« 大波小波 | Main | ADVENTURE DIVAS NAVI講習の下見 »

2009.09.07

朝霧高原トレイルランニングレース

20090906072631_2
朝、会場から見る富士。きれいだった。

20090906074349競技運営方面の要、リーダー村越とさきこ嬢(相変わらずヘルメット姿)。『昨日の夜2人でデートしたんだ、満月で素敵だったよ。ヘッドランプつけながらトレイルで誘導テープ付け。。。』。物はいいよう、さすがであります。

20090906084247スタート前、ででーんと大きな広場に500人近く集まる。どこぞのレースと違ってみんなのんびり、おおよそのタイムで区切られた枠の前のほうになぜかみんないかない。

20090906084718_2使用前、リーダーと。ウェアはいろいろ用意していたけれど、暑くなると予想されたので、なるべく涼しい格好を。ノースリーブ(サロモン)はワキが空いているのでかなり涼しい。温度調整に楽。インナーつきのショートパンツ(パタ)でお腹のごわごわなくす。日に焼けるのはいやだけれど(それでもがんばって日焼け止めたくさん)、暑い中走るのはもっといや。日陰があまりないかもしれないので、ハットを。キャップにしようと思ったが、森の中では必要ないので頭を涼しくしたい。さっととってザック(ルーファス)の後ろのポケットにしまえるようにつばのないハットにした。アイグラスも、日陰でないときまぶしいので、オープンエリアでかけた。

20090906084908ロゲつながりでこんにちは。しかししかしビッグボス!!とそのお仲間。フルマラソンサブスリーということで稽古つけてもらわなきゃ。ゴールギリギリで後姿キャッチしたけど追いつかず~。

20090906112032_2
本日のメインの登り、アップ500m(600m?)の竜ヶ岳、おおよそ1.5時間たって頂上まで行くと20km弱の地点。ちょうど石仏があってテラスのところからパチっ。ここら辺からオープンになり周囲の景色を見渡せる。とっても素晴らしかった。こんどのんびり歩いていきたいな。
夏の山三昧のおかげか、アップ500mといってもあまり気にならず(つらいけど。速いいかどうかは別として)。荷物も軽いしねー。ここまでがんばって走ってきたので歩きに徹する。ここの登りでフラットでビュービュー抜かされた男性陣をほとんどとらえ、追いつけば全部の人に譲られてしまった。そんなつもりないのにー。竜ヶ岳からの下りもしかり。やはりわたし、フラットより山のほうがまだ強い。この山でずいぶんばらけ、前後の間隔が広がって1人でポツンと走ること多かった。コースアウトしないか若干心配して注意深く走る。(ひまちんだからプログラムびりびり破いてコース地図持って走ってたけど)。結局ゴールまでは追いつく人がそれなりにいて、苦手ロードで2-3人パスされたのみ。
ここまでトレイルランに出場する人が初めての人が多いのか、シングルトレイルで抜かすときに声をかけなかったり、道を譲ってくれるハイカーに会っても挨拶をしない、、という人たちもけっこういた。残念。登りながらゼーゼー苦しくてそれどころじゃない、、という話もあるけれど、トレイルはみなさんのもの。

20090906114539竜ヶ岳頂上、CPチェック直後。思わずここ頂上ですよね?わーいやったーと叫ぶ。案外のっぺりしたピーク。振り返って富士と樹海の写真撮ろうとしたけどすでに遅し、もう見えないよ。ところで今回のCPチェックはSI。サンスーシの大場ご夫妻も運営に参加されていた。心憎い演出でチップがとれないようゴムヒモを事前に用意しているのが嬉しい。

2009090612535829キロ地点が遠くに見える、こうやって草原の中を突っ切るころができるなんて素敵!さすが地元の力なんだろうな。
しかし遠い~~。ヘロヘロ。後5km!といわれあ然。まだそんなにあるの~

090906asagiri_finish_2わーい、やっとゴール!嬉しくてしかたない。

090906prizing年代別表彰式にて。あれよびっくり準優勝。嬉しいな。賞品でキャメルバックのボトルをいただきました。欲しいなあと思っていたので嬉しい♪


いやーとっても楽しかった!
大会WEB;http://homepage.mac.com/camp_asagiri/diary/pg333.html

ラップ解析;http://homepage2.nifty.com/navi-and-map/asagiri2009x.htm

ーーーー
・あまりトレイルのレースに出ないわたくしでありますが、半年振りにレース出走で朝霧高原へ。このエリア好きなのです。ちょっと日本離れ。
・いややは大満喫。夏のお天気で富士山が隠れてしまったのは残念。
と思う方は、秋の朝霧ロゲイニングにぜひ!晴れればダイナミックな富士山サイコーです♪
・バリエーションあるコースと景色にうっとり。運営スタッフのみなさんも温かい、そしてスムーズ。
・リーダー村越、いいコースだと準備してただけあります。これで3000円参加費とは安すぎだなあ。
・中盤からのフラットとロードでは脚のあちこちが攣りまくり、悶絶する前に止まってマッサージすること数十回。内転筋が攣るなんて初めて。やはり走るのなら走るトレーニングをしなくてはだめですね。当たり前ですが。
・レースペースで走ってみてフィジカルの現状把握ができてとてもよかった。
・90分プッシュして走り続けることができたのは大きい(その後大変だったけど)。オリエンテーリングではいい感触を持って次につなげられる。
・これから2週間はスージー(MTB)に乗るより、どうやら地面を走るトレをしないと信越100kmはえらいことになりそう。
・34キロ(もっとありそう)、すごい登りは竜ヶ岳であとはビュービューだろうし4時間はきれるだろうと思っていたら、とんでもなーい。じゃあ4時間半ね、、と思いきやあれよあれよと4時間45分。あやうくハンガーノック(あんなに食バナナべたのにー)。しかも薬が切れて腹痛激しく大変。ブルーデーは厳しい。
・暑さのせいか、思っているより時間がかかったかも。このコースで実は6時間の制限時間は少々厳しいのでは?完走率低そう。季節が違えばまた違ってくるかな。どうせ車以外での交通手段がないのなら、もっと早いスタート時間にして制限時間を延ばしたほうがいいかもしれない。運営の拘束時間は長くなりますが。次回に期待。
・最後の溶岩枯れ川登りはアドベンチャー気分で楽しかった(キライと言う人と両極端)
・竜ヶ岳へ登る途中(Up500M)、振り返れば富士の裾野。湖や樹海。素晴らしい景色だった、くたびれているのも癒される。ああ、富士山は火山なんだなあと実感した。
・中盤からは前後のランナーにずいぶん助けられました。励ましあったり。1人だったらくじけてました。
・写真取ったりリラックスして走っていたら、竜ヶ岳を越えて応援していた方々から女子3位といわれる。なんですってー。くたびれながらちょっとがんばってみたけど、後半HRは160以下が続いてぐったりモード。
結局そのまま年代別準優勝、総合女子3位ですって。タイムはむー、さておき(ツールドモンブランでくたびれているヒロコちゃんから遅れること30分、優勝のそーまさんからはなんと160%越え!)、がんばったご褒美は嬉しい。
そしてトップ選手であるひろこちゃんとおんなんじ表彰台にはあがることはそうはない。よい記念になりました。
・総合2位の方は去年マラソンを始めたばかり、3時間10分(!)ベストとか。今日が初トレイル、ランシューに給水なしで走って失敗したと言ってました。そういえば山から下りてきて22km地点のエイドでピンク色の女性を見たのだけど、それが彼女だったのかな?あっという間にいなくなりそこから5分離された。10歳年上、いやはやわたし、まだまだひよっこ、歳に関係なくどこまできちんとやるかですよね、やはり。
・ミドルコース女子では1,2フィニッシュでかねこさん、きみちゃんとオリエンテーラー。素晴らしい!
・ナビゲーション講習やロゲイニングなどでつながりを持った方々とお話しをすることができて楽しかったです♪
・実は一番大変だったのは帰りの高速大渋滞で、ブレーキとアクセルしながら足の指攣ってたこと。

装備;服装は上に書いたとおり。その他ザック(ルーファス)、シューズ(バスク・ブラーSL)、ファーストエイドキット(テーピングテープ、三角巾、ポイズンリムーバー、サバイバルシート、人工呼吸用パッド、滅菌パッド等々)、薄手のウィンぶれジャケット(サロモン)、携帯電話、小銭、熊鈴
レースでもファーストエイドキットは持って走ります。

補給; そうけんび茶500ml、命の水コーラ500ml(いずれもペットボトル)、3つのエイドで給水コップ7杯分。パワージェル梅味2、ウィダーインゼリー(エナルギー)1
ノースリーブ、ショートパンツでも相当暑かったので、長袖やタイツにパンツ2枚重ねで走る人たちはもっと暑そうだった。
命の水コーラは後半1時間ぐらいで飲めばいいやーと思いきや、すでに竜ヶ岳の登りで投入することに。ハイドレーションパックは今回も使わず。
第2エイドで残ったコーラに水を入れて、びみょーな味と思いきやこれいけるかも?
第2、第3エイドで切れたバナナ、3-4.これでも最後の1kmくらいそろそろまずいかも、、とハンガーノックの気配が。普通のランならさらに予備で何か食べるものを持つが今回は持たず。お水もちょうどいい具合に消費。
周りを見ると軽装、500mlのみの水の人も多かったけど、給水や補給大丈夫だったのかな。ミドルクラスの人?

HR;avr. max

もうちょっとつづく

|

« 大波小波 | Main | ADVENTURE DIVAS NAVI講習の下見 »

Comments

りっかさ~ん、
「なせばなる!」楽しい1日でした

ワクワクよりもドキドキの方が多かったけど、始まってみれば応援の声や気持ちのいい景色と共に笑顔でゴ~ルできました♪

走る前にはりかさんに元気パワーを貰ったし、お知り合いに会うのってうれしいですネ。

走り始めてまだ○ヶ月。きっかけはナビ講習でした。コンパスもって「ウォ~」と走れるようにがんばるゾ~!

また会いましょう~!

p.s.早い時間にゴールしたので、村越さんのアナウンスやトップ選手のインタビューなども楽しかったで~す。

Posted by: ちー | 2009.09.07 17:28

☆ちーさん♪
サプライズ再会嬉しかったです。デビュー戦楽しかったようで何よりです!あちこちのトレイル満喫しましょーう。そのうち地図みながらコース組み立てちゃいそうですね。

Posted by: rika | 2009.09.08 08:05

レースお疲れ様でした。
写真掲載して頂き、ありがとうございます。

レースではいつ交わされるかとヒヤヒヤしながら走りましたが、きっついコースでした~。

今回はハセツネの練習でしたが、もう一つの
目的が、どこぞのロゲインの大会を司令官(yabeetsuさん)と一緒に狙っていく事です。

何てたって、わたしゃ~行け行けなものですから、地図読んで走る事ができません。
又、どこかの機会でロゲインの走り方でも教えて下さいねえ~。

Posted by: ヒロ | 2009.09.08 12:24

☆ヒロさん、
わーわー、ビッグボス!最後のロードで20m先に赤い人発見、ひょっとしてヒロさんかしら??と思っていたら本当だったのですねー、やっと追いついたと思いきやラストスパートされちゃいました。。。
菅平楽しみですね!晴れれば景色素晴らしいです!(19-20日は菅平にいるのですが)

こちらこそ稽古つけてください。きっちり走れるようになりたいです。よろしくお願いします。

Posted by: rika | 2009.09.09 06:59

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝霧高原トレイルランニングレース:

« 大波小波 | Main | ADVENTURE DIVAS NAVI講習の下見 »