« 秋ヶ瀬公園でオリエンテーリング | Main | タカタッタ No.6とシンポジウム『森を走ろう』 »

2010.09.26

多摩川源流トレイルラン

ゴール直後、Aさわ氏と。顔むくんでるー
20100926125806
鶴峠までの下り、前に誰もいなかったのでビュービュー気分よく下っていると背後からぴたっと付いてきている人あり。相当オリエンティアモードになって飛ばしているのにぴったり。峠について振り返ると、なんと3年ぶりハコネ50k以来だろう、Aさわ君だった!そりゃティアです、下り速いです。この後登りで置いていかれるが、最後の下りーゴール直前でまた追いついてデットヒートとなり、面白苦しく走ることができてよかったです。ありがとーございました。
KFCのイベントは4年ぶり(高水以来)だったけれど、アットホームでよいですね。今回も参加人数を330人でむりくりきったそうです、運営体制の安全確保などで。ほどよい人数でよかった、よかった。そして地元小菅村のみなさんとうまく連携をとっていました。某地区でも大掛かりなトレイルレース開催をもくろんでいるけれど、ネックになっているのは地元の理解や協力。こうやって行政なんかを巻き込んでいくのはとてつもなく大変だけれども、新しいアウトドアスポーツを広げていくためには必要なことだと思います。私にできることは小さいことだけれど、ハイカーへの気遣いや、トレイルランナー同士のマナーのこと、気づく限りのゴミ拾いとか。

ざっと携帯電話で時間確認して覚えている時間は、
向山 10:35
小焼山 10:55
鶴峠 11:05
奈良倉山手前 11:55
松姫峠 11:48
鶴寝山 11:59
小菅の湯 12:30
ゴール 12:56(2h56m)

トップ男子みやちさん、2h13m
トップ女子 2h49m
補給;麦茶(500ml) コーラ(500ml) 途中給水水500ml、ウィダーインゼリー2個
水1l所持は義務、相変わらずハイドレーションパックは使わずボトルで済ます。
予備;ナッツ&かきピー系
装備;ファーストエイドキット、TNFジャケット、手ぬぐい、お金3000円、携帯電話(義務)、手袋(義務)
ノースリーブ(low alpine)、ショートパンツ(サロモン)、ザック;サンジェム(グレゴリー)、ハット(FR)、シューズ;Rocklite295(古いバージョン、INOV8)
ノースリーブは尾根線で一瞬寒い!と思った。そんな季節。
20100926114912 20100926115930
松姫峠からもゴキゲンなトレイル。 鶴寝山。牛の寝通りとか”寝”のつく名前多くない?
下ってからもアスファルトのみと思いきや、川沿いのシングルトラック走ったりと飽きさせない。
2010genryu1
2010genryu3
(photo by KFC Triathlon Club)

20100926131402 20100926135922
お久しぶりikeさん♪ さすがお強い年代別1位、yahushigeさん。おふたりは去年走っていらっしゃるとのこと、スタート前いろいろアドバイスいただきありがとうございました!

KFC webサイト
http://www.kfctriathlon.jp/html/home.html

本大会サイト
http://www.kfctriathlon.jp/html/event_trail.html

以下、JNのこぴぺにて失礼しまする。

ーーー
実際は25kmもないんじゃないかな。KFCスタイルであります。
この日は安達太良山でOSJ、菅平、三河とトレイルレースがあったので、去年同様100人前後でこじんまりしてるかなーと思いきや、300人も参加が合ったようでびっくり。女子率も高し。昨今のトレラン人気がうかがわれます。

さてわたし。昨日で疲れたか、行くかどうか悩みつつ朝うだうだ準備をする。
案の定腕時計を忘れていた。。携帯電話でどうにかなるかなあ。
こんな注意散漫、集中力が欠けている状態では怪我をするかもしれない。気を引き締めないといけない。

最初の登りは抑え目。でも女子優勝者は走っていたよう。お話を聞くとやはり国際マラソンランナー、3h15mは当然、走りこみは400-500kmだそうです。オントシ53歳。恐れ入ります。まだまだワタシはひよっこ怠け者。そんな彼女はのぼりとフラットで稼ぎ、わたしは下りで稼ぐという展開だったよう。7分差で女子総合準優勝、総合40位前後(約300人)でありました。
でもそれよりもファンラン。山走りを楽しむこと。思っていた通り小菅周辺の森もトレイルも素晴らしい。樹齢1000年のトチの巨木も見ることが出来た。幸せだー。
ファンランで今回のコース+大菩薩&牛の寝通りを合わせて10時間ぐらい走りたいなあと思いながら走っていた。

ちなみにすぐ飽きるので、地図を片手に現在地確認しながら走っていました。

レースが続いていたせいか、レース中突然、もうレースはいや、トレイルランのレースはもうお腹いっぱい、のんびり走りたい、来週の斑尾50kmDNSしたい、とマイナス思考になってイヤになった。それを忘れさせてくれたのはやっぱりふかふかのトレイルと広葉樹の森と好意的なハイカーの皆様、数少ないスタッフのみなさまでした。
ありがとうございました。

|

« 秋ヶ瀬公園でオリエンテーリング | Main | タカタッタ No.6とシンポジウム『森を走ろう』 »

Comments

お疲れ様でした~

ファンランで2位はすごいです~

結局、ビュービュー走れて、斑尾も前向きに考えられるようになったのですね
良かったデス 楽しんで来て下さい

また次回、宜しくお願いしまーすm(_ _)m

Posted by: ike | 2010.09.26 23:12

☆ikeさん
お久しぶりにお会いしてお話できて嬉しかったです♪巨木、幸せでした。
斑尾はペンディングです、ふぅ。
次の奥武蔵、ご一緒するの楽しみにしています!

Posted by: rika | 2010.09.27 21:03

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多摩川源流トレイルラン:

« 秋ヶ瀬公園でオリエンテーリング | Main | タカタッタ No.6とシンポジウム『森を走ろう』 »