« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

2009.10.23

名護でミニロゲイニング

091023nago

今日は実際にロゲイニングを体験してみようと、スタッフさんの事務所(がじゅまる自然学校)をスタートゴールにして、ミニロゲイン(スコアオリエンテーリング)を1時間やりました。まつざわくんがコース設定と設置。
私も初見でみなさんと一緒に走らせていただきました(途中ハプニングあるがなんとか体裁を保つ)。とっても楽しんでいただいたようで嬉しかったです。高台から見える海は綺麗で素晴らしかった!

091023nago2がじゅまる自然学校/ホールアース自然学校
http://wens.gr.jp/gajumaru/
がじゅまる自然学校のブログ(ロゲイニングのレポ)
http://gajumaruns.ti-da.net/

NPO法人沖縄ホールアース研究所(ブログ)
http://blog.canpan.info/okinawa-wens/

091023roge1設置からかえってきたまっちゃんが、手書き丸書き、そのほか本格的に自筆で書き込んだ地図を配布しながら競技説明。




091023roge2みな真剣に回り方を考え始める。地の利を生かした作戦か。




091023roge4まーぼーさんもうなる。自分ルールを使って回り、なんと制限時間10秒前にゴール。







091023roge5今回の沖縄ロゲ仕掛け人、ミスターロゲ男ことタンタンさん、いえスミタさんも真剣。唯一コンパス持参。アドベンチャーレースもトレイルランもこなします。




091023roge62F事務所玄関からいざスタート!!面白いことにみなあちこちにちらばっていくのよねー。







091023roge7のっちさん、素晴らしいスタートダッシュ。しかしこの後攻めすぎたか2分オーバーでゴール、しかも制限時間が過ぎたとたん降って来たスコールにやられる。次はリベンジじゃ。

091023roge8
山沿いの道をあがっていくと内海が見えてきた!きれいだ~。
2日間ともフィールドに出ている間は雨に降られずにすんだ、引き強し。

091023roge9最高ポイントゲット!ずいぶん登ったぞー。ここで半分の30分。急いで下ろう、ショートカットするべしとガンガン林道を下っていくが。。。ショック!やはり鉄塔で行き止まりモード。ひょっとして、、とは途中からおもってはいたけれど、ご機嫌なトレイルだったしさー。なんとなく続く沖縄のジャングルチックの藪道に入っていく勇気まるでなし。ああ、あと300mも下れば舗装道路なのにーーー。仕方なし、しょうがなく引き返して10,8の西の果てまで行くのをあきらめた。またもや実線の道にやられたわ、とほほ。この後、まーぼーさんも同じワナにはまる。

まっちゃん、ミニ運営ながらもきっちりと準備しているところはさすが。とても前の日の晩、みなでお酒のみながら語らった後に準備したとは思えん。ええ、私はふつーにやられとりましたが。

091023roge10普段はあまり走らないというナナさんも懸命に走ってました。楽しかった!って。




091023roge11健康のためにジョギングしてるんです~というおきょうさんも楽しそうに走る。ロゲをやってみて自分の性格が見えた、おもしろい、、だそうです。
負けず嫌いだとおもうよー。

091023roge12サトウキビ畑の中も走りました。ふつーに放し飼いの犬がうじゃうじゃいて一瞬びびる。まっちゃん、ぜんぜんフレンドリーじゃないよう。。





091023roge13さすが手堅いあなご校長先生は余裕のゴール。おとうさまがオリエンテーリングの大会に普通に参加していたとか。縁があります。






091023roge14Mr.ロゲ男さんも手堅くゴール。わたくしと同得点でした、さすがでございます。沖縄のロゲ帝王と呼ばれる日はそう遠くない。

みなさん、ゴールでカメラを向けると自然にガッツポーズするのがいいですね♪


みなさん、普段知っているエリアでも、初めての場所や地図を持って回ってみると新鮮なようでした。なんだかんだで真剣だったもの。全部ではないかもしれないけれど、こうやって走るのも久しぶりだったりするのではないでしょうか???思っていた以上に楽しかった!との感想や、無限の可能性を感じる、チームビルディングにも使える、などなど、次から次へとアイディアが出てくるのが、聞いていてワクワクするし、一緒にいて気持ちよくて楽しい。また彼らは私たちにはないネットワークとノウハウを持っており、こちらもとても勉強になりました。

本大会もいいイベントになるといいですね!これからもよろしくお願いします♪

ちなみに回った順番は2-(3が見つからずスルー)ー15-7ー-3(ピストン)-6-18(ここで30分)、北西の実線道でショートカットを試みるが鉄塔付近で消える。。戻って舗装道路から9へ。舗装道路からつながる実線道はやはり藪に覆われていたので、強引に行かなくて良かったなあ(半そでショートパンツだったし)ー9-5.ここで45分、うん中途半端、しかし10,8はあきらめ1を取って4,12にいけるか狙う。
1を取って残り11分、4は取りにいける!往復1kmだし、とおもうが国道横断の信号、4の砂浜が走りやすいかわからなかった、制限時間1秒ー1分ごとに10点マイナス、、ということで潔く止めて66点でおしまい。(total100点)51分と残り9分も残しちゃったけど、トップゴールなり~。
まっちゃん、絶妙のCP配置と配点でした。さすがです。
1時間はあっという間におしまい。名護・真喜屋の風景や文化を感じることができて、とっても楽しかったです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2009.10.22

沖縄・名護にて

神域にあるがじゅまるの木(御神木)
091022_okinawa4

バカンス~。
じゃなくて、沖縄での初ロゲイニング開催に向けて、お手伝いで名護に来ています。初沖縄がこんな形で実現です♪しかし風邪全開中。
いやー、素晴らしいフィールド!そして熱意ある、機動力ある若いスタッフさんたちとあちこちまわった1日。とても良いものが出来上がりそうですよ。2月にぜひ沖縄へ。桜はちょうど見ごろか終わりのころ?
ちなみにハブはほとんど見ないそうです。見たらラッキー。

トレイル上にふつーに大きなシダが
091022_okinawa3

ヒョウ柄模様のシダ(木だよね~)
091022_okinawa7

名護岳(標高345m)にて360度の風景を望む。3つの海と今話題の基地問題
091022_okinawa


鮮やかなカメムシとものすごく大きいアフリカマイマイ(みなさんプロのガイドさんなのでめちゃ詳しい)
091022_okinawa2091022_okinawa6

自己主張激しい?花が多い。でも綺麗~
091022_okinawa5

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.10.18

紅葉トレイル@大菩薩&牛ノ寝通り

Daibosatsu9_2

幸せな1日。
本日ゆるりトレイルというのは朝の時間が遅いだけなんじゃないかと途中で気づいちゃった。ふつーに長いよね?コースタイム10時間?あれれ?昨日のビールにやられたな。
思いもかけない立派な滝をみることができたり、峠を越えていく古くからの道をのんびり登ることができたり、標高1300mくらいからの紅葉の木々にうっとりしたり。アゴヒゲさんに遭遇したり。大菩薩峠周辺からの富士山や南アルプス、これから進む牛ノ寝通りや、奥多摩方面の山々。ずっと行ってみたかった初めての牛の寝通りはもう楽しくてニコニコ。プラス地形萌えポイントも!


9時半ごろスタートで大菩薩の稜線には13時前。景色楽しみながらご飯食べたりちょっとのんびり。、しかし牛の寝通りに入ってからなんだかんだでいいペースで走り、帳尻合わせて15時過ぎゴールってようやった(ほんとうに彼らは先週71キロ走ってるのかね)。
小菅の湯はいい温泉、極楽じゃ~。しかしさらに興味がわくわ、小菅村。

935小菅の湯ー1042白糸の滝ー1057大菩薩峠登山道入口ー1215フルコンバー1250大菩薩峠ー1255妙見の頭ー(休憩♪)ー1320大菩薩峠ー1340石丸峠ー牛の根通りー1438xxx--1515小菅の湯
約25km/up1400m 5.5hrs
本日の最高標高;おおよそ1980m
のんびり1周トレイル、しかし中級者以上向けか。

マニアな写真追加 for 阿闍梨JOY by山羊カメラマン
091018_1さすがナオちゃん、今日行くコースの地形図を用意してくれた。エアリアマップから情報を地形図にトレース中。スタート地点はすでに標高700m弱。村の集落でさえ630m前後と標高が高い。

Daibosatsu1_2ロード&林道6km!普段ならこういうルートは取らないかもしれないけれど、地図を持ちながらこじんまりした村の集落を見学し、同定しながら進むとまったく飽きない。
ロード速いナオチン、山羊はちぎられてつらそうね。


Pa181721途中からダートの道に変わった。思うより快適。









Pa181724せっかくの通り道、林道からちょっと奥に5分ほど入って白糸の滝見学。ネーミングからたいしたことないんじゃない?と思いきや、立派な滝が出てきて感動!龍伝説が残る。






091018_2_3標高1000mを越え始めると黄色、赤のオンパレード、幸せ。







Pa181731大きな葉っぱも赤く染まる。アーモンドチョコとかわらん大きなどんぐりとかたっくさん。ってことは熊さんもいるわね。途中、斜面でガサガサする音が。明らかに獣の気配だった。

Daibosatsu4_2
江戸時代の国道、大菩薩峠へ向かう道は、急斜面を直登することもなく、うまくさけて通りやすりルートにしている。そのため斜度はゆるく歩きやすい(その代わり距離はそこそこ)。今は小菅側からはすっかりマイナールートなのだろう、行き会う人はほとんどなし。

Daibosatsu6主尾根のフルコンバまでやってきた。名前の由来気になる!ここは小菅の北にある丹波山村へ続く道との分岐。この道も当然古くからの道なのでしょうね。
笠取山方面の景色を見ながらピクニック気分でちょっと座って補給。しかしもう12時すぎてるのね。
みな高度計を持っているので、たまに標高のチェックをする(仕事してます)。最新モデルのカシオプロトレックの私、数年前のなおちんのプロトレック、さらに4年前か山羊くんのSUUTOのX6.当然だろうか、最新モデルが一番正確に高度が出るという結果。ところどころでいちいち標高も合わせておりました。

Daibosatsu8珍しく人が降りてくるなーと思ったら、なんとアゴヒゲさんだった!塩山側から登り牛ノ寝に行こうとしたら間違ってこっちに降りちゃったとか。また登り直して一緒にというが、そのまま下山、小菅の湯に戻ってきたら、ちょうどバスに乗って帰るところでした。次はぜひご一緒に~。


Daibosatsu10大菩薩峠到着、ちょっとあがったところへ。このオープンの風景が大好き。ピークの大菩薩嶺にはまるで行くつもりなし。頂上自体は見晴しはないからね。



091018_4_1今日のリーダーナオ、地形図を見ながら同定中。左手にはSUUNTOのリストバンドコンパスがあり、しっかり整置。
遠くに南アルプスの山々も見える。8月の縦走を思い出した。また来年行きたいなあ。

091018_3
ヤマケイJOYならぬ阿闍梨JOYを発刊する?10部限定?マニアなコース紹介とか地形萌えとかさ、、といいながら、それっぽい写真を山羊カメラマンにとってもらい、地図を見てあちこち同定して楽しむ。飽きない。
右横上にうっすら富士が見えるのわかります?

091018_5
これから進む牛ノ寝通りの尾根線。長い~。牛が寝そべって上から見るとこんな感じじゃない?というところから名前ついたとか。奥の方には、三頭山、御前山、大岳山の3セットが。6日前、お二人はあの山々を走っていたのよね。

Daibosatsu15マップビーニーの等高線と山々が妙にマッチして面白い。


091018_4
30分弱のんびりして大菩薩峠まで下っていく。もうひと頑張り、目の前の熊沢山(標高1980mぐらい)を越えてから石丸峠、そして牛の寝通りへ。

Daibosatsu17
熊沢山を越えて下リ始めるとこんな風景が!オープンエリアと紅葉が気分いい。

091018_6_3
一度、大月方面へ南下するルートも行ってみたいなあ。久しぶりにががーっと走ってみる。気分良し。この写真、某雑誌のトレイルコース紹介に使えるんじゃない?
わざわざ梅が島行かずともこれでよかったのでは、、、と3人でやや唸る。

Daibosatsu19下り終わると石丸峠へ。

091018_7_3振りかえると熊沢山とくっりした登山道と防火帯。

Daibosatsu21
きました牛ノ寝通り、ごキゲンな尾根線へ。山羊カメラマン、いよいよカメラをザックにしまって戦闘モードに入る?
リーダーナオが先頭、その次のヤギくんがたまに一瞬本気を出して下るので、それに反応したなおちんびびってさらにペースを上げてガンガン下っていく。なんかふつーに速いぞー。
標高1900mから最初は一気に1400m付近まで高度を下げていく。

Daibosatsu23
紅葉の中を気持ちよくダウンヒル。

091018_8
今日はよいお天気で発汗も激しい。命の水、コーラが役に立つのでありました。

Daibosatsu24 091018_9
標高1400m-1300mになると、ゆるやかな尾根線が続き、気持ちよく走ることができる。基本的には下り基調、たまにゆるーやかな登りがあるが長い時間続かない。ブナやナラの木々の中、そしてたまに存在感ある巨木が現れる。
地形萌えなエリアも現れてうっとり。
3人でいまどこら辺?を時たまやる。周りの地形と高度計と距離感で。だいたいみな感覚があっているからやりやすい。

Daibosatsu25Daibosatsu27
あっという間に牛の寝通り終了。もう小菅に下りるところの分岐までやってきた。ここはXXXX山。
明らかに人口的に伐採されて見通しがよくなっている。北に目を向けるとででーんと存在感大きい飛龍山が。
ということはもう少し奥に雲取山が見えるね、、とここでも同定。楽しい。
MTBの集団4-5人がいた。この先しばらく追いかけっこ。

Daibosatsu28Daibosatsu29
なんだかんだで15時過ぎにゴール!!針葉樹の中ではかなり暗くなっていた。
お腹ぺこぺこ。小菅の湯駐車場ではまだイワナの塩焼き売っていた、タンパク質!!!がっつり食べまくる2人。
この後温泉につかってまったり。食事も充実していて、マスのユッケ丼食べてお腹いっぱいじゃ。

いやー、紅葉もトレイルも満喫、ロマンを感じるよいコースでありました。ひたすら前半は耐えることアップ1200m。後半は気分よいダウンヒル。中間点の大菩薩からは素晴らしい風景。

たまには阿闍梨JOYいいね。またやりましょう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.10.17

大宮でオリエンテーリング

ウノタワ手ぬぐい、ゲット!めちゃ地形&地図萌え~
20091017102750_2

20091016192212夕べ、Y田社長が送ってくださった北海道カニ三昧を美味しくいただいたのはいいが、夜中ビデオ編集をしていたら突然体調悪化。普段食べなれていない高級食材を食すと異変が起こるのはやや悲しい。気づくと寝ていた、そして朝。

Continue reading "大宮でオリエンテーリング"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.16

たまらない手ぬぐい

TREKNAOから、これまた地形萌え~な手ぬぐいが出来上がったとのこと。これを見てあそこね、、とわかったあなたはもうお仲間だわ。
うのたわはねえ、本当にうっとりしちゃうんですよ。そっち方面のトレランツアーやりたいなあ。いつ行けるかな、練ろう。
そんな萌え萌えする手ぬぐいはこちらから。
http://d.hatena.ne.jp/TREKNAO/20091015
なおちん、2枚ともほしい!

実は日本地図センターから地図記号の手ぬぐいが出てるって知ってました?これまたたまらん。
http://net.jmc.or.jp/goods_others_towel.html

O-Newsからもオリエンテーリング用の地図記号タオルが出ていましたね。

このシーズンどこまでコンターグッズを集められるかしら。(そっちへ向かうのか!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.10.15

【ありがとうございました!】高尾山のオリエンテーリング常設コースマップ

みなさんのご協力のもと、無事に入手できることができました!ありがとうございました!これでいいプランができそうです。この件クローズにします。10/16

どなたか、今稼働している高尾山の常設コースで奥高尾(15kmのコース)と表高尾(ってあるのですか)の地図をお持ちではないですか?4キロのコース地図は持っています。

Continue reading "【ありがとうございました!】高尾山のオリエンテーリング常設コースマップ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.13

まる5年

そんな大それたことじゃないけど、てきとーに書き流しているこのside Bもはや5年がたちました。今や多くの人がブログオープンしてますね。そうじゃなくてもmixiやjogノートとか。
最初は競技生活の息抜きつぶやき、ちょっと考えていることなんてことで、タイトルも適当にside Bなんてしましたが、今やフツーにA面となってますのう。
めんどくさがりやな自分がここまで続いたのもちょっと驚き。ブログを通じて知り合った方々も多くいらっしゃいます。ありがとうございます。いやーこの5年、振り返ればいろいろあったなぁ。少しは成長しているのかなあ。
さておき、ざっと心がけているのは、

Continue reading "まる5年"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.10.11

救急法講習会

20091011140604

午後から埼玉県オリエンテーリング協会主催の救急法講習会を受けてきた。
去年は心肺蘇生方法を学んだが、今年は骨折、打撲、捻挫、止血、それらの応急処置と固定の仕方を学んだ。
ないにこしたことはないけれど、いざというときスムーズに動けるかどうかは事前の知識が役立つ。
実際私も一通りのことを学んだあとに、アドベンチャーレースやオリエンテーリング練習会、自宅でパカっと割れた傷口や骨折の対処をした。今年5月のTEAM阿闍梨の講習会では実際に受講者に処置をするシチュエーションを作ったりもした。

少なくとも年に一度は受ける機会を作って学ぼうと思った。なんだかんだで忘れてしまう。アウトドアフィールドに出向く機会が増えてきている分そういったアクシデントはとても身近になってきている。
世の中こういった処置法は知っていてまったく損はない。と思っていてもなかなか行動に移せない、他人事だと思っているんじゃない?ポキっとグキッとやっちゃった仲間に対して冷静に的確な応急処置ができる?

こんな貴重な機会を参加費500円で受けさせていただいて感謝。
三角巾の使い方、折り方、本結び、毎日練習しようっと。

20091011200450終了後はかいちょー、ぜんとくさんと地元で明るいうちから紹興酒片手にざっくばらんにべらべらおしゃべり。話は広がり無限大の可能性がでてくる。ぜんぜんまとまらないけれど久しぶりに楽しかったなー。そしてみんなそれぞれオリエンテーリングが好き!と言うのは一緒。
明日からまたがんばろー。資料作らなきゃ。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.10.10

マウンテンビア&ラン

堂平山から北の笠山にむかう
20091010110818

マウンテンビアというと高尾山というイメージあるけど(?)、奥武蔵でもできること発見!しかも地ビールじゃー。
のんびり走って歩いてお風呂入って最後にプハー。いや噂の地ビール飲むために無理くり山を5時間かけて越えて行ったのじゃ。
至福のひと時。また企画しよっと。

今回ご一緒したviniさんは今年の有度山ロゲで初めてお会いした。ペットボトルに赤ワイン、今年の夏のアルプスでツェルトにくるまって夜を明かす、、、と目ぱっちりのお綺麗な容姿とのギャップ激しく魅力的~。いつかお山に一緒に行きたいわと思っていたので念願かなったのでありました。他、地元の自転車クラブの3UPメンバー。試走をしたT-bookさんと翌日山耐というのに走ったほうが調子いいというマロンさんとカルパパさん。
いざ地ビールに向けて出発~。

20091010080143おろしたてのINOV-8ロックライト315.
http://www.inov-8.com/Products-Detail.asp?PG=PG1&L=26&P=5050973101

http://www.caravan-web.com/import/inov.html

型落ち+ポンド安のため、ありえない価格でwiggleにて購入。ロックライト295とソールの厚さは一緒(つまり薄い)、しかしソールのプレートが295より固めのため柔らかすぎずフラットに使える、生地ががメッシュすぎずサイド、アッパーの補強がしっかりしているため頑丈。INOV8がエンデューロ用として開発というのも納得。awardとしていくつのも賞をとっているらしい。
私の足にも超ヒット!エンデューロ系、林道、少し長めのトレイルに使えるなあ、オリエンテーリングには295のほうがまだいいね。何より軽いのがいい。315はUK8で315g。たぶん私のは300gない。ブラーSLはヒールすっぽりで安定していいけれどやはり重いし、足さばきがとてもどんくさくなる。信越100kmまで足に慣らしてこようと頑張ってきたけど、これでしばらくおさらばじゃー。
ほんとうはもう1枚厚いソールのロックライト305が欲しい。INOV8、いいシューズだけれど、私には女性用は幅が細すぎるみたい。なおちんにはちょうどよかったようで305の女性版260を譲った。そしたら山耐ではとてもよかったって!
えらく語ってしまった。。。

20091010081118正丸駅を8時10分ごろスタート。実は雨がザーザーふっていてどんより。今日晴れるはずじゃあなかったの?
しばらくして止んだ。


20091010093758今日の一番高い標高は前半1時間ちょっとでカバ岳の897m、そのあとの大野峠の同じく897mと2時間でそこ。あとは基本的に下り基調で徐々に標高を落としながらピークハント。
気持ちのよい広葉樹の中をかけぬける。といっても先週私は山形でロゲ6時間、viniさんは斑尾50kmトレイルを走っているし、3UPの2人は翌日ハセツネだし、、無理はせず本当にのんびりと。なるべく心肺も筋肉も使わないようにしましょう。

2009101010050010時5分(2時間5分)で大野峠。
彼女の左手に注目。silvaの小さなサムコンパスを持ってる!レアだ~。
ロゲイニングやAdventure Divasに参加しているViniさん、地図に興味津々なので、この日はコースの地形図を印刷して彼女にもハイと手渡した。次はどっちの方向に行くかわかる?といきなりテスト!viniさんのまんまるの目がさらにまんまるになる。

20091010104532白石峠を越えて堂平山手前の林道で、MTBで参加のまっちゃんと見事合流。彼、山サイのスペシャリスト。地図ともきっと仲良しのはず。鷹の巣山まで担ぎ2.5時間なんて信じられないけど、そのあとのごきげんなダウンヒルができるからこそ耐えられるんでしょうね。そして美味しいお店をあちこち知っているんです。今度連れて行ってもらおう。軟弱すぎるけど。

1306894730_215アンテナ塔をつないで、堂平山までMTBとランのコラボ!いやー、こんな日が来るとは。






20091010103708ガリガリ走りすぎないように本日の課題を設定。秋を感じさせる植物の写真を撮り、その名前を調べること。
これはツルウメモドキだよね?ロビオさん。リース作りなどに使います。家のベランダに進出しています。


20091010105602_2
10時55分(2時間45分)、堂平山到着。もう半分はやってきた。
これはマユミ。ピンク色がとてもきれい。
ハイキング?のおばさまらに教えてもらった。走ってきたの?そのリュックいいね!とかでお話が弾む。


20091010105915 20091010110427 200910101147032009101011522620091010140103

ここからが本日のメインイベント
(実はアルコール摂取は2週間以上ぶり。信越100km完走のご褒美以来、ホントだってばー)
4杯、とっても美味しくいただきました♪

2009101014150220091010142046
200910101431162009101014545620091010152114

正丸駅ー旧正丸峠ーカバ岳ー大野峠ー白石峠ー堂平山ー笠山ー福祉センター
バスで小川町駅ーいざメインイベントー八高線で帰ってくる
装備
補給


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.10.09

zzz..

8日、adventure divasのnavi&runの下見へ高尾山へ。のはずが台風接近でキャンセル。しかしせっかくのお休み、やるべきことがたんまりある、あれもこれもそれも~~と鼻息荒く取り掛かるが、処理すべきメールを一通りだしたところでその後の記憶なし。

気づけば15時を回っていた。。すっかり晴れている!(今頃?)

Continue reading "zzz.."

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.10.04

白鷹山ロゲイニング

20091004095548

山形で行われた白鷹山ロゲイン、女子・混合の部で優勝!わーい。総合4位。圧倒的に強かった帝王山羊&ぜんとくチームには約250点及ばなかったけれど、それでも、”上出来”と帝王よりお言葉をいただきました。うれしいわ。総合2位、3位の男子チームには約100点、8点届かず。

今回は上品に周って頭脳戦?去年ロマン追い求めすぎたからねー。実線の道でまさかの藪コギには参りましたが。今年も学生時代同期の佳子ちゃんとチームを組みました。彼女、スキーオリエンテーリングの日本代表選手でございます。
3時間までの女子トークで盛り上がり、それを過ぎてからつらそうだった佳子ちゃんの頑張りに拍手。わたしたちがんばった!いったいどれくらいの距離走ったのかしら?

今年も6時間は10チーム前後のエントリーととても少なく残念でした。天地人ゆかりの史跡始め、魅力あるエリアなのに。運営面始めとした改善・工夫がいろいろありそうです。
それでも少人数での運営ありがとうございました。
3時間女子・混合ではなおちん、準優勝!男子優勝者よりも点数高し。
TEAM阿闍梨の山形遠征は楽しく&大活躍で終了。里山アドベンチャーレースもどうやらTEAM朝霧優勝したもよう。

とりあえず回ったCP(時間は後で追加)
S-31-51-43-34-46-72-100-85-(ありえん実線道の藪コギ)-50-40-83-73-39-121-(44ピストンはペースダウンで却下する)-32-45-67-47-37-74-71-36-G
total 1277点

スタート20分前(8:00amスタート)に地図配布。縮尺1;25000でA3サイズ2枚。広範囲。スタートゴール周辺のO-mapも1枚チームに配布される。O-mapにはCPが明記されていないので手書きで地形図に書いてあるCP、○と得点を書く。地形図にはO-mapの範囲が書いていないので、油性ペンで範囲をなぞって見やすいようにした。

佳子ちゃんはバリバリ体力あるものの去年ほどのトレーニング量ではない。私は去年よりかははるかにパワーあるものの100kmの疲れが残っている。今年は無理せず近場を美しく回ってきましょう、ということになった。

会場周辺のCP得点が高い。
最初に高得点エリアを見るが南側は山を越えて登り返す割には得点低い。北の鳥海山も高いがそれをつなぐポイントが少ない。
元気なうちに垂直方向の得点をとるべし。70-90-120のラインを見るがつなぐのがとまどいそうなのと、佳子ちゃんいま一つ乗り気でない。ならばさらに小さく円をかける46-72-100ラインにすることにした。それで余裕を持って会場周辺に戻ってきたら70、90を取ることに。120を足してこの3つは最初に攻めてもよかったなあとは思う。

順調。おにぎり山の文殊山の麓、文殊堂の100で地図に書いてある手前の小道から入ってショートカットしようとするがやはり実際の道はなくなっていた。。。

少し道を探そうとするが、それよりぐるっと実線の道を走って往復したほうが早そうなのすぐに探すのを切り上げてそうする。地形図の調査はしてないようだ。それならそれでよし。でもこの道がないのだったら79-90-120のルートをとったかもって、現地に行ってみなきゃわからないわよね。
ここで、主催者の設置様子を考える。広範囲におけるCPの設置はたぶん車で移動してやっているはずだから、きっと地図調査はしていないだろうなあ。。この推測は後後出てくるシチュエーションでも役立った。

一番東のたんぼ地帯まで降りてきた。舗装道路はあきるのう。85から西へひと山越える実線の道は登っているうち藪がひどくなり、とうとう2mを超える藪に。。。しかし明らかに道の跡はある。そして他のチームが通っている様子もある。ならば我慢してこらえる。
ここら辺で恐らく2時間半。今回の一筆書きでは遠いエリアを回っても3時間近く時間が余ってO-mapエリアに入りそう、かなり余裕と思っていたので、西黒森山の150点も取れるかもと考えていた。が、想定外の藪こぎに時間がかかったのと、佳子ちゃんが疲労しているようでペースが上がらない。39で3時間だろうという予定が40分以上遅れ始めていたので、走りながら地図を広げて後半の周り方をどうするかリスケジュール。

たぶん畑谷城址で4時間、だとすると西黒森山の150点は論外、44ピストンも20分はかかる。それなら確実に71のピストンだなあ、といったところか。その他O-mapを見比べながら細かく進むルートを吟味していた。

83のループ道路をワープしてショートカット、林道でショートカットするが地図表記と違う道がつながっていた。。。
反対側の集落に下りてはきたがどこだかよくわからない、周りの景色と、ここは地形図の地図記号(神社やたんぼ)をさらに読んで、対応させてなんとか現在地把握。集落は特に難しい。ここのはず、、という推測だけで進む。あそこにCPがあるはず!とCP73が見えたときは2人とも大喜び!今回一番うれしかったCPかも。

思ったとおり畑谷城址で4時間、121ゲット!ずっと44を取るべきか捨てるべきか考えていたが、今の状況をみると、残り2時間余裕を持ってO-map内を回って確実に71を取って戻ること、そしたら44はやめにするのはどう?往復20分はかかる、、と提案すると佳子ちゃんOK。

そしてO-map内へ。O-mapのナビゲーションは佳子ちゃんのお役目だったが、リスケジュールをしながらと地形図とのCP見比べるのと、彼女に余裕を持ってもらうためにこちらで読むことにした。
佳子ちゃん、かなりつらそう。がここでこちらも歩くとだらだらしてしまい、さらに遅くなるので、速からず遅からず、一定の距離をもちながらも、ぎりぎりがんばれるペースを維持して引っ張る形に。けれど行く方向、確認は2人で一緒にやる。

かなり余裕を持ってO-map内のCPは制覇。途中やぶがひどかったり地図表記が??と思うが、O-MAPが古く3年前というのを確認すれば納得、地形と方向は間違っていないはずだから、、とずんずん進むと出現するべき道がでてきて一安心。こういう予測と正確でない場合の地図読みはだいぶ慣れてきたかもしれないな。

71からは36を取ってゴールを目指すだけ。70が後ろ髪惹かれるが無理はやめましょう、というか無理。
佳子ちゃんには、同じ得点ならゴールは早い方が順位は上よ!、とここでもムチ打って最後までだらけず走った。

制限時間9分前にゴール!いやー6時間よくやったわ。でも地図をもちながらだとあっという間なのよね。
2人ともがんばったおかげで思ったより高得点!効率よし!
たらればで、今回の回りかたであと取れるとしたら44点と70点
若干ルートを変えるとしたら前半で、
31-51-43-34-70-90-120-100-あとは一緒

わたし、思ったより走れてびっくり。ジョグペースならそこそこ走れるんだなあ。
それでも膝の関節が下りを走っているときにすぐに痛くなったので、やっぱり100kmの疲れは普通にあるね。

装備;
補給;朝食ーおにぎり1、豚汁1
レース中;ウィダーインゼリー2、xx1、お茶(500ml)x 1, コーラ(500ml) x 1
予備;おにぎり1、ミックスナッツ1

写真(最近そのパタン多し;携帯写真。デジカメ写真転送できず)

Shirotaka_sakusenスタート20分前に地図が配布される。作戦タイム中。帝王まじめにプランしているのか?




Shirotaka_startスタート直前。いってきまーす!






20091004082259序盤20分、東黒森山で帝王チームとすれ違う







20091004093703_2文殊堂へ登る参道。両脇のアジサイが6月はきれいなんでしょうね。山形でもあじさい寺として有名だそうです







20091004094151その文殊堂のCP。100点!高得点ゲット~。




Shirataka_rika

20091004100456ラ・フランスが無造作にたくさん実をつけていました。食べたいよー。








20091004120345天地人にゆかりの地、畑谷城跡のCP。121点!今回の私たちの最高得点。ここで4時間。この後の展開に頭フル回転中。


20091004120752
畑谷城跡を下ったところの案内所。400人斬りがあったとか。首洗い池があったらしい。


Shirotaka_finish制限時間9分前にゴールするところ。




Rikadappiゴール後、脱皮しました。


Shirotaka_prizing女子・混合の部で優勝♪


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.03

かぶってみた

かぶってみた
埼玉パークオリエンテーリングツアーズで川越水上公園に寄り道。サクッと走ってこれから山形へ。
いやーさすがに疲れてるみたいで体が重いというより前に進まない。
でもとても良い練習になった。明日は6時間ロゲ。阿闍梨がんばるぞー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.10.01

map beanie

Mapbeanieやっぱりリーダーは等高線が安易、氷河地形なのか?と一言。そこ?ノースのバックのへんちくりん4次元等高線よりまだいいんんじゃない?
帝王はコンター(等高線)柄ブームがくると予測。みんなで地図萌え、地形萌えしましょう(そういえばタカタッタ4の読図パートは地形萌え特集だったね)。
阿闍梨メンバーでおそろい。
http://www.hplusweb.jp/haglofs/html/item/acc/headwear/mapbeanie.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »