« これいける!&山形ロゲの回り方 | Main | 3ヶ月ぶりのMTB »

2008.10.05

斑尾の森

#10/8記事追加
袴岳から妙高山を望む(スタートしてちょうど4時間/30km、レース中の唯一の写真)
F1000358_2

去年のハコネ50k以来のトレイルランのレースに出ました。1年半ぶり。しかも50キロ。
いやー、斑尾の森は素晴らしかったです。いろいろな面でとてもお勧めのイベントです。去年参加した人たちがいいよー!と言っているのがよくわかりました。
http://madarao.tv/forest-trails/

特に第一関門から北にある紅葉しつつあるブナやカエデなどの森と湿原。ウルウル感動してました(対して足は重かったけどねー)。幸せ。進みながら上を向いてばかり。これは近いうちに雪が降る前に本当に信越トレイル80kmにのんびりと行くべしべしと思った次第。

最近走るのを再開したのはいいけれど、お山を走るのが嬉しくて休日ごとに走りすぎてしまったのがいかんのか、さすがに今週はぐったり。でん部の奥に痛みが出て、前日ハリ天狗さんのところ駆け込み寺。すっきり♪膝のテーピングもしていただき助かりました。
久しぶりに会うオリエンテーリング仲間やkuryちゃんrunrunさん、嬉しかったです。しずちゃん、行き帰り運転ありがと!
レースなので一応結果を。6時間51分、参加者410人中120位。女子では20位(109人中)。無理せずマイペースで進み、最後の15kmくらいはペース上げてよく走ったかも。コーラのおかげかしらん。
今の状態では上出来。最後まで致命的な故障や痛みが出なかった。ただ日々の運動がきちんとできていれば、ゴキゲンに走って登りきれるだろう斜度を歩いてしまうのがとても残念でした。仕方ないんだけどね。
男子トップは4時間半、女子トップは5時間36分、Kuryちゃん3位!すごい!おめでとーう!
結局1本満足バーは食べなかった。。。
またしばらくのんびりしてよう。レースに出るのはなかなか厳しいなあ。
以下イベント、レース中のことを。
森の雰囲気や会場などはChunen-runnerさんのページからどうぞ(勝手にすみません)。

スタート直後、使用前。前はコ・マドカ
Img_3770・女性が多い。50km女性109名(全部で410名)、15kmは女性111名と男性86人を上回る。華やかなり。さすがヒロキ・イシカワ人気なのかしら?(トレイルランビギナーさんには入りやすいコースとイベントです)
・と思いきや、袴岳へえっちらおっちら一緒におしゃべりしながら登っていたおぢちゃんは、”男の僕でも途中イシカワサンがいて応援してくれてハイタッチできるのは嬉しかったです!”といっていた。
・やはりカリスマなり。熱いメッセージもパワーもらえたり。
・そのおぢちゃんに7時間で走れますね!といわれて驚き。
・そもそも制限時間9時間と知ったのは前日。それなりに厳しいではないか。8時間切れたらラッキだわーと思うことにしていた。
・ブナの森にうっとりだが、実は前半はスキー場アップダウン、林道フラット、斑尾山下まで砂利道ダラダラのぼりと何気に厳しい(といってもゆるやかですがみなさんハイペース)。ここをビュービュー飛ばしすぎると後大変。もちろん力ある人はどうぞ。私は少々抑え気味。くたびれとります。
・第1エイド7.6km地点ですでにおトイレに駆け込む。この間に女性5-6人にじゃんじゃん抜かされていたらしい。
・どうやら私の位置は女子第2集団後ろのほうの小競り合いのよう。でも気にせずオリエンテーリング仲間らとおしゃべりしながら走ったり。
・第2エイドでボトルに水補給。ここでもじゃんじゃん抜かされる。昨今の女性はパワフルなり、よいことじゃ。
・でも登りは私もそれなりに元気。
・なんだかこのレースはみなさん心のゆとりを持って走っているような感じで心地よい。
・それは参加人数が400人(それでも募集の350人を上回る)だからだろうか。ところどころでぽつんと1人で走ることもある。

第5エイド直前6時間ぐらい?しずちゃん、応援&写真ありがと!
Img_3782
・参加者のマナーもよくなっていると思った。このイベントならでは?最近はトップ選手がマナーやトレイルランそのものに対して積極的に啓蒙活動をしているが、その効果なのだろうか?。抜かしていくときは声をかける(右行きます、横とおります)、一般登山者とすれ違うときは歩く、スピードを緩める、もちろん声をかける、先にパスしてもらいたいときは積極的によける、そんな人がほとんどだった。そしてゴミが落ちていたら拾おうと思ったけど全然なかったよ。
・気になったのはトップランナーの軽装はある程度わかるけれどいくらエイドが充実している、多いからといって、空身もしくはボトル1つで走っている、後半疲れてフラフラしている方がちらほらいたこと。もし転んで怪我をしたり蜂に刺されて動けなくなったり、雨ザーザー降ってきたらどうするのだろう?周りの人に救助してもらうの?少なくともセルフレスキューできる準備はしてほしいと思った。ここら辺が前日競技説明中に押し問答?になったあたりなんだろうか。実際、ハチぶんぶんしているところもあり、あたしゃ怖かったよ。
・イシカワ氏はあちこちで応援。参加者とハイタッチや握手で手痛いんだろうなーなんて思いながら走ってた私。林道でも車に乗って横を走りながら応援してくれたり、ありがとー、元気がでた。
・最後のメインな登りの毛無山で35km?時計を見ればこりゃ7時間を切れるんじゃないか!とびっくり、ウソじゃない?どう時計を見て考えてもうそじゃない。ならば、せっかくだから目標を6時間台でゴール!にする、残りがんばるなりー。そこからの下りをそれなりにペースを上げて走り、エイドまで歩かず走り続ける。随分時間稼いだかも。
・希望湖にいたスタッフの方からの差し入れで頂いたユズが超クウェン酸で嬉しかった。残り5kmがんばれた。
・最後15kmくらいから一緒のビブ#ぞろ目のおじさまといいペースで走り、だれるのを防ぐ。ありがとー。おぢちゃま、私が飲み始めたコーラを、”ああ、なんていいんだろう、うらやましい”と後ろでずっと思っていたらしい。うふふ。
・淡々と走っていたせいか、疲労はあるけど、余力あり。致命的な故障も痛みもない。こういうのは初めてだ。山耐もハコネも膝が痛くなって最後の下り泣いていたよなあとすこしじ~んと思い出す。後半落ちてくる人たちをパスしたり抜かされることはなくなった、女の子が数人落ちてきた。でも最後のゴールまでの舗装道路の下り、そしてまた登って下ってゴールはMなり。一瞬パワースポーツのイベントと思った。よーこちゃん、応援ありがとね。だれてたけど。

ゴール!使用後~。女子3位のkuriちゃんと
Img_3793
・送られてきた白黒の等高線がつぶれたコース地図に蛍光ペンで色をつけて持参。初見なのでいまひとつコースがわからない。わからないまま走るのは気持ち悪いので、ところどころ地図を見てこの先どんな感じなんだろう?を確認。登るのが迫ってきてうげーと思うんじゃなくて、前もって知っていれば心構えもできるし、どんな走りしたらいいかわかるしねえ。退屈なときも見ながら走る。ひどい地図だなあと思ったけど高低差もエイドとの距離も書いてあり役立った。
・来年も出たいかも、と思った数少ないイベント。立食パーティーはややつらいけど。参加者もスタッフの方々もコースも森もとても温かみのあるイベントだと思った。

装備;アンダー・ノースリーブ(ファイントラック)、かえる色zipupTシャツ(TNF)、カプリタイツ(Skins)、ザック/ルーファス(グレゴリー)、シューズ/ブラー(バスク)、アームウォーマー(NIKE)、ネックウォーマー(モンベル)、ウールキャップ(アークテリクス)、フルカバーグローブ。薄手ジャケット(TNF)、つばつきキャップ(GW)ファーストエイドキット(ポイズンリムーバー、三角巾、バンソウコ、胃薬、テーピングテープ)、SUUNTO X-6 GEL-BOT Bottle

朝6;30スタート、気温12度と低い。アップは最小限、ジョグはしなく体に刺激を入れる運動で。ストレッチはしない。
アンダーはいらなかったかも。思ったより暑かった。途中がば!っと脱ごうかと思ったくらい。
もしくは下は七分タイツじゃなくてショーとパンツでよかったかな。スタート直後は寒いのでキャップ、ネックウォーマー、アームウォーマー、手袋。暑くなってきたらとるようにした。
キャップはザックの中にいれていただけ、雨のときよう。曇りだったのでかぶらず。頭、すーすーさせてあげないとね。帽子で蒸れるのはいや。

補給;麦茶、水、コーラ(500ml)、アミノバイタルゼリー2(カロリー多いやつ)、パワージェル梅味2/バナナ味1、小梅たくさん、エイド2箇所でバナナ、ポテトチップス、エイド2、エイド4で水補給(500mlずつ)、コップ1杯のムサシを頂く。
水分補給のtotalは1.8l程度。その場での休憩は2分あるかどうか。
余り;1本満足バー

ハイドレーションは苦手、5箇所もエイドがあるので、久しぶりにGEL-BOT登場。これにそうけんびちゃ500mlを入れて使う、基本はエイドで水を補給することにする。重い荷物を背負って止まるのを避けるより、軽い荷物で快適に走り、エイドで止まるのは苦ではない、休憩になっていいや(ただし休みすぎず1分ほどのみ)、のほうを選択。
超久々にパワージェルを最初の1時間で補給したら(GELBOTに一緒にいれていた)、お腹が痛くなってしまってしばらく困る。他エイドではバナナを2本くらい食べた。ポテトチップも意外といけた!塩味に薄くて食べやすい、、といのがあるのかな。パワーバーは山盛りになっていたけれど手をつけず。最後の2つのエイドにあった笹寿司もとても魅力的で、イシカワ氏にもおぢちゃんたちにも薦められたが食べられず。
コーラは今回は命の水用、最後の10kmくらいでぷしゅーっと開けようと思っていた。実際は第2関門通過の5時間ぐらいたったとき。いやー、ここまでこれたご褒美なり。

適当に覚えているタイム、だいたい距離と時間が区切りの良い時間でした。
第1エイド 40m
10km 1h10m
斑尾山 2hrs
第1関門 3hrs(制限時間5hrs)
30km 4hrs
第2関門 5hrs
40km 5.5hrs

来週はかのレースに応援いけるか調整中。今年は第二関門?トップ選手がどう補給の処理をしていくか、、など見てみたいのもあるのだー。

|

« これいける!&山形ロゲの回り方 | Main | 3ヶ月ぶりのMTB »

Comments

こんにちは。初めまして。
本当に同じようなところだったのですね。私の方が全然余裕がなかったですが・・。あのコースを全部走れるようになりたいなぁと思いました。信越トレイルは最近開通したルートもとても走りやすいコースと聞いたのでぜひ行きたいなぁと思っています。

Posted by: Chunen-runner | 2008.10.06 at 15:16

☆Chunen-runnerさん、
いらっしゃいませ♪ずっと最後まで数分前を同じようなペースで走っていたようです。いやー、フカフカなトレイル気持ちよかったですね!前半の林道フラット、だらだら登りのこと忘れちゃいます。
信越トレイル、初雪は11月中旬で70cm!だそうです。クマちゃんも普通に生活しているそう。

この週末も楽しみですね、応援しています!

Posted by: rika | 2008.10.06 at 23:22


おつかれさまでした!!

50キロも。。。 すごいですね。
りかちゃん、森んなか走るのすきなんだ〜♪

ぎっくり腰のリハビリから超回復で
すばらしい成績。

徐々に復活してきていますねー


わたしも出なくてもレース現場をみてみたいよっ!!


Posted by: 酉子 | 2008.10.07 at 20:55

斑尾ではrikaさんに久しぶりにお会いできてホント、幸せでした!
私は何故か15kmの部だったんで、早朝に終了してしまって、なんだかなーって感じ。50km、美しい森の中を走れたなんて、うらやましい限りです。

今度、地図読み、教えて下さいね。先週、菅平トレイルランのレースで団体でポカやって30分のミス。rikaさんに笑われそうでお恥ずかしい次第です。

Posted by: runrun | 2008.10.07 at 21:39

☆酉子さん、
わー、とりこちゃん、きちんと見ていてくださりありがとう!本当に嬉しい。たまのイベント参加もよいですね、刺激的☆
かのイシカワヒロキ氏でミーハーっぷり発揮できそうなら、来年の斑尾ぜひ!さらにエイドの充実振り♪パワーバー山積み、笹寿司もバナナもポテトチップもムサシもたっぷり。それだけで楽しいよー。走っているみなさんも心の余裕を持って楽しんでいる感じでした。

Posted by: rika | 2008.10.08 at 00:54

☆runrunさん、
ハコネ以来お会いできて嬉しかったです!!
安曇野の風景の中でのお暮らし、北アルプスすぐそこ、本当にうらやましい。
そしてレース15km、一桁順位とは!すごいです!今度はぜひ50km満喫してくださいねー。またお会いするの楽しみにしています。お山に一緒に登れたら嬉しいです♪ご教授くださいませ。

Posted by: rika | 2008.10.08 at 00:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/42696026

Listed below are links to weblogs that reference 斑尾の森:

« これいける!&山形ロゲの回り方 | Main | 3ヶ月ぶりのMTB »