていた。とても人懐っこい。彼女、両神山案内犬。つまり山を登るの。先ごろ新聞にも記事が載ったそう。残念ながら一緒には山登りせず。

Ryokamiyama1しばらく沢沿いの道を進んでいく。山の入口には鳥居、その先も石像などが続いており、山岳信仰が強くあったのがわかる。こういうのを見ているのも面白い。植林された木々はほんの一部でごきげんなトレイル。小川を遠巻きにしたり横切ったりしながらしばらくすると会所。その先から本格的なつづら折りののぼりが始まる。

Ryokami2今日は晴れの天気じゃなかった?私の晴れ女説もついに終わるのか(すでに9月の山形遠征で終わったいう話も)。いっこうに雲がとれそうにない。それでも風は強くなくガスの中は紅葉と混じって幻想的でなかなかよい。1.5時間もすると今は閉まってしまった立派な清滝小屋へ到着。ちょっと登るとすぐうらに清滝発見。水はほとんど落ちておらず。ここから主尾根に取りつくべきさらに登る。細い尾根線を歩いたり鎖場も出てくる。相変わらずの辛口トークと来週以降のロングトレイルの話で盛り上がる。

Ryokami4主尾根についたかなーと思ったら、両神神社が。ここの狛犬さまは狼。その先の御嶽神社も狼。奥多摩と言い秩父の奥といい、ここら辺は狼なのよね。ちゃんと調べてみよう。またシリーズ・ザ・狛犬がupできたぞ。

Ryokami6神社から先はゆるやかな尾根線の道。が、地主と行政の土地問題でもともとあった尾根上の登山道はロープが張られ立入禁止。現在ある登山道はそれより斜面をコンタリングしながらやや足場悪いところを通って行く。進むルートには、ピンクのリボン、沢の岩には赤い矢印があるので迷うことはないはず。そんな道を歩きながらまた尾根上に出たり斜面に出たりと歩いて行く。

Ryokami7あちこち紅葉が進んでいて気分よし♪足もともはるか上のほうも。どこもかしこも。








Ryokami8赤、黄色の落ち葉の中を進む。コムちゃんのふくらはぎも脚全体も筋肉増えて脂肪ないんじゃない?引き締まったよね、さすがじゃ、かっちょいい!なーんてお互いの体をチェックしたりして。わたしはぷよっちなり。








Ryokami9上のほうからおばちゃんらの声が聞こえてきた。頂上はすぐそこ。最後の岩場を登るとすぐそこは狭い頂上なり。11時前到着。
Ryokami9_2






スタートから約3時間。思ったとおり真白だぁ。。。晴れれば北アルプスも富士山もどこもかしこも360度の眺望があるらしい。20分ばかりのんびりしてたけど一向にガスはとれず。むー。今度来る時のお楽しみね。ついでにのこぎりピークを満喫するルートにしようかしら。

Ryokami9_3きた道を戻る。むしろ天気悪くなってきた?下りはじめ。鎖場は慎重に。










Ryokami10小屋まで降りてくると、朝はガスって見えなかった光景が!山紅葉!きれいだー。水場とテント場をチェックしたりして。








Ryokami11下のほうはまだ緑。それにしても思っていたよりやさしい雰囲気のトレイルでちょっとイメージとは違いますな。足場悪いところは悪いけど。とこどころ走りながら下っていく。








Ryokami12_2_2沢沿いまで降りてくると登山口は近し。こんな風景だったとは。





Ryokami13おしまい寸前。遠くに稜線を見る。
次はヤギさまがスリルあるといってた八丁尾根か、梵天尾根を通ってギザギザを満喫(つまりアップダウン激しい)しながいってみよう。

帰りはみかん号のエンプティーランプを気にしつつも、近くの薬師の湯(道の駅)により温泉ざぶーん。露天風呂はないけれど、大きくてシンプルでよろし。そのあと食堂にて、限定30食、最後の2人前分が間に合い、純手打ちの薬師そばを食べる。わーい、美味しい、満喫なり♪ででーんと地図を広げ、来週のトレイルや伊豆のトレイルの話をしてウキウキだった。

ほどよい運動となりやした。楽しかったぁ。

約12km/up100m 行き2h50m/帰り2hrs、total;5hrs(休憩いれて)、コースタイム;3.5hrs/2.5hrs total ;6hrs
ース・時間;0805日向大谷Pー0935水場ー0942静滝小屋ー1025両神神社本社ー1055両神山頂ー1115下山開始ー1205清滝小屋ー1320日向大谷P

装備;長袖シャツ(TNF),カプリタイツ(skins)、TEAM阿闍梨ベスト(TNF),帽子(FR)、ザック;ルーファス(Gregory),シューズ;イノベイト/ロックライト295、ファーストエイドキット、テーピングテープ、サバイバルシート、地図、コンパス、携帯電話、デジカメ

補給;お茶(600ml)、黒ゴマせんべい、ドライフルーツミックス、さけるチーズ、おにぎり1
予備;トレーニング用パンツ、薄いフリース、カッパ上、ふわっとチーズもち


|

« 3年ぶりの更新 | Main | 入間の万燈祭り »

Comments

両神山の落合橋から登る最短ルートって知っています?
よく一人で行ったものです。
山小屋へ通じるコースから八丁尾根を下って帰ったのかな?
今は、自転車とトレランで山へ行く暇がないけれど、こういう写真を見るとまた、少しずつ始めたいと思います。
ところで、このあたりの狛犬って、多分オオカミなんでしょうね。牙が生えているんだよね。ちょっと、気味が悪いんだけれど。
それでは。

Posted by: ロビオ | 2008.10.27 at 16:56

予報とは裏腹の天気でしたね。でもガスの中の紅葉というのもそれはそれでいいのかもしれません。
写真で見る限り、他の登山者がいなそうな雰囲気ですが、実際は賑わっていたのでしょうか?

Posted by: 山羊 | 2008.10.27 at 22:25

☆ロビオさん、
今は落合橋からの最短ルートは、危険のためかハイキングマップから外れていて、八丁峠経由となっております。ハイキングとトレラン兼ねてるんですけど、地元のお山でも十分楽しめる環境ですよね、幸せじゃ。12月にはMTB復活しますー。

☆山羊さま
遠景は望めなかったけど白い中の、赤、黄色はまたきれいでなかなか趣がありました。そんな天気なのに結構登山客はいたような。それでもこの日はきっと少ないのでしょうね。2つのパーティー(10人弱)と、あまり途切れることなく単独、小グループが。さすが百名山ですなあ。

Posted by: rika | 2008.10.28 at 23:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/42902273

Listed below are links to weblogs that reference 両神山へ:

« 3年ぶりの更新 | Main | 入間の万燈祭り »