« 高尾山でオリエンテーリング+@ | Main | ルートガジェット;ロゲイニング版 »

2009.06.07

久しぶりのオリエンテーリングレース

男子エリート3位のカッシーと
090607_3rd_2
全日本以来2.5ヶ月ぶりのオリエンテーリングレース。いったいどうなるのか不安なままスタート。
先週乗鞍ロゲで地図を見てたとしても全然毛色が違うのです。

ルート図 
クリックすると大きくなります
090607werouteラップ解析 女子エリート 赤城高原(群馬) 8.0km/up225m 86m
http://matoba.dip.jp/lapcenter-static/780/1425/pc/lap_we.htm

木曜の高尾ー陣馬トレイル25kmの疲れあり。むしろその日夜の久しぶりの大酒飲み会のリカバリーで大変
当日朝頭痛ひどい。冷えピタ忘れた。

車の中でルートプラン練習、ありがたやー、ぜんとくさま
今日はみちの会クラブカップリレーセレクション。そのためにわざわざ走るのだから成績を残すこと。。というのは頭にあったが、8km/up220mという日本ではあまり体験できないスピーディーなレース展開になるからワクワク、楽しみで結果あまり考えず。ガシガシいけるところまで追い込んで走ること。方向維持を強く&リロケート大作戦
しかしプランはしっかりと。何に向かって走るか、何が出てくるかを頭に入れる。
が、コントロールから脱出の方向がすでにずれており、現地でリロケートアンドGO!が多かった。
あんまり問題ないが、でも対応に結局時間がかかるので(実践不足)、もたつきばかり。やはり最初の脱出方向はクリティカル。
どこまでプッシュできるか。シンプリファイなプランでとにかくがりがり進め。
40分までは走れた。あとは疲れた。
アタックからは慎重に。しかし実践不足でうまくいかない。
結果は3位でびっくり。が75分で走れるんじゃないのーと思うだけに残念。
さらにラップ解析を見ると巡航スピード107%でミス率が6%という一見すると老獪な走りだが、これは全然ピンとこない。中間地点までは速くアタックからコントロールの動きが非常に遅い。もしくは構わず藪と足場悪いところを走っているので相対的にスピードが遅くなってしまうのが現れているよう。つまりフィジカルが足りていない。
ライン取りも下手なんだなあ。
というのはきっと後半女子エリートパック4-5名の他の選手が気づいているはず。
田島、オリエンテーリングへたくそだなあ。というビームをひしひし感じていました。
早生さんにいたっては、私と気づかずなんだか勢いある学生が一緒だなー、誰だろうと思ったそうだ。
という時点で下手っぴと思われてるよね。早生さんより脱出は速いがなぜかコントロールに到達するのは遅かった。
そんなわけで相対的に遅い数字なのだが、見えてないロスたくさん。
と分析をきちんとした上で、ラップ解析をみていかないと、私うまいかも!と勘違いしちゃいます。
みなさん、気をつけましょう。

今後のレースは、7月の全日本スプリント資格のための辰巳公園でのベイエリア。あとはCC7.その後はうーん、また年明けでしょうか。
でも時間取ってナショナルチーム合宿のお手伝いにいけたらいいな。
久しぶりにビュービュー走って楽しかったが、やはり何事も必要なのは実践練習と地道なトレーニング。私はそれをしていません。
そして500mはきっちりと当てるぐらいの直進の精度が必要。しかも速いスピードで。

が、最後までプッシュして走れたのでよかった。この点はプラスの評価。

東大大会は実は3年ぶりの出場。去年はぎっくり腰、一昨年は気分乗れずDNS。
4年前に一緒に勝ったカッシーと今回はおんなじ3位になりました。
カッシー、チェコ以来(2008年8月の世界選手権)のロングとか。さすがだなあ。忙しいのに40時間トレーニング時間をとっているって。頭が下がります。

この大会、若者も多く、フレッシュな運営陣でキラキラしていてまぶしい。
そいえば私のオリエンテーリング個人戦第2回目のレースは東大大会、上長渕でした(小学6年生)。途中蛇が道に横たわっていて、またげずにべそをかいていたのを思い出します。挙句の果てにペナで失格。

運営ありがとうございました。なんだかパワーをたくさんもらった気がします。ホグロフスのTシャツゲットも嬉しいです。

#ごめんなさい、メールや他記事アップが滞っています。しばしお待ちを。

|

« 高尾山でオリエンテーリング+@ | Main | ルートガジェット;ロゲイニング版 »

Comments

田島さん、東大大会3位おめでとうございます。それと確かにさっぱりのカット、私はお似合いと思います。個人的にはナビゲーションのいろいろな機会が、最終成績の結果につながっていると思います。ナビゲーションの効果は、即効性でないとおもいます。いろいろな方策の試行錯誤と現地でのその適正の使い分け、それはトレイルランニングよりも、OLにてきしたいるのでしょうね。あともしOLで成績向上に必要なことはナビゲーション以外の要素かもしれませんね。これからの活躍も気持ち悪いかもしれませんが、見守っています。大阪OLCの連中も紹介しますので、また秘伝を伝授ください。

Posted by: 野澤建央 | 2009.06.09 at 21:22

☆野澤さん
まー、髪型始めお褒めいただきありがとうございます♪ではこれでバッチリですね(何が?)
週末は駒ヶ根でまたお会いできそうですね。大阪のロゲ始め、いろいろお話できればいいなーと思っております。どうぞよろしくお願いします!
秘伝?なんだろう??

Posted by: rika | 2009.06.10 at 20:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57054/45268153

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりのオリエンテーリングレース:

« 高尾山でオリエンテーリング+@ | Main | ルートガジェット;ロゲイニング版 »