« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

2009.07.29

ポチッとカッパ

Limjacketストレス発散か現実逃避なのか、昨夜ポチッとしてしまったものが、もう今スペインードイツを経て香港におりまする。明日には日本着、きっとあさってには我が家に届くんでしょーね。

ノースから頂いたソフトシェルのジャケットがさすがにくたびれてきたので、マジメに自分でゴアのカッパを買ってみた。ジャケットのみ。モンベルのバーサライトにしようか考えたけれど(これも軽いしコストパフォーマンスよし)、215gという軽さに目が眩み、はい決定。1サイズ小さいのでもう少し軽い?ポケットは胸のみ、袖にベルクロなし、2レイヤー、ペラペラ。
Haglofs Lim ultimate q jacket
http://www.barrabes.com/barrabes/product.asp?pf_id=15149

色選択の余地があまりないけど、送料をいれても日本定価の6割強。来週の南ア縦走でデビューだわ。アドベンチャーレースでやるような藪コギには向かない。パックライトは破けちゃうね、きっと。そーゆーのはGWのファミリーセールで別に買おう。

200.8.黒部五郎小舎と奥に黒部五郎岳
08kurobegoro
明日夜から北アルプス、4日間。お天気が不安だけど女子3人で楽しみ。
新穂高温泉ー三俣蓮華のテン場がベース。水晶岳と雲の平に行きたいな。雲の平はふつーに地形萌え。高天原の温泉もいいなあ。黒部五郎の小屋とカールが一番好きかも。。
無事帰ってこれますように。無理はせず。パッキングしなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.26

天狗の奥庭ー天狗岳(東)ー唐沢鉱泉

8;15am 天狗岳(東)標高2640m
090726tengu

天狗の奥庭
090726_1

一瞬青い空
090726_2

頂上;あたり一面ガス、根石岳も西天狗にも行かずおしまい
090726_3

稲子岳爆裂火口を今日は反対側から見る、にゅうのピークも
090726_4

奥秩父方面。こちら側の斜面はめちゃくちゃ地形萌えしますなあ。晴れているときにまた来たい。
090726_5

唐沢鉱泉の源泉。シュワシュワ
090726_7

今回のコースは日帰りで回れてしまうだろうけれど、お天気のこともあり贅沢に時間を使う。
ムダに単行本2冊、山のガイドブックも持っていきテントの中でごろごろしながら読んでいたりもして。

下山して車を走らせていたら八ヶ岳全貌見えて晴れ上がっていた。こんなこともありますか。
下界暑すぎ、晴れすぎでびっくり。でも久しぶりに太陽も青空も見たなあ。

さてわが夏休みは今週末より8月3週始まりまで、なんと3週間弱。イヤしかし予定は未定。こういうとき海外遠征重なってたら楽ちんだったのう。まーそれはそれ、これはこれ。今年の夏は特に山三昧ですな、信越五岳100キロのトレーニングということにも一応しているの。本当はもっとトレしないとなあ。

今週は(も)ハードな日々が続きそう。あまり体調よろしくない。整えよう。
たぶんつづく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.07.25

唐沢鉱泉ー黒百合平ーニュウ

青空がのぞく。ニュウのピークをのぞむ
090725nyu
週末のお天気悪く白馬岳ー朝日岳はやめ、有給返上よう働いた。土日のみずいぶんハシおってまたもや北ヤツ。
黒百合平(標高2400m)でベースキャンプ。夜中マイテント(名前なし)吹っ飛ばされるんじゃないかと思った。

1年ぶりにマジメに山でZ55号とマイテント出番。今回のテーマはセルフレスキュー!?助け合いでなく。久しぶりに担いだなあ、重い荷物。すごく短い時間だったけど。今週末から北ア、南ア三昧、よい練習にもなったかしら。
今回はニュウからも遠景はきかないけどよく見えた。先週歩いた白駒池に3週間前の稲子岳爆裂火口と遠くの硫黄岳の壁。
まだつづく。

090725_1唐沢鉱泉の駐車場、20台ほどおける。三井の森を抜けると未舗装道となるが、悪路ではない。きれいなトイレがあり。ここですでに標高1900m。



090725_2最短ルートで黒百合平へ。途中苔むした森の中を。道は沢沿い、石がゴロゴロしていて快適ではない。








黒百合ヒュッテ到着、下から1h40m。青空が見える!
090725_4


高い雲と低い雲の流れが違うのが楽しい
090725_5

090725_6今回はこんなスタイルで歩いていた。去年さんざん登山グッズを揃えたので今年は何も買うまいと思ったが、ファイントラックのストームゴージュパンツ(ハーフ)を買っちゃた。動物さんはじめ周囲ですごく評価高かったのもあり。らくてんのポイントでずいぶん安く買えたから良しとしませう。ひざ丈というのがちょうど邪魔にならずよい。撥水仕様で軽い。今度の縦走はこれにレッグカバー(skins等)にして日焼け防止の予定。去年は見事にモモの一部分だけ日焼けして恥ずかしかったもんね。

隣は今日の私の小部屋スペース。すのこ使っていいのが嬉しい♪テント代は1000円(八ヶ岳は今はみなそう)。小屋のオトイレは水洗トイレ、きれい。


090725_31年ぶり登場、Z55号。今回はいい感じでパッキングしたが、ムダに本3冊とかいらんお菓子であと1kgは確実に減らせるな。だいたい8-10キロぐらいだったかなあ。シューズはトレイルラン用のブラーSL。1年前におろして、北アルプス縦走を始めあらゆるトレイルで使ったブラー先代はご引退。とても優秀、よく働いてくれました。新しいSL、なんとかなりそう。信越五岳もこれで走る予定。その前に縦走でたっぷり使っちゃう。

090725_8お部屋とねどこを作って身軽になってにゅうまで往復。荷物軽くてらくちん。雨は降っていない、どんよりしてる。尾根線風強い!



090725_10 ここはひらがなのにゅう。中山との分岐で




090725_9風がビュービュー吹く中進む。ここら一帯も縞枯れ現象あり。

090725_117月頭にきたときはイワカガミが満開だったが今回はすでに終了。xxxx。後ろはコケモモか。




にゅう到着!野辺山方面は晴れている!それにしても風強くて飛ばされそう
090725_12


三角点と先週歩いた白駒池方面。縞枯山はガスの中
090725_13


戻る途中ルートで。稲子岳の爆裂火口と奥に天狗岳(右)と硫黄岳。ねばったがピーク見えず
090725_15_2


090725_16戻ってきて山では初生ビール。700円。やっぱり生ビールは美味しい。


090725_17
17時ごろより雨雨雨。止んだかと思えば強風。そしてガスの中。夜中中ゴーゴーと風が上空でなり、黒百合平にたまに突風となって吹き付ける。

ご同行いただいたやなせさんにかんしゃです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.19

麦草峠

090719mugikusaユキさんは私が子どもの頃から、おしっこちびっちゃうくらいすごくて、日本選手権10連覇したチャンピオン経験者。娘のミハルちゃんは彼女がおチビちゃんの頃からお友達、もう成人したって。いやー、時の経つのは早い。現役女子大生ですよ(遠い目)。
ヒロコちゃんは、私が八王子に勤務していた頃、週1水曜に八トレと称して富士森競技場のトラックで一緒にトレーニングをしていた、動機付けにとても貢献してくれたありがたい仲間。
そんな華やかな女子4人(入間市OLCとみちの会ともいう)でトレッキング~~。

しかし雷雨の予報を受けて鳳凰三山ー>北ヤツへ変更。つくづく鳳凰三山には縁がないみたい。
麦草峠の無料駐車場は車がほぼ満車。さすが日本で2500m-3000m級が最も混雑する三連休。雨なのにね。
さえぎるものが少ない駐車場はガスと強風でものすごいことになっていた。
みな萎える。
さらにコース大幅変更。白駒池ー高見石ー麦草峠のお手軽3時間コースへ。ちなみに今朝は2時半起き、430には八王子。

090719mugikusa_2しかし私、ずっとキリキリ胃痛がひどく動けず。みんなと別れ白駒池周回のみにし、おおよそ1.5hrsで終了。
なんてお手軽なのでしょう。普段見ない反対側のキャンプ場や小屋を見てそれもまた新鮮。
駐車場に戻ると、これからスタートするトレランのお兄さんがいて少しお話。気をつけてー。




090719mugikusa_6090719mugikusa_7090719mugikusa_5
森の中は風もひどくなく、雨の中も快適で気分良し。北欧チックな森でうっとり。やはり来年ノルウェートレッキングに行こう。お花もきれい。しゃくなげやサラサドウダン。

しかし胃が痛いよーう。山にきてここまでひどいのは初めてに近い。来週から山祭りなのに大丈夫かなあ。対策練るべし。

090719mugikusa_8_2
下界はやはり晴れていた?しかし安定しない天気であります。あちこちの山はガスってイヤな雲の中。コース変更は正解だと思う。今日行く山の限度は標高1500mぐらいかしらん。

ちょっと残念、でもまたみなで晴れているとき行きましょうと、女子トークしながらおしまい。
明日ガッツ走るのはできないかなあ。回復に努めよう。

Iyaiyaenいやいやえんの童話。

アマゾンでの紹介

8月頭に行こうとしている北アルプス。三俣蓮華をベースとしてあちこちに。水晶岳はいやいやえんにでてくる山のぼりのお山に似ているのーとユキさんのたまう。それはそれは楽しみ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.18

山遊人アゲイン

20090718171240_3久しぶりに家にいる日。昨日は久々焼肉サークル(女子のみなのだ)でガッツ食べておしゃべり。みんなあまり焼肉屋にはいかないようで、このサークル活動をとても楽しみにしているよう。そして今朝はまったり朝寝坊をしつつもエコポイントゲットじゃと家の用事を片付ける。

夕方、飯能駅前の山のお店、山遊人へ。
http://www.san-yu-jin.com/

ちょっとした手違いで再訪問。今日は店長さんもいらっしゃいました。
地元の飯能人ということでいろいろ話に花が咲く。もちろん山のこともトレイルランのことも読図のことも。興味深々。お茶までいただいてすっかり長居をしてしまった。

さりげなくこだわりあり、この写真、バックの素晴らしい山の写真はエベレスト、植村直己氏が撮った写真をそのまま引き伸ばしたとか。なんで?奥様はやたらアクティブ、ヤマケイJOYの編集をしていた、、パラグライダーもやってたんです、、なんて話を聞けばその植村氏の姪っ子さんだとか。あ、私小学生?中学生?の頃読書感想文でなんかの賞をもらったとき読んだ本が植村さんでした、、とか話してみたりして。店名の字は植村夫人がささっと書いたもの、ハイカーのシルエットは実は小川店長、木でつくられたそれは、地元の工房(親分ちの近く)で作っていただいた、とか、あちこち注目してみるとさりげなく素敵。品揃えもかゆいところに手が届くだろうものが多くありました。

20090718223831そして、テスターにとレッグカバーをいただきました。いろいろ履いてみてご意見お聞かせくださいと。なんだか恐れ多いのですが、明日さっそく鳳凰三山方面へ行くので使ってみよう。

飯能は奥武蔵ハイキングの基点、里山も多い。地元に山のスペシャリストがいて個人の専門店があるというのは嬉しい。自転車でもミカミてんちょーにお世話になっていますが、いずれもすぐ近くにあるのはとても心強い。相談でも何でもいつでも行くことができる。

いつでも遊びにきてくださいとのことでした。

==
ガリガリ君といえばソーダ味ですが、”マスカットオブアレキサンドリア”を食べみました。
マスカットじゃなくて、マスカットofアレキサンドリア。
うーん、ただのマスカット味にしか思えないんだけど、アレキサンドリアのマスカット味なのかー。このこだわりがいいですね。美味しくいただいたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.17

ワールドゲームズ始まる

photo by WG Official website
Wg2009台湾、高雄でワールドゲームズが始まります。
夏季オリエンピック種目にエントリーされていない数々の競技種目の4年に一度の祭典。いろいろと面白い競技があって面白いです。2001年には日本、秋田で行われました。

オリエンテーリングも種目としてあり、アジア枠としてなんと日本からは4選手が参加できることになりました。
現在最も強くワクワクしする選手が出場です。
現日本チャンピオンの加藤番場、スプリントを得意とする小泉皆川
今日の午後からスプリントディスタンスが始まります。映像も見ることができてGPSトラッキングも全選手対応なので、どんなルートを取って走っているかが画面からもわかるようになっています。これは楽しみ!
ライブリザルト
http://wg2009.orienteering.org/

ワールドゲームズに関する記事(O-News)、モデルイベントの地図があります
http://www.o-news.net/2009/07/wg-09-modelevent.php

日本選手の特集(O-News)
http://www.o-news.net/special/world-games09.php

前回の競技の映像(オフィシャルサイトより)。興味ある人どうぞ。女王シモーネの動きは全然違う!
http://www.worldgames2009.tw/wg2009/eng/sports.php?sn=33

===
ライブ映像をちょっと見ました。世界のトップ選手の走り+日本の選手をオンラインの映像で見られるなんて興奮。

上位選手になればなるほどスピードはもちろん走るフォームが綺麗になっていく。目を見張ったのが準優勝のハニーと優勝したミンナカウッピ、2人とも世界チャンピオン。オリエンティアって不整地を走るからアンバランスで綺麗じゃないフォームの人が多い気がするけれど、この2人(プラスシモーネ)は違う。ミンナと併走していたサラ・ロリンズと比べてみるとなおさら。プラス走りながら地図を読むタイミング、遠くを見ながら地図と合わせる瞬間、や脱出の手続きは見ていてとても学ぶことがあります。

走ることについてはパワーで押すだけでなく、フォームを直せるなら直して(強制というわけでなく)、効率よく走りたいなあと今でも思います。そういえば中学、高校とやっていたテニスでもパワー、技術を伸ばすだけでなく、もともとのフォームをきちんとすることをすごく意識していたなあ。周囲にいいお手本の選手がいてやりやすかったのを思い出しました。そう思うと大嫌いだった素振りの練習なんかはただてきとーにブンブン振るんでなく、あれこれいい球を打つことを考えて素振りってたことが大切だったのだなあ、基本のきだったんだなあとも思います。

さてさてそのテニスの素振りはオリエンテーリングそのものでは何にあたるのでしょうね?人によって違うんでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.16

久々クリーンヒットもしくはホームラン

20090716140137せっかく取ったお休みが台なしになったた1日。しかも影響が今日だけにとどまらず大きい。あーあー。お昼休みこっそり仕事場に現れPC立ち上げて10分で去ったりして。あ、そういえば今日もカメちゃんはいたよ。

こうなったらハリーポッターでも見に行っちゃうかとヤケクソになりつつ断念、先日飯能駅北口徒歩30秒のところにオープンしたばかりの山のお店、山遊人に寄ってみた。店長さんはカモシカスポーツで長年勤務し店長をしていらしたとか。
http://www.san-yu-jin.com/

ちょっとしたものが必要なときに地元に専門的なお店があるのは嬉しいですね。土日祝日はなんと朝6時30分からオープンですって。Eider,MHWやパタもおいてありました。
ということで、地図と軽アイゼンお買い上げ。トレランシューズにつけられるアイゼンってあるんですか、どれですかー?と聞くと店長の奥様であろう女性は展示会で留守にしている店長さんに携帯電話で相談、、なかなかほのぼのしておりました。ロゲイニングシリーズ2009のビラも置かせていただいているのでそのお話も。つながりは広がるのでありました。

さてこれからまたお部屋中くまなく探そう。そすると、本質的な解決はしなくとも過去に探していたものが結構出てきてラッキーだったりお部屋がきれいになってすっきりしていいのよねね。(こういうこと言うと宮内から叱られるのよねー、時間の無駄でしょ、そもそもなくさないようにしてください、ってさ)

ちなみにお財布や携帯電話をなくしたのではありません。しかし非常にそれに近いことかもしれませんな。

それにしても梅雨明けした今、平日の昼間の外ってうだるような暑さなのですね。フツーにオフィスで仕事していると全然わからん。そっちのほうがが涼しいくていいかもなー。でも山にいたい。

どうでもいいですが、ハーゲンダッツアイスクリームのクレームブリュレがとても美味しい。今日は無駄足ご苦労と自分をなぐさめて美味しくいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.15

カメ再び

どこにいるかわかる?
20090713180220マニアファンにはおなじみ?だった玉川上水沿いのカメちゃん。
日々気になっていたけど、この数年は川の水量も増えて甲羅干しできそーな石もなく、まるで見かけなくなってしまった。
しかし!昨日、会社からの帰り道になんと数年ぶりにカメちゃん発見!しかもなんだかとてつも大きくなってる??(別カメ?)思わず嬉しくて写真を撮ってしまいました。嬉しいなー。
なーんかこれから先いいことあるかもしれないわ、といいように思うのでした。

最後の目撃カメ記事;3年前の8月
http://rika.cocolog-nifty.com/rika/2006/08/post_d3a4.html

そうそう、みかん号にETCがつきました。何がエコなのか考えるとあれこれきりがないけど、とりあえずは週末コスト的には便利のよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.13

1年ぶりスプリント

週末ダイジェスト
・劔岳 点の記
http://www.tsurugidake.jp/
会社帰りに見てきた。うーん。風景は素晴らしい。三角点にはやはりロマンあり。地図作りに関わる人にはじんときてしまうだろう台詞がいくつか。

・間違って入った店がイタリアンでヨーロピアンな雰囲気、ゴキゲン、味もよし。また行こう。

090711・いまやふた昔前、放課後によくデートしてた稲荷山公園でパークO。100人以上の参加とのこと、大盛況で何よりです。地元ですよ知りすぎてるテレイン。がなんと1年ぶりにスプリント兼パークオリエンテーリングをした。体調がすこぶる悪い。
次の埼玉パークOツアーは所属しているみちの会で、9/25、飯能市内の美杉台公園にて開催。TREKNAOのミニロゲインも併設。

Oクリニック最後はリレー!(写真;埼玉県協会)
090711relay
午後は急遽埼玉のOクリニックに参加させていただいた。
第5回さいたまOクリニック
少年から年配の方々まで30人以上が参加、みな熱心、あー、みなさんオリエンテーリングが好きなんだなあと思う。大いに刺激を受けました。4本みっちり追い込んでサーキットトレーニング、インターバルできつい。が午前中より動きが良くなっていく。やっぱりこういうトレは必要よね。17時前に終了。

200907111・ロルケキ&餃子パーティー
阿闍梨メンバーで近所にお引越ししてきたやぎ家にわいわい乗り込む。手作り餃子はやはり美味しい、高麗川ロールも美味しい。現役人妻の台所立ち位置に萌え一票。いつも顔を合わせていてもざっくばらんにあれこれ話すのはなんだか久しぶり。楽しい時間。
この日5本目の一番きついトレか駅までダッシュ。翌日のレース、はたして走れるんでしょうか、いと不安。

・往復4時間かけて15分のスプリントレース
http://www.o-news.net/2009/07/bayarea2009.php
辰巳公園でスプリントオリエンテーリング。やっぱりスプリントは好きみたい。前日とはまた違う要求がされた。さすがに前日のトレでクタクタ、こういうときに怪我をしやすいので(ちょうど去年のこの時期に太もも大怪我、今も大腿はへこんで押すと痛いよ、)、きちんとウォームアップをしてスタート。ブランクは大きい、細かい動きと判断が瞬時にできず。しかしフィジカルがまだあまり要求されていない6番ぐらいまではいい感触。後半に私としては珍しくコンプリートロストを2回もした。でも楽しかったなあ。
きっちりと代表選手が上位を占めることは良いことです。本戦も応援してますよー。
リザルト;
http://matoba.dip.jp/lapcenter-static/802/1470/pc/lap_w21.htm

これでスプリントの日本選手権の出場権は獲得、ほっと一息。(本当に参加するかは別として)

はー、密度濃い週末でございました。さてさてこれからは夏山三昧。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.07.10

ランニングスタイルvol.19;宝探しラン

Runningstyle昨日9日にランニング雑誌;ランニングスタイルvol.19(エイ出版)が発売になりました。隔月発行ですが、かのラン○ーズとはまたカラーが違いますな。
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=13006

そんな華やか~なページが続く最後に、ランニングスタイルにもいろいろあるよ、トレイルランニングの宝探しラン!として4ページ + 1でオリエンテーリングの特集されています。興味ある人は手に取ってくださいねー。
先月記事に書きましたが、高尾山でのオリエンテーリングです。

ここまでこんなに大きく取り上げてもらえるのは嬉しいですね。
ロゲイニングにもトレイルランナーさんやトライアスリート、アウトドア愛好者などが多く参加し始めています。ナビゲーションの楽しさ、おもしろさ、そして安全性を知ってもらえる媒体があるのは嬉しいことです。

こういったことをきっかけにとはいいませんが、全国各地で常設コースの整備や、興味ある人たちに、簡単でわかりやすく情報集できるものを作っていただけると嬉しいのですが。。。

日本オリエンテーリング協会の会長もかの市民ランナーの教祖である山西哲郎さんになったことですし、今までと違うアプローチもできるのでは?

私もできることをやっていこう。秋には埼玉の常設コースを阿闍梨メンバーで回ってプロジェクトスタート予定!?

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2009.07.07

7/6北ヤツハイキング

F1000650

1010稲子湯ー1235ニュウー1300中山峠ー1400しらびそ小屋ー1440稲子湯

雨の中のハイキング。楽しかった!
本沢温泉露天混浴部は次の機会に~
諸事情により携帯電話のカメラより。残念。
稲子湯は素朴で良いお湯でした、シュワシュワ。

====
日曜夜の宿、2年ぶりに訪れるいろりでのご飯もワインもビールも美味しく、語らいもとても楽しかった。百戦錬磨と人妻さまから人生の指南を受ける。NHKのノムラアナがいいといえば、あんな特徴のない顔がいいのかーと突込みが入る。毎日2045からのNHKニュースをうっとり正座して見ていれば幸せですが、だめかしらん?

F1000642朝ものんびりで嬉しい。天気予報が雨ということで当初天狗岳ー本沢温泉の周回にしようとしていたがショートカットルートに変更。日本で2番目に標高高いといわれる本沢温泉の野天風呂は次の機会に。せっかく平日ならガッツ混浴露天風呂も空いているんじゃないかと思ってたんだけどなあ。

稲子湯から様子を見て白駒池方面かニュウ(ニュー、にゅう、乳と標識でも言い方が統一されていないのがおもしろい)までいくかーということになった。
1010スタート。稲子湯からしゃくなげ尾根への入り口。
つづく。
F1000645
F1000644 F1000654

本日の地形萌えNo.1;稲子岳の爆裂火口
F1000659

F1000664 F1000668

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.07.06

7/5 霧ヶ峰ロゲイン TEAM阿闍梨W

F1000629
75を取った後。車山湿原のレンゲツツジがきれい
イベントWeb;http://www.orienteering.com/kirigamine/index.html

TEAM阿闍梨の女子チームでロゲイニングに参加するのは初めて。嬉しい。おそろいのノースリーブかわいいでしょ♪なおちゃんが用意してくれました。

取り急ぎ簡単に。期待している人たちがたくさんいるようなのでー。

・チームスピード把握の甘さ
私のマックスペースでルートを考えていた
ー>フィジカル重視ルート。ガッツ登りが2つ入っていた
3時間効率よくなおちゃんの走りを生かせるようなルートにするべき
ー>事前にもちょっと情報交換、確認しといたほうがよかったかな。自分のほうがフィジカルが弱いと思い込んでいたが、3時間ぐらい短い時間だと逆転しているもよう

・それによるルート取りのミス
絶対取らなくてはいけない高得点の103、77を時間的に捨てなくてはならず
後半時間調整で南側を使うようなルート取りか ->いまだ理想ルート描けず。ー>木村さん、絶妙な配点です、恐れ入りました。
#例えば今回のルートでベストだと103、77、36を足して1236点

・しかし!その分チームワークがんばる
90分以降最後まで登り中心に有無を言わせずなおちゃんの背中押し続ける
なおちゃん、それに応えてめちゃくちゃがんばる
緻密に時間計算とルート検討し続け、得点をカバーしていく

・なので45秒前ゴール!
これは想定内じゃ。しかし63から超ダッシュ、心拍ここへきてなんと170を超える。

・よく攻めたよ、よく走ったよ私たち、がんばったよ~~。(どうやら23キロは走っていたらしい)34-87と登りきったとき、周りの山々の風景はとて素晴らしくて2人で雄たけび~。がんばって登ったご褒美なり。

・私たちの持ち味がでるのは6時間以上かしらん。いや3時間でもまだまだいけるぞー。

・ゴールして10分ぐらいしてから、両ふくらはぎつりまくって悶絶。みなとおしゃべりをするどころか痛くて転げまくり、横にいた帝王にあれこれやってもらう。今も痛いよー。夜寝ているときまたつりそうで怖い。

・南北朝の争いだと勝手にいっていた帝王ヤギと上皇村越(頭も剃ってたしね)の闘いはあっさり4分オーバー村越(これで霧ヶ峰2連続タイムオーバー)、これで島流し。

・同じく御大Tac杉山もタイムオーバー。なんですとー。TEAM阿闍梨、かろうじて?ヤギで面目を保つ。来年、前日講習会呼んでもらえないかも。

・当日朝やってきたみやりんさんは今回はタイムオーバーなし。よかった、よかった。

・同宿、講習会アシスタントのマッパ;きみさんは男子3位入賞!素晴らしい準備とプランニング

・ご近所のハリ天狗さん&ハリマネさんチーム、ロゲ初参加!気づくとシニア混合優勝で表彰台

ぬー、次はやるわよー。ロゲイニングはやはり面白い。

P7050468スタート前、2人で。おそろいのウェア。暑くなることが予想されたのでノースリーブにショートパンツ。次はランスカかスコートだな。
日焼け止め塗り塗り。

Img_085715分前に地図をもらってルート検討。おおよその塊の得点計算。
ポイントはスタートより北西の八島湿原、スタートより南の踊り場湿原、そして東の標高高く遠い車山方面。この3エリア全てはいけないのでポイントによりどれを外すか考える。
今回広がったエリアの151-80はただのピストンになるので時間的にも体力的に却下。それにつながる車山頂上付近にはCPが少ない。この時点で車山山頂を通るルートは捨てる。

八島湿原より踊り場湿原のほうが100点以上ポイント高い。が100からコンター道で抜けていくのにどれだけ時間がかかるかが不安で今ひとつ積極的になれない。
八島湿原の102は魅力的だが木道区間が長い。
外周の稜線は遠い、ハードそうだがポイントが高得点につながる。

悩ましい。

悩ましいならじゃあ近くて高得点の踊り場湿原にしましょと、これでガッツルート決定~。たぶん100を抜けるところで1時間弱、これだと八島湿原まではいけないから手前の34-87尾根を登ってメインディッシュの霧ヶ峰の風景を楽しんで帰ってくることに。77、103には2時間経過でチェックしたい。その後のルートは時間次第で74-44or36に抜けるか、74ピストンー35-76-36-44。

ルートは1200点周辺を考えればそんなに悪くないと思う。思い切って八島湿原方面をバッサリ切った。
反面、時間通りに進んでいかないと先に会場周辺のCPを取ってしまうため時間調整が利かない、だいぶ手前で戻ってくる時間を決断する必要がある。

自分が3時間ガッツ走るペースだと、普通に帰ってこれると思っていたのだが、これが今回得点が伸びなかったことにつながる

F1000625気づくとスタート!詰め切れていなかったのであわわと合図があってから地図入れてスタート!
案の定踊り場湿原方面は人がいない。まあいいんじゃなーい。とても静かで走りながらうっとり。
写真は31をとって、101に向かう踊り場湿原沿い舗装道を走るなおちん。遠くに蝶々深山?

写真は村越さんから。87を取りにいくところ
Img_0881
前半のハイライト100のコンタ道を抜けて舗装道路に出る頃1時間弱。少し押しているが予定通り。がここから思ったよりペースがあがらない。41から62の登りでなおちゃんとすでに差が付き始める(このラップは10分かかっている)。この時点でチームペースの読みの甘さに気づいた。この分だと中盤クライマックスの34-87へ登りはかなり時間がかかりそう。走りながら中盤以降のルートをあれこれ考え始める。先にとろうとしていた35は後半に取ることにする。少しでも77-103どちらかでもゲットする可能性を高めるためでもあった。

64を取っていよいよ登りの沢の入り口ですでに1時間半が経過。30分で103-77まで行くのは非常に厳しい。時間を見ながら変更だな。34への登り途中からなおちゃんの背中押しが始まる。

登りながら徐々に見える霧ヶ峰の風景が素晴らしい!二人でキャーキャーいいながら進んだ。ここまで登ってきたご褒美じゃ。
この時間になるとすれ違う参加者はもちろん、登山者も多い。お互い譲り合い挨拶をしながら進む。ついレースになると回りが見えなくなるが、これから霧ヶ峰でロゲの開催が続けられるようにするのにも、登山者からのロゲイニングへの印象をよくするためにも、こういった山でのマナーはきちんと持っていたい。ロゲイナーだけのフィールドではないことを常に頭にいれてほしい。トレイルランの二の舞にはなりたくない。あるファミリーチームとすれ違いの時は、おとーさんが男の子に、『避けるときは山側にね。』と教えていた。うーん素晴らしいです。ロゲで楽しみながらマナーを学べる。

ということで、女子2人は目立つので(しかも足やら靴やら泥だらけでゼーゼー言っているし)、今回の大会の愛嬌部門を(勝手に)担当し、笑顔を絶やさずすれ違う、抜かさなければならない人たちとコミュニケーションを取りながら進んだ。楽しかったよー。

といいつつもゼーゼー。

77は難しい、せめて103を取るか、75をスキップして103を取ろうとも思ったが、登りも増えて時間がかかって確実にタイムオーバーになりそうだ。
ということで、ばっさりあきらめて75ピストンで74をとり、残り時間でそのまま36へ下るか74ピストンで35-76-36ルートにしようとなおちゃんに提案。ここからは緻密な時間計算。こういうルートを練って集中している間、ナオちゃんは普通に地図が読めるので先導して引っ張て走る。とても助かります。

35を出た舗装道路でゴールまで63を入れて、約2.5km。20分あればゴールできるはず。

74を取った時点で残り40分弱、ピストン入れて10分で35へは降りれるだろうということで74-36へ抜けず35-76-36ルートを選択。

35手前下りでなおちゃん転倒!泥だらけ、傷を作ったがなんとか大丈夫そう。踏ん張る。
35で残り29分。76ピストンで10分かからないだろうから取りに行くことにする。76で残り23分。36へ抜けるルートは地図から見ても(去年実際通ったが)明らかに走りずらい、実は6本も等高線を登るのでタイムオーバーになる可能性もある。なので36はロードから取りにいくことにしる。こちらのほうがなおちゃんもストレスないだろう。
とはいえ、長いっす~~。。1本の等高線の登りがつらい。ここでも背中押しをしながらがんばって走る、走る。36は無理、1分単位で計算しながら最後63を取れるかどうか。

ちなみに、これなら間に合う!と思っていたのだが、私のストップウォッチ、スタートしてから1分以上立ってから押し始めたことに気づいた、がーん。

63は時間的に取れると確信したので直接ゴールへ行くのはやめた。下りはがんばってビュービュー走る。

最後の登りも押し。パンチしてからゴールは見えるが実は距離はある。後ろから”残り3ふーん”となおちゃから声がかかる。これなら大丈夫!と思ったが、ゴールに人がうじゃうじゃしてパンチングフィニッシュのフラグが見つからないと困るのでダッシュする。フラッグ発見!しかし2人でゴールきちんとしたいので10秒ほど待って一緒にパンチ、ゴール!ここのラップ始め、最後の30分は相当速い。

わたしたちがんばった!

霧ヶ峰はとても素晴らしい景色が広がる。こういうところをオフィシャルに駆け回ることができるのはとても幸せなこと。去年も書いたけれど、行政とタイアップしてここまで好意的にイベントが開かれるのはとても素晴らしいし、重要なことだと思う。
大会運営のご苦労はたっぷりあると思いますが、これからも続くことを願っております。私たち参加者のマナーも徹底したいですね。

それにしても今回の配点はうなりました、木村さん、さすがですー。
そのほかのこういうルートは?を考えておりますが、私レベルでどのルートをとっても大体1250-1300点ルート。

これはどうかしら?霧ヶ峰稜線&八島湿原超満喫ルート。こちらもそれなりにハードだけれど、垂直方向より水平方向がどちらかというと得意なわれわれなら気分的によいかもー。
S-63-36-76-35-34-87-75-103-77-104-82-43-33-42-102-64-62-41-32-45-F
=1236
これでも私たちのコースフルと一緒の得点。がんばってプラス44とか60とか?
逆周りのほうが湿原は人がいなさそうな時間帯でいいかなあ。ゼブラ山の取り付きの西の等高線にうげっ!とくるけれど、実は真ん中の蝶々深山のほうが標高高いのよね。。ここら辺もさりげなくトリック。今回外周稜線コースの得点が比較的高いし、上位チームはみんな行ってるんですね。

来年も参加できたら、行ったことないところに行ってみたいなあ。いよいよ外周稜線か。それぐらいできるようガッツ体力つけておくようにしよう。基本的に霧ヶ峰はフィジカルの要素が高いからね。その分配点が絶妙なので作戦次第でいくらでもどうにでもなる!
今回の踊り場湿原もよかったですよ!人が多くなくて静かに気持ちよく走れてゴキゲンでした。

平均HR 162、max176 2'57'54
装備;ノースリーブ、ショートパンツ(patagonia)、ザック/ルーファス(グレゴリー)ハイドレーション使わず)、シューズ/ロックライト295(inov8)、ポラール心拍計、モスクワコンパス、アイグラス(zerorh+)、ファーストエイドキット(ポイズンリムーバー、三角巾、滅菌パッド、ティッシュペーパー)、携帯電話、熊よけ鈴、小銭

補給;エナジーゼリー1、パワージェル梅1、お茶500ml

予備:ミックスナッツ、炭酸水(グレープフルーツ味)、撥水ジャケット(サロモン)


レース後八島湿原へ。反省会その1?
P7050482_3今日の移動は、オリエンテーリング合宿でもよく使わせていただいている甲斐大泉のペンションいろりまで。なので時間はたっぷり、Tacさんも私たちも行かなかった八島湿原にせっかくだからと散策にでかけた。
もちろん3人とも地図を持っていくのが素晴らしい(当り前?)。ここが104番かーとかあれこれ反省中。


P7050478_2 私も地図を持ち遠くに見える山を同定中。蝶々深山って名前もかわいいけれど、山もいい形していますね。






P7050488ハクサンフウロ。その他いろいろなお花が咲いていました。まったり。15時を過ぎても散策する人たちは多く、ツアーハイカーも多い。ロゲイニングのスタート時間は早めて正解だと思った。

P7050487
梅雨の時期、奇跡的に晴れた1日。今年も霧ヶ峰のフィールドを大満喫。またやってきたいな。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

7/4霧ヶ峰ロゲイン前日講習会

P7040445

http://www.orienteering.com/kirigamine/2009/bulletin/seminor.html

去年はこちらから主催者に提案した講習会だったが、今年は主催者のほうから開催の提案があった。

参加者は16人。ロゲイニングに数回出場した人から初めての人まで。地図もコンパスも使い方がわからない、という人はいなかった。

P7040429最初の1時間はリーダーの簡単な講義。ざぶとんと毛布を使って地形を作り、目線を下から見てみると!いつものお山の形が分かる。これいい!
参加者もやってみる。

P7040430 そのあとは2時間外で実践。去年使用したロゲイニング地図をそのまま使用する。最初は全員できちんと整置を学ぶ。




P7040444_2さらに4つのグループ、村越、柳下、杉山、田島グループに分かれて実践。キミさんは村越さん、ナオちゃんはTacさんのサポート。

我がグループ、女性が多く華やかなり。Divasの講習会に来ていたお二人もいて明日初ロゲだって。嬉しいな♪

明日に備えた実践を。まずは地形図ではない地図を使うから、地図に表記された記号等は実際の現地ではどうなっているか、を知ること。等高線の間隔、距離の把握、そしてルートプランの練習。

結局は目的地にきちんといけることができないと得点ゲットできないですよね、次へ行くポイントを指示して自分ならどう行くか?を考えてもらう。1人だけ発表してもらい、それに付け加えることなどあれば、他のルートがあればどうぞと促す。そしてその人を先頭に仮想CPへGo!

P7040434森の中を気持ちよく走ったり、歩いたり。途中視界が広がった所で見える山はどれかを検討。あれが車山?!そう遠いのですねー。明日どうしますかねー。
地形図に比べて正確に描かれている地図に皆さん感動。目に見えるものはだいたい拾ってある、明日のCPもきちんと特徴があるところに置いてありますよ。そんな話をしながら。


P7040435途中合流のOえさんはとても研究熱心。初めてのロゲイニング参加だとか。鋭い質問があれこれ投げかけられる。









P7040440会場周辺の丘から見える山々をみなさん自然と同定。整置ができれるとこういう楽しみもあるのがわかった様子。わー、楽しいとの声が。いつまでもその場にいて飽きそうにない。が時間も押しているので進む。1人ずつCPへのプラン練習をして2.5時間弱で終了。

明日のロゲ、楽しんでいただけたら嬉しいな。

Img_0846 最後は屋内に戻って、ヤギどののロゲイニング攻略。ヒントたっぷり、いいんですかーというくらい。
プラス、チーム戦についてコミュニケーションなど経験を交えてあれこれ話しておしまい。

楽しい半日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.05

霧ヶ峰ロゲ

F1000638_2

ヤギダントツの優勝、私ら女子チームガッツルートチャレンジ、しかし5位、作戦ミスだったんだろうなあ。でも頑張ったよ、45秒前ゴール!
御大2人タイムオーバー。上皇はもう島流しだね。

明日はタックさん、なおちんと八ヶ岳&混浴温泉!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.07.04

足湯でまったり

足湯でまったり
上諏訪spa

P7040413_2 御大2人との待ち合わせ時間に早めに着いたので、近くにある上諏訪の間欠泉を見学。
がしかしちょうどブハーと噴き出す時間とタイミング合わず。ちなみに最近はその噴き出す高さが低くなっているとのことで10-13mとか。

P7040415 近所を散策。白鳥のボートみたいの乗ってみる?とか。ベタなの行きましょうよーう。

さすが地質萌えなお博士、お庭の岩をチェック中。






P7040420間欠泉すぐ横に足湯発見!がさらにその横に健康うんちゃらなんちゃらで、足裏を刺激するタイルみたいなの発見。さきにこっちでつぼを刺激してみる。
このちびっちゃいのが一番悶絶。








P7040419 3人悶絶しながらしかし何周もしてみる。これもTEAM阿闍梨の修行ですか?ギャーギャーいいながらおかしい。

悶絶のあと、最後に足湯につかってまったり。いいなー、こういう時間。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.02

夜走る

夜、しかもロードを走る。10km。数年ぶり。
さすがに週末だけの運動ではまずいと思い始めたこと、この週末の霧ヶ峰ロゲインでチームを組むナオちゃんに少しでも迷惑をかけないようにしないと、といいかげん7月平日、やっと体を動かし始めた。
そういえば6月はここ数ヶ月最低の運動量、強度は比較的高かったものの、例えば距離は150km弱と自分でも驚いてしまう月だった。

走り始めればすごく気持ちよい。走るのはキライじゃないと思う。でも実行するまでが億劫。その葛藤がイヤで仕方ない。それに田舎の夜はやはり気が張って怖い。人もそうだけど、そこらへんから鹿やイノシシが出てきてもおかしくないもんね。なーんて言い訳はいくらでもでてくる。

走りながらゴールデザインをしてみる。これからおおよそ1年か。
すぐ近くには信越100kmトレイルがあり、去年スキップしたオリエンテーリングのスプリント日本選手権がある。3月には奥武蔵レクロゲの運営、そして来年5月のアジア選手権。

気分が乗っている時はコツコツと地味に目標に対する手段をやっていくことはそう苦ではない(いやそれはそれで大変だけど)。問題はそうでないモチベーションが低い時にどのように動機付けていくか。これも才能の1つになるだろう。そこにはきっちりとしたゴールセッティングとそれに対するコミットが存在していればクリアできるはず。

コーチからは技術的なことはもちろん、トレーニング日誌を書くこと、いかに動機付けをして目標に向かうかを教えていただいた。

モチベーションが低下しているとき、いかにその気にさせるかがコーチの力量、腕の見せ所。

今自分が関わるあらゆることで大きな流れの中にいる。その流れの中で自分は何ができるのか、どうするのか。流れに乗って考えていかなければならない。

そんな次から次へととめどもないことを考えながら小雨の中走っていた。こういうのも悪くないなあ。
理想は2セッション、朝のMTB、夜のラン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.01

等高線と戯れる

サキコさんと
Sakikorika

ポーリンうちわいいでしょー。

6/27 adventure Divas navi講習レポート
http://ameblo.jp/adventure-divas/entry-10290822289.html

次回は9/12(土)の予定。(まだ涼しくないですね、きっと。。。)
テーマは”地図を理解する”
地図記号リレーとかしたら楽しいかしらん。

その後は
3. コンパスと高度計を使う (10月予定)
4. ルートプランニング (11月予定)

です。お楽しみに~。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »