« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

2010.09.29

タカタッタ No.6とシンポジウム『森を走ろう』

Trailrunningmagazine昨日ですかな、発売されました、エイ出版のTrail Running Magazine/タカタッタ No.6.

去年TEAM阿闍梨で行った、渋く地形萌えする安倍奥の山伏ー大谷崩れコース案内の記事が6ページに渡って紹介されています。見てね♪いやー、もう約1年経ってしまうのですね、早すぎ。
また、シンムラコシコネクションでありましょう、オリエンテーリングのアジア選手権の記事も2ページに渡って(カラーですよ)紹介されています。こうへいくんとさなぴーもいたよ。なかなか画期的だと思われます。ご覧くださいまし。ヤギ&リーダーのマイナートレイルの走り方、の記事もいいですね。

この手の雑誌、失礼ながらどこも似たような感じ。もう少し自然や他アウトドア愛好者との共生/共有、マナーやルール、安全管理について扱うページを作っていいのでは思います。トレイルコースや選手を紹介するような某総合ウェブも、そういったページは何一つない。
山では当たり前のことだけれど知らなければスルーしてしまう、ビギナーはもちろんトレランに慣れ始めた人たちにも知っていていいことは結構ある。
岩波書店からリバイズされた『トレイルランニング』や最近東京地図出版から発売された『トレイルランニングコースガイド』には掘り下げて書かれていますね。

さて、安倍奥方面、ロゲイニング24hrsの最終トレとして10月末に身延、七面山から入って静岡まで夜通しで(いやホントは温泉でのんびりしたいんだけどさ)ざざーっと行く予定。楽しみ♪

もう1つの紹介は、12/26(日)に立正大学で行われる、シンポジウム『森を走ろう』 アスレティックアウトドアスポーツの現状と課題。
日本オリエンテーリング協会(JOA)・ランニング学会 共催 後援:日本山岳協会(申請中)

村越さんがリーディングし、コーディネーターの山西会長に鏑木さん、正人さんらをパネリストに迎えた、
第1部: 『トレイルランニング:その可能性と課題』

第2部: 分科会
(a) ランナーのための森の走り方
(b) ナヴィゲーションスポーツの魅力
(c) 森の中のランニング大会の作り方
(d) 地域・環境とランニング
定員300名

タイムリー。とても興味深い内容です。こんなにもりだくさんで参加料500円とは安すぎ!(協会・学会関係者は300円)。多くの方に参加していただけたらと思います。

詳細はこちらから(注意!PDF書類)
http://www.orienteering.or.jp/archive/class/101226_symposium.pdf

日本オリエンテーリング協会
http://www.orienteering.or.jp/101216_symposium.html

追記;アドベンチャースポーツマガジンでの紹介(興味深い写真付き)
http://www.adventure-sports-web.com/blog/2010/10/post-127.html

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2010.09.26

多摩川源流トレイルラン

ゴール直後、Aさわ氏と。顔むくんでるー
20100926125806
鶴峠までの下り、前に誰もいなかったのでビュービュー気分よく下っていると背後からぴたっと付いてきている人あり。相当オリエンティアモードになって飛ばしているのにぴったり。峠について振り返ると、なんと3年ぶりハコネ50k以来だろう、Aさわ君だった!そりゃティアです、下り速いです。この後登りで置いていかれるが、最後の下りーゴール直前でまた追いついてデットヒートとなり、面白苦しく走ることができてよかったです。ありがとーございました。
KFCのイベントは4年ぶり(高水以来)だったけれど、アットホームでよいですね。今回も参加人数を330人でむりくりきったそうです、運営体制の安全確保などで。ほどよい人数でよかった、よかった。そして地元小菅村のみなさんとうまく連携をとっていました。某地区でも大掛かりなトレイルレース開催をもくろんでいるけれど、ネックになっているのは地元の理解や協力。こうやって行政なんかを巻き込んでいくのはとてつもなく大変だけれども、新しいアウトドアスポーツを広げていくためには必要なことだと思います。私にできることは小さいことだけれど、ハイカーへの気遣いや、トレイルランナー同士のマナーのこと、気づく限りのゴミ拾いとか。

ざっと携帯電話で時間確認して覚えている時間は、
向山 10:35
小焼山 10:55
鶴峠 11:05
奈良倉山手前 11:55
松姫峠 11:48
鶴寝山 11:59
小菅の湯 12:30
ゴール 12:56(2h56m)

トップ男子みやちさん、2h13m
トップ女子 2h49m
補給;麦茶(500ml) コーラ(500ml) 途中給水水500ml、ウィダーインゼリー2個
水1l所持は義務、相変わらずハイドレーションパックは使わずボトルで済ます。
予備;ナッツ&かきピー系
装備;ファーストエイドキット、TNFジャケット、手ぬぐい、お金3000円、携帯電話(義務)、手袋(義務)
ノースリーブ(low alpine)、ショートパンツ(サロモン)、ザック;サンジェム(グレゴリー)、ハット(FR)、シューズ;Rocklite295(古いバージョン、INOV8)
ノースリーブは尾根線で一瞬寒い!と思った。そんな季節。
20100926114912 20100926115930
松姫峠からもゴキゲンなトレイル。 鶴寝山。牛の寝通りとか”寝”のつく名前多くない?
下ってからもアスファルトのみと思いきや、川沿いのシングルトラック走ったりと飽きさせない。
2010genryu1
2010genryu3
(photo by KFC Triathlon Club)

20100926131402 20100926135922
お久しぶりikeさん♪ さすがお強い年代別1位、yahushigeさん。おふたりは去年走っていらっしゃるとのこと、スタート前いろいろアドバイスいただきありがとうございました!

KFC webサイト
http://www.kfctriathlon.jp/html/home.html

本大会サイト
http://www.kfctriathlon.jp/html/event_trail.html

以下、JNのこぴぺにて失礼しまする。

Continue reading "多摩川源流トレイルラン"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.25

秋ヶ瀬公園でオリエンテーリング

20100925115356久しぶり埼玉県内遠征。埼玉のパークオリエンテーリングツアーに参加。
http://www.orienteering.com/~saitama/event/20100925parkO-akigase.html

NACK5にチャンネルを変え、気分を出してみかん号で行ってみる。
病み上がりには厳しい、ぜーぜー心拍マックス4km、ルートミス1箇所して+40秒。土手切らなければよかった+7秒。トップスタートくもの巣払い、よくやったわ。ナビゲーションは先週のスプリントの反省から1番を慎重に、合わない距離感は歩測しあとは感覚のズレを修正することにつとめた。
17-18は北周り見えたけれど南回りにした。
ラスポーGは斜め前にテントを張ってBBQを楽しんでいたグループのほうに突っ込みそうになった。ああ。
トレーニング不足が顕著。8分ぐらい経つとスピードがどんどん落ちる。

トップ男子もぐさん19分、わたし24分。120%ちょっと増しで走れたのはちょっとだけ嬉しい。1年前は150%そこそこでしか走れなかったのだから、それなりにでもトレーニングしている成果はでているのだろう。
とはいっても、この1,2ヶ月はだいぶだらけていたので(意識的に)、週明けから切り替えてやっていきたい。
コミットもしたし。

さくっと走ってさくっと帰ってきた1日。こういうのいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.20

将棋頭山ーアジャリJOYー

20100920shogi3_2

2日間走ってくたくたなので、時間を気にせずのんびり山歩きしたい、と阿闍梨メンバーで中央アルプスの東の山、将棋頭山(標高2730m)へ登ってきた。とても渋くて静かな山で景色も道もいい。お隣のにぎわっているだろう木曽駒や宝剣、ででーんと構える御嶽山に、南アルプスの山々全て。とてもよかった。
しかし、前夜から胃腸痛が激しくピンチなり。
つづく

20100920shogi2_2 20100920shogi4_2
20100920shogi10

20100920shogi11

20100920shogino_2

20100920shogi5_2

20100920shogi8

20100920shogi6 20100920shogi7


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.19

優勝!クラブカップリレー 駒ヶ根Day2

20100919cc7

#9/23 ルートガジェットにどのようなルートを通ったか記入しました。(コース;BXタジマリカ 30'28)
http://routegadget.ddo.jp/routegadget/cgi-bin/reitti.cgi?act=map&id=17&kieli=ja

今年で最後の開催と言われた日本一のオリエンテーリングクラブを決めるリレー大会で、我がクラブが優勝した。嬉しい!

レポ詳細はこちら。O-News
http://www.o-news.net/2010/09/clubcup2010.php

みちの会ニュース
クラブカップ(最終回)で優勝!
我がクラブも歴史あり;クラブカップリレーの戦績

年に1度はオリエンテーリングをやってみる、楽しんでみるのはどうですか?と休眠中のクラブに誘ってから、みちの会はまた少しずつ動き始めた。そして15年、いろいろなメンバーが走り、この大会そのものをとても楽しんできた。今回も1年ぶり、2年ぶりにオリエンテーリングをする、というメンバーもいる。それでもみなこのリレーを楽しみにしている。勝手に埼玉ダービー(埼玉のクラブ内のあらそい)なんていうのもやってきた。そんな大会で、最後に自分のクラブが優勝した、、というのはとても嬉しい。クラブでオリエンテーリングを楽しむ機会、クラブ活動の機会ををずっと作ってくださってきた主催者の方にはとても感謝しています。ありがとうございました。
当時最年少だったわたしも、今ではチーム(A)で2番目の年長者となっちゃった。新しい会員さんが増えて新しい風が吹いています。楽しくクラブ活動をすること願っています。

・みちの会は基本レギュレーション通りに女子1人(6人リレー当時)、女子2人(現7人リレー)でやってきている。それができなかったのは過去2度だけ?女子2人を使って優勝したのは、ときわとみちだけかな?

・この6,7年はAチーム決めはセレクションをきちんと行っている。しかも2回。今年の1戦目は東大大会、2戦目は夏合宿の独自セレレース。

・Bチームもなんだかんだで30位。すごい。女子3人が走っている。14歳なっち、未来のエースもがんばる。

個人のレースとして
・今年はきちんと走れて役割を果たせてほっとしているのが正直なところ。これも今年になってからトレーニングを始めたこと、オリエンテーリングをやっている回数が増えている、という裏づけがあったからこそ、自信を持って望めたのだと思う。

・ミスは珍しくしていない、よくできたレースだった。前日のスプリントで距離感がつかめなかったこと、はやる気持ちを抑えられなくて直進の手続きがおろそかになってしまったので、この日はどこでもベアリングをしてきちんとプランを立ててから動き出すこと、歩測をムリクリでもすることに集中。中盤からは登りが続くから何が何でも追い込み続けること。

・S-1ですでに多くのチームを抜かしたよう(順位23位->7位)。そこから中盤の登りレッグまでは、静岡、渋谷、京葉とパックで走る。のぼりレッグで静岡においていかれるが、渋谷、京葉はまだ一緒で背中が見える。最後の尾根を切るところで渋谷においていかれるが、逆に京葉を離してゴール。周囲に選手がいたからだらけずに走ることができたと思う。ありがたし。ただフィジカルの部分であと1分縮めたかった。

・実はおおた監督から数週間前に走順を聞かされたときは(2走)、ふーんとしか思っていなかったが、前日の夜のミーティングでプログラムを初めて読んで(すみません)、4,5走より難しく長くUP多い、というのを知る。男子選手がほとんどの中でどういう役割で走るか。S-1までの走りと手続きを頭の中でシュミレーション。
イメージではトップタイムから5分以内で走りたい。トップチームから10分以内で、集団の後ろでいいからくらいついて走って3走につなぐこと。結果はトップチームからは5分弱ビハインドでタッチできたそうでよかった。チームの流れを作れたもよう。個人的にはトップタイムから4分ビハインドで120%弱で走れたのでよかったことにしてしまおう。

・緊張して眠れなかったとか、森の中でパックでリレーを走ったというのは、とっても久しぶり。こういうのもたまにはいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.18

駒ヶ根 Day1

20100918sprint
IB teamの写真を撮っているメンバーのかたがた

terrible day again.
でも翌日のクラブカップリレーで何をやるべきかきちんと整理できたのでよかった。厄落としの日。
ということでこの3連休は長野の駒ヶ根高原、中央アルプス方面に。3周連続中央道利用なり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.13

藪こぎな週末;富士山麓ロゲイニング

20100913fujisanroku
この週末はナビゲーションサミットと題したオリエンテーリング&ロゲイニングイベントで、またまた富士へ行ってきました。フルスタッフで参加。

さっそく富士山麓ロゲイニングのレポートがMNOPのウェブサイトに掲載されています。今後、写真等も掲載されると思われます。
http://homepage2.nifty.com/MNOP/houkoku/hujisanrokurogaining.htm

大会当日、フルスタッフは7人、うち2人は競技エリア内のハッシュハウス(エイドステーション)に向かったため、動ける人が少なく、あわわとしておりました。えーと参加者は200人ほど。

13時を過ぎてから、はハッシュハウスの様子を見に行き、そのままフラッグの撤収に入って17時過ぎにひっそりとしたこどもの国に帰還。皆さんの声を聞いたりお話をする機会があまりありませんでしたが、、写真を撮らせていただいたり、ごあいさつしたり、ちょびっとお話ししたりと楽しかったです!疲れていてもカメラを向けるとにっこりしてくださり、ありがとうございました。またお会いするのを楽しみにしております♪

藪こぎな2日間はこんな感じ。

土曜;午前中、CPの設置、トレーニングを兼ねて。森の中はたいしたことないだろーと手足フルカバーしなかったら、当たり前だけれど普通の富士の森で、藪と倒木にやられ、血だらけ、傷だらけになる。あぁ。
すっかりノルウェーーの細かい地形のナビゲーションに慣れてしまったか、1;25000の縮尺地図、等高線間隔10mにまるで対応できず、最初のフラッグ設置で10分もさまよう。
それにしても今回の地図は等高線は見事なまでの正確さで描かれている。オリエンテーリング地図の縮尺が1;15000が1;25000になっただけ。なるほど、リーダーが興奮していたのもわかります。ただの地形図とはえらく違う。こういう地図でロゲイニングやりたいなあ。

土曜;午後 ナビゲーション講習会。ガッツ直進、藪の中も行くのジャー、とややスパルタ系。でもみなさん、直進当たって嬉しそう。基本ができているつもりでも改めてやってみるとできていないことが多い。その気づきの点でもよかったかな。ポイントはきちんとヘッドアップして進む方向を決めて進むこと。等高線間隔や地形は実際どうなっているかを理解すること、距離感が合わなければ歩測をすること。

土曜;夜
交流会と事務作業。交流会、コイちゃんのマニアックなクイズにうける。お疲れ様でした!冬チームメロンゲット!BBQも沖縄、鹿児島(桜島)、山口、初オリエンテーリングな人たちと一緒で楽しく過ごす。

そんな時間もつかのま、23時過ぎまで翌日の事務作業。4人で200人分を操る。リーダームラコシの頭の中はアウトプットされてもやはり難しい。TEAM阿闍梨の大型新人であるたえちゃんと2人でプンスカになる(しかし巨大蛾を一瞬にして処理してくれ、一気にリーダーの株が上がる。)。
それにしてもリーダー、この1か月尋常でない忙しさだ。ノルウェーー>フランスー>朝霧トレランー>ロゲ。1人でほとんど準備、わたしたちはただ指示に従うだけ。ちなみにフツーに昼間は仕事をしている。地図ができあがったのはロゲ開催4日前だとか。さすがに土曜の午前中はくたびれていた様子。しかし夜のBBQでぱーみーな女子らと一緒になり、すっかり元気になっていた。そんなもんですかね。
そして隠れスタッフで、MTBを使って機動力高しのサキコ嬢と、まっちゃんのヘルプはとても大きかった。
さらには当日、あわわしているスタッフを助けてくださった、やさしい参加者のみなみなさま。本当にありがとうごじました。

にぎわうハッシュハウス
20100913fujisanroku2
日曜;朝
少人数スタッフがんばれー。オリエンテーリング運営は百戦錬磨のたえちゃん、やはりとても優秀。機転がよくきく。しかしロゲ運営は初めて、ハッシュハウスも初めてで不安のよう。きっと大丈夫!あとはよろしく、と全部任せ、やまざきさんとともにみかん号1セットを送り出す。

わたしのほうは、ゲートでロゲ参加者チェック、6、3時間のスタートのお手伝い。他もろもろ雑務。
3時間前半の制限時間の間に、ロブへお伺いをを兼ねて、富士オリエンテーリングシリーズのこどもの国スプリント予選に出場。公園内だもん、半そでショートパンツで大丈夫!と思っていたら、藪こぎ続発。おまけに1個コントロールとばすとか、現在地ロストで途方にくれるとか、もうだめー。15分で終わると思いきや30分もかかり、スプリントでなくなる。ロブからはフルカバーで走らなきゃだめといわれ、こどもの国はどんどんグリーンが増えているよね、、なんて話をする。確かに昔はオープンなエリアも今やグリーンばかり。たぶんここでオリエンテーリングするの5,6年ぶりだと思う。久しぶりにシホコに会って、楽しく毒舌トーク。お互い相変わらず絶好調なり。

昼間;3時間クラスの前半チームのゴールを見届けた後、この2日でよーくわかったよ、きちんとやぶコギ対策をしフルカバーにしてCP撤収モードへ突入。当初は表彰式担当だったが、フラッグ撤収人数があまりに足らず急きょ変更になったのだ。
途中ハッシュハウスに寄って様子をみてきた。6時間の部は制限時間まで残り1.5-1時間。ここは参加者の生の声や姿を見られるのでとても面白い。ゴール目指してがんばれー。

夕方;撤収もやはり難しかった。。。テレイン北西部の難しいエリアに突入。何が難しいかと言うと地図読みでなくて、やっぱり藪との格闘なのである。地図は正確なので歩いていれば、コンパス直進もきちんとできて、思ったとおりフラッグが見えてくるので問題なし。しかしその周辺は藪で進めず、、、とかね。

いやー、私でさえこう思うのですから、競技中の参加者のみなさんは大変だったのではないでしょうか。それにこの暑さ。今年は異常。

でもね、こんな藪を漕いだり、道じゃないところを進んだり、溶岩ゴロゴロの沢の中を歩いたりって、そー簡単に経験できないと思うのです。そういう意味でも今回のロゲイニングは何かしらのインパクトを与えたかもしれない。

それにしても先週よりずっと暑かった。そして2日間、緑の藪にやられまくりました。
イベント終了後、寄った温泉の湯船でひょえーと声を出して痛がったのは言うまでもありません。Mモード最高潮でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.09

29 2 days

普段お肉はあまり食べないのでありますが、今週は肉の嵐なり。
がっつり走ったり酷使した後に肉食べたい~と思うのは本能なんでしょうかねえ。そういえばクタクタの後は、コンビニに寄ってフライドチキン系とコーラとプリングルズのサワークリームオニオンを買っていることが多いかも(これにうなずく人は多いはず!?)。

火曜は航空公園トレが終わった後、以前から気になっていた韓国料理屋さんへ偵察を兼ねて、みなで夏のお疲れ様会。ででーんとしたお肉の塊を、きれいなおねいさんが焼いてくれて(ポイント高し)、韓国らしくチョキチョキハサミで切ってくれました。サイボクとか狭山茶おにぎりとか地域密着なメニューもあって、ここはいいかも。

20100907210231 20100907212557 20100908185123
水曜は、同僚女子4名で、勤め先近所にあるとてもローカルな焼肉屋さんへ。いやー、美味しかった!タンがめちゃくちゃ厚かったよ。でもさすがに2日目になると厳しく、キムチと炭水化物じゃ~とどんぶりご飯で、すぐに満腹。でもみな米や野菜には目もくれず、ひたすら肉を食らっていた。最近の女子が肉食系、、というの、ひしひし実感(そこ?)。かないませんのう。

本日さすがに胃がキリキリ。しばらくお肉いらない~。いえ、ごちそうならいつでも参ります!!
って、今週土曜は富士、ジャンボでBBQではないか。。。

--追記--
GPSトラッキング;富士山麓ロゲイニング
9/12(日)に富士の森で開催される富士山麓ロゲイニングで、3時間、6時間の有力チームはGPSを持ってもらい、競技中の軌跡をwebや携帯電話で閲覧できるようになります。
日曜、お時間ある方、興味ある方、ぜひご覧ください。ヤギ帝王&コイズミ全日本チャンプのチームがどう進んでいるか、、なんてとても面白そう。
ーー以下引用ーー
日本ロゲイニング協会の協力で3時間のチームと6時間の有力チームを対象にGPSトラッキングを行い、その模様をウェッブや携帯で配信します。GPSトラッキングは、今後のロゲイニングの参加者の安全を確保するとともに、PR活動の一つとして検討・実験しているものです。
 詳細は以下をご覧ください。
http://www.rogaining.jp/index.php?lang=ja

お友達や家族に自分の勇姿を見てもらうチャンスです!

【3時間の部参加のみなさまへ】
 トラッキングは6時間の部スタートの9:30より行いますが、3時間に出場する選手はスタート以前には閲覧しないでください。

イベントウェブサイト
http://homepage2.nifty.com/MNOP/event/hujisanrokurogaining.htm

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.06

朝霧高原トレイルランニングレース2010

20100906asagiri_start
スタートエリアの朝霧アリーナ。来週は朝霧ジャムが開催ですって。この後レース中の写真は撮るのをやめました。余裕がなかったのではなく、携帯電話をまた落としてしまったらいけないので、ザックの奥底に眠らせたのでした。。。我ながらよくわかっている。
スタートでは昨日divasのファンファントレイルに参加されていたみなさんや、他divasで出会った方々と会う。


20100906asagiri使用前ことスタート前。Emilineさんと。とってもかわいい方です~。娘のピーチ姫もかわいい☆
ミドルの部で年代別優勝ですって!!素晴らしい♪写真みるとワタシのザック、でれーんとしてますね。いきなり本日おろしたてぶっつけ本番の使用。ルーファスの女の子版。


20100906asagiri2レース前半の登りで、ヘルメットを被っていない、スタッフのサキコ嬢に遭遇。まずい、ファンランすぎるのが写真でもばれてるよ。
『リカさん、なんでこんなところにいるの?』ー>それって順位のこと、そもそもレースに出ていること?なぞだ。周りに失礼にならぬよう無言でいると、
『リカさん、太りましたか?』、『むくんでるんじゃない?』、『あ、そっか。』
と周りが聞けば失礼100倍な雰囲気気がしないでもないこの2人の会話。フツーにバイバイする。

使用後いや、ゴール後
<<ぐったりしている写真がリーダーから届くはず。>>

いやー、今年はさらに暑かったなー。標高800mもあるのに異常。竜ヶ岳はガスってしまい涼しかった。
それでも朝霧高原満喫しました。とっても楽しかった。ハイカーさんが少なかったのもあるけれど、挨拶したり、応援してくださったり、道を譲ってくださったりでありがたかったです。
このエリア、なんで惹かれるのかなあと、考えたら、子どものころからこの場所を通るたびに(富士でのオリエンテーリングイベントの行き帰り)、裏山の杉林とは違ったフィールドなのが印象にあるんだよね。めったに見ないパラグライダーもやっていたし。そういう思いもあるのかもしれないですね。また11月ロゲイニングでお世話になります♪

装備:写真な感じ。サングラス先週山で紛失したため、目の日焼けがひどかった。調達せねばー。
補給:

リザルト 総合:63位/約350人、女子:4位/38人

ロング総合
http://treknao.com/asagiritrailrun/result/u671du97272010_lap_a_b_c_d_e_f.htm

ロング女子
http://homepage.mac.com/camp_asagiri/_userdata/u671du97272010_lap_e.htm

ラップ解析;オリエンテーリングで使うSIカードを使用したので、分析しやすい。
序盤139位から後半ぐりぐり順位を上げた。やっぱりねー。というかみなが落ちてきた。
竜が岳からの下りは総合で15位!なのがとっても嬉しい。
全体の巡航スピードはトップの奥宮さんの139%。オリエンテーリングでも今は男子トップ選手もしくは、世界の女子トップ選手と比較しても同じような数値でしか走れないのだが、ランでも同じような数字になっている。

自分のラップ
今年 去年
2253 2209
3713 3458 今年はここで?トイレによる
3450 3536
1853 1815
5402 5421(竜ヶ岳一気登り)
2054 2523(竜が岳から一気下り)
3641 3632
837
1954 2942
(2831)
2654 2850(溶岩枯れ沢ゴツゴツ)
4'40'51 4'45'46

去年のレポ
http://rika.cocolog-nifty.com/rika/2009/09/post-afbf.html

イベントweb
http://homepage.mac.com/camp_asagiri/diary/pg333.html

今週末も富士だわ。中央道渋滞にはまらぬよう策を練るべし。御殿場の美人の湯に入って、魚啓で夕ご飯だな。

ーーレポ: ちょこっとジョグノートに書いたのそのままで失礼しまするーー
去年よりタイムは5分短くなっただけ。4時間半はきるだろうーと思っていたけれど、ちょっとのんびりしちゃったよう。去年のコンディションよりもさらに暑かったのは影響しているかもしれないけれど。

ラップを比べてみると竜ヶ岳の下りで5分早くなっていて後は大して変わらずだった。すでに去年は下りで足が攣っちゃったからねー。今年は気持ちよくビュービュー走れた。
客観的に見て、順位、総合タイムはたいしたことはないかもしれないが、自分の中の評価は去年に比べたら全く違う。

去年はオーバーペースで竜ヶ岳下りですでに足が攣ってしまい、タイムは落ちる一方だった。今年はペースは去年と変わらず、前半は抑え目、後半もペースダウン少なくむしろ元気。このままなら70キロぐらい持ったかなあと言う感じ(ゴール上りはきつかった!)。すっかりロング仕様になっているみたい、というか 30kmの短いレースをあまり走ったことないから、いまひとつ程度がわからない。

リザルトを見てみれば、2,3位には数分だったので(3位はまりこちゃん!)、最初から突っ込んでスピードをだせばよかったかかしら、そういえば前半押さえすぎたかなあとも思ったけれど、それは結果論だし、今回は結果を出すことよりも 11月の24時間ロゲイニングへ向けてのトレーニングと現状把握、ペースを落とさず余裕を持って走ること、、を目標にしていたので、クリアできたことが嬉しい。

これも今年1月末から5年ぶりに再開した、それなりにでもやっているトレーニングの成果が出ているのだと思う。9ヶ月間ロングディスタンス (10km以上)の練習がほとんど出来てない割にはよく持った。1年で5mmぐらい進化したかも。のろい歩みだけれど。トレーニングの裏付けを実感できたことがとても嬉しい。

7月の野沢野65kmトレイルでは11時間走っても懸念のちょうけい靱帯をはじめとした故障はしなかったし、今回それなりのペースで35km走れたし、あと2ヶ月しかないけれど、ロングディスタンスの練習をしっかりして、世界選手権に望みたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.09.04

FUN FUN トレイルin山中湖

20100904divas_2
明日、富士の朝霧高原でトレイルランのレースに出るので(35km)、富士をぐるーと挟んで東の山中湖でやっている、Adventure Divas/The North Face主催のFUNFUNトレイルへ寄り道して遊びに行ってきた。

Adventure Divas
http://www.adventure-divas.com/

イベントレポ
http://ameblo.jp/adventure-divas/entry-10641065300.html

20100904divas2いつも車で通り過ぎる場所にこんないいトレイルがあるなんて!ぶなの森に、あたり一面のススキ野原、そして三日月みたいな湖。残念ながら朝くっきり見えていた富士山は山の上からは見えなかったけれど、景色とトレイル満喫!気持ちよく15kmぐらい走ってきた。それにしても女性陣はいつ見ても華やかでございます。そしてみなさんとのおしゃべりも楽しかった。

20100904divas4今日のFUNFUN講師は、飛脚こと西村さん。富士五湖ウルトラで優勝したり、スパルタスロン246kmを31時間で走ってしまう、すごい人。今月末はそのスパルタスロンへのレース参加でギリシャに遠征予定だそう。練習の工夫やレース中のお話など、とても参考になりました。実は西村さん、なんと3年前の第2回奥武蔵レクロゲに参加してくださっっていたのでした!

10月のFUNFUN奥武蔵は、西村さんと一緒に講師役をつとめます。

20100904divas3最後のロードでは、なんと偶然に静岡OLCテニス部のH本夫妻に遭遇!明日はロードレーサーで富士山ぐるっと200kmのイベントに参加するんですって!そういえばロードレーサー、湖周辺とっても多かったなあ。ロゲイニングにオリエンテーリングに自転車にと、なんてアクティブで素敵なご夫婦なのでしょう☆

明日は竜ヶ岳に登るの楽しみ。反対側の富士が見れるといいなあ。久しぶりにセンターのみなさんにお会いするのも楽しみ♪朝霧高原を満喫してこよーうっと。ソフトクリーム食べよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »