« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

2011.07.30

ぐるり奥武蔵3/5 + @

20110730130844

0820はんのう市役所駐車場-高麗峠ー0900セブンイレブンー日和田山西ー950北向地蔵ー諏訪神社ー1050/1120顔振峠ー1155関八州見晴台ー1255ツツジ山ー1300刈場坂峠ー1340旧正丸峠ー1400/1410正丸峠ー1435伊豆ケ岳ー1550子の権現西ー1620竹寺ー1650小殿バス停ー(ワープ)ー1705さわらびの湯

約38km/up1300m 実走 約7.5hrs

装備:
補給:
この時期の給水補給可能場所(主に自販機)
富士見茶屋(日和田山ー物見山間)、顔振峠の茶屋、高山不動グリーンライン沿い(関八州から下る)、正丸峠の茶屋、子の権現、竹寺

この週末は由紀さんと北アルプス新穂高温泉ー三俣山荘をベースに2泊3日の山行に出かけるはずだったが、残念ながら悪天候のため中止。急遽空いた週末をどう使うおう。小雨程度なら近所を走ろう!ということにした。
ゆっくりで走っても歩いてもなんでもいいから、長時間運動し続けること、登ることを目標。幸いお天気は小雨、涼しい。これなら地元の奥武蔵でもできそうよ。

ならばそんなコースにしたことないルートをつなげて上記の通りに。ぐるり奥武蔵のコース途中まで、そこから外れて竹寺方面にしてさわらびの湯ゴールにしよう。温泉&ビール。ご褒美がないとできないや。疲れたら途中いくらでも下山できる。それが奥武蔵の良いところ。下山ルートの先には西武秩父線の駅が必ずあるのだ。体調を見て判断しよう。

スタートの駐車場は、本日サイクルクラブ3UPのMTBツーリング。なんと宮内サキコ嬢がいた。三上てんちょーに稽古つけてもらいにきたらしい。イタリアのマウンテンバイクオリエンテーリング世界選手権まであと2週間。上位進出の期待がかかる。応援してるよ!

どうやらN@mikiおやびんが少し前を走っているようだ。メールしてみたら日和田山手前でおやびん発見、関八州見晴台で終了予定だったらしいが、最後までご一緒してくださった。スローペースにお付き合いしていただきありがとうございました!

北向地蔵ー顔振峠間にある諏訪神社はとても趣があっていい。10月には獅子舞&神楽を披露するお祭りがあるそう。トレイル&ハイキングついでに観にいかれてはいかがでしょう。ただ走るだけでなくその土地の文化を知るのはとてもよいと思います。

尾根線は風がとても涼しく気分よし。雨は降っていない、雲の中。ただし湿度が高いので、ものすごく汗がでてくる。

顔振峠(標高500m)でmimiさんらに会う100km日本代表選手の女性もいて華やかながらつよそなグループ。その後Mepannaさん、Mさんとも。嬉しい再会。
_ 20110730110127グリーンラインはさすがに来週の奥武蔵ウルトラマラソンの人々いないだろうと思ったら、顔振峠で3年ぶりお久しぶりmimiさん、も1つグループでMepannaさん、Mさんにお会いした!補給の黒糖おいしかった、参考になりました!とっても嬉しかったです。来週良い走りを!


関八州見晴台(標高770m)はガスの中、真っ白。
20110730115829関八州見晴台を過ぎると、広葉樹が目立ち始める。明るくて気分よし。ブナ峠周辺のピークはやはりブナの木だったのでしょうか。きちんと調べよう。




飯森峠にあるアンテナはNACK5の親局なんですって!なるほど標高高いところにあるから、どこでもよく入ってくるのね、納得。

刈場坂峠(標高818m)からは北西に上州の山々が。地図で同定
20110730130129
カバ坂峠につく頃には晴れてきた!いかん、夏の天気だ!





旧正丸峠は昔からある峠らしい峠(美しい鞍部!)。奥武蔵の中で一番好き
20110730134209この日の最高標高点は伊豆が岳(851m)ではなく、実は無駄に登った(いえ、トレーニングになりますし)ツツジ山、879mであった。






正丸峠(標高636m)で冷たい飲み物購入。越えきた山々を見て想いにふけ、遠く都心方面をみる。
20110730140614

伊豆が岳(標高851m)。女坂は崩落のため通行禁止。迂回路を。
20110730144008
夏の伊豆が岳ー子の権現は初めて。なんで周りの景色がほとんど見えないんだろうと思ったら、広葉樹で葉っぱがあるからだ!いつも秋ー冬なので葉が落ちた状態なのよね。とても新鮮だった。

それにしても5時間走った後の伊豆が岳ー子の権現間が思ったとおりボディーブローすぎてくたびれた。奥武蔵グリーンライン沿いの顔振峠から先のトレイルも無駄にアップダウンあるが、ロードに逃げずアップダウンを繰り返しボディーブロー。それにしてもずいぶ衰えているこの体。

竹寺(標高470m)でも冷たい飲み物購入。生き返る。
20110730162117
竹寺からさわらびの湯まではいつもなら仁田山峠まで尾根トレイルを走るが、今回は温泉営業時間クローズが迫っていたためすぐにロードに降りる(しかしどうやら18時までなく19時になったらしい)。そこからまだ3kmはロードを走らなければならない。

コーラが飲みたい!ロードを走るのイヤだ!お腹すいた!とやや駄々をこね始めたおやびん。装備は半分の時間・距離分ですもの、つき合わせてすみません。お詫びに途中で黒ゴマせんべいを差し上げるが、水がない中しょっぱい乾き物はさらにきつかったようで。

やっと人里降りてきた!
280769_135600706527469_100002326218小殿バス停に降りてきた!バスの時刻表をみるとなんと5分後にバスがくるではないか!2人ともあまりお金を持ってなくてややピーンチだったが、なんと目の前にATMが。うんよくキャッシュカードもビニル袋に入れていたのでお金を引き出す、わーい、引きが強い。これでビールものめるぞ。





バス乗っちゃった♪
20110730165842それにしてもここまで走ってきたのにバスに乗るとはね。いえ、時間の短縮。バス停3つ分乗り、あまりに汗をかきすぎてビチョビチョだったので座らず(座れず)。たった3分でさわらびの湯へ。




がんばったご褒美の温泉とビール!天然の冷房、風がとても心地よい。
20110730174404飯能まで戻るのにバスでたった40分。そんなものです。が人足、すばらしい。

実は冬から1.5kg太ってしまっているため、脂肪燃焼のためのダイエットランだったという話もある。まだまだ続けていかないと。

本当ならこの日は12kgぐらい背負って北アルプスの山を歩き登るはずだったのだから、これくらいやってもいいよねー。

久しぶりに長時間、時間も距離もスピードも気にせずきままでリラックスした時間。7月は長時間2回走ったけれど、いずれもロゲイニングでレースだったものね。

いくらでも途中で下山できたが、致命的な故障や怪我やアクシデントがなく、涼しくて日も長い、ただ疲労がたまっていくだけだったので、仕方なく?前に進んだような。去年の野沢温泉トレイルレースを思い出した。それにしてもまさか奥武蔵で旅を味わえるとは。振り返れば、横を見れば、通ってきた尾根線を見ることができて嬉しくなる。とても楽しかった。

2ヶ月の休息を経て8月からトレーニングを再開しよう。週4日からせめて5日へ。サボっていた補強トレもきちんとやろう。
横に割れた腹筋を縦に戻さないと。。。

| | Comments (2)

2011.07.29

朝のトレイルー17

20110728inov8雨のため2週間ぶりに朝のトレイル。しかも木曜も雨だったため翌金曜、本日に変更。おやびんおニューのTaron212.細身のシューズ。いいなあ履けて。わたしにはムリ。
多峯主山から下りてくるとヤギ君が登ってきた。その後3人一緒で宮沢湖外周を。みなinov8のシューズというのがオモシロい。

やっぱり朝のトレイルはいいね。仕事のストレスも吹き飛んだ。いやまたストレス受けに会社に行くんだけどさ。

1.5hrs/14km intensity-2

| | Comments (0)

2011.07.24

ぐるぐるナビ奥多摩I・FUNFUNトレイル奥多摩の下見

ぐるぐるナビ、基礎編1と2は、今度は場所を変えて奥多摩へ!わたしにとっては地元の奥武蔵を離れて未知なるフィールド。新鮮。地形も地図記号もいろいろなものがまた奥武蔵とは違う。

かの山耐の会場である五日市の地域交流センターが午前中の屋内講習の会場となるので、それに近いフィールドはどこがいいかと地形図を見ながらフムフム探していた。地形図には書かれていないけれど、ここは公園だしこの先の尾根にはきっと道があるはずだ!と思っていろいろ調べたら案の定ハイキングコースの道がついていた。さらには近くに滝があるので、こりゃ8月真夏の開催にはちょーどいーだろーと、ポーリンに得意げにこのコースどうと話したら!な、なんとナビ講習の1週間前にやるFUNFUNトレイルとどうやら途中までほとんど一緒のコースではないか!なんという偶然。

ということで地図を片手にうんうん唸りながらでも&うっとり地形萌えしながらでも、ルンルン楽しくトレイルを走ってもどちらでも楽しめそうなコースを下見してきました。

20110724084742と、その前に、今日はその五日市でAdventure Divasがトレイルラン初心者の女性限定イベント『シンデレラトレイルラン』をやるというので、いったいどんなもんなのかしらん、ウワサに聞いている華やかな世界をチラ見するべく、フツーにハイカーの格好でこっそり見学。
http://www.adventure-divas.com/event/funfun/cinderella/

思ったとおり華やかな世界でありました。ステキ☆(わたしにはムーリー)。
なぜかバスを待つ列の先頭に王子?なターザン誌のU氏が。。。取材と思いきや部活動で35kmトレイルを走るとのこと。ガッツです。

20110724083250さらには輪行をしてきて、これから自転車で都民の森まで行く!というトリコちゃんを発見。お久しぶりでございます。久しぶりなのに、どうしてかな、お互い胸ちっちゃいなーとか色黒いなーとかそゆ話で盛り上がる。よいトレーニングできましたか?

20110724101252さて、スタート。地図を見ながら、これ使える、ここでこんなことできそう、、あ、写真撮らなきゃ、道書き入れなきゃ、、、とあれこれ忙しくやってきます。ポーリン、いとまゆちゃんも途中まで一緒。
この地形なに?いえいえ、ユリの花がたくさんできれいでした。

20110724ajisai
アジサイもきれいでした。たぶん来月はもう終わってるだろうね、残念。

20110724funfun_3
とっても暑いはずなのに、小川のそばはとても涼しく快適!ここの地形も萌えます、川の名前もなるほど。

20110724navi昨日のぐるぐるナビ奥武蔵IIに参加していた人にしかわからん話題?そんなせせらぎが聞こえ、休憩しているところで、タエちゃんお得意のコンパス素振りをやってみました。えーと、コンパス直進の手続きをしているフォームです。中腰、腰入れてるでしょ。これ基本。みなさんも部屋の中でひたすらやってみましょう。

20110724140423今度のぐるぐるナビのキーパーソン、いえキーわんこになるであろう、とある神社の狛犬さま。ほんとうにただのわんこみたい、かわいいねえ。奥多摩方面といったらオオカミなイメージなのに。








みなさまにお会いするのを楽しみにしています。
8/21 ぐるぐるナビ講習奥多摩I
http://www.adventure-divas.com/event/2011/08/20110821.html

8/13 FUNFUNトレイル講習 奥多摩
#申込み締切られました。

| | Comments (0)

2011.07.23

Adventure Divas ぐるぐるナビ講習奥武蔵II

基礎編IIは、記号、地形、整置を始めとして、いよいよナビゲーションの核心、プランニングー>ルート維持・現在地把握へ。少し難しかったかもしれませんが、この考え方、やり方ができるようになれば、きっとアウトドアフィールドでの活動が広がり、安全に活動できる・遊べる、道迷いを防ぐ手段の1つになると信じています。

午前中は屋内で講習。いろいろな顔ぶれが集まっています。ハイカー、これからオリエンテーリングをやってみたい20代の女の子!ロゲイニングに興味がある人、地図が大好きな人、トレイルランナー、自分で行きたいコースを作れるようになりたい人、登山で遭難をしないように、道迷いしないようにしたい人、地形萌えできるようになりたい人?、約30名。

午後は奥武蔵のフィールドへ。人少ないハイキングコースを行くのです。最初はがんばって一気に約300m谷を上って頂上へ!180度の見晴らし。
20110723navi

今回は目的地に行くためにどういうかのプランニングー>現在地把握・ルート維持を実際にやるので3人グループになってグループディスカッションをしながら進みました。狭い天覚山頂上で約30人があれこれプランニング中。あれ、ポーズとってるのは?
20110723navi2

20110723navi3そんなDivasのブレーンでもあるCakoちゃんからは4種類のお手製ふりかけのおにぎりを頂きました。前回午後の屋外講習で、当たり前だけれどずっと話していたので、補給をとる時間がなかったのをちゃーんと見ていてくれたのです。一口で食べやすい大きさに8個も!愛だ。嫁にしたい(いっちゃうんだよなぁ、残念!)。

屋外講習の最後には近所にお住まいのヤギさんが富士登山競走直後だというのに現れて、みなにアイスの差し入れを持ってきてくれました。ありがとうございます。彼もナビゲーションのプロフェッショナルですから、お時間あるときサポートに回ってくれるそうです。期待!

いつもながら熱心な参加者とサポートしてくださるスタッフの皆さんに感謝。こうやってこの歳になっても、あれこれ考えることができるチャンスが与えられていることはとても恵まれているんだなあと、最近とても思います。

参加されたみなさん、ありがとうございました!
さらによりよいプログラム作れるようにしていきたいです。


| | Comments (0)

2011.07.18

蓼科・北八ヶ岳ロゲイニング

20110718124552

チームメイトのリーダー村越のレポート
http://shin0430.way-nifty.com/woc2006/2011/07/post-5da4.html

イベントweb
http://www.orienteering.com/tateshina/index.html

写真はなんだかrikaコレクションになっとりますが途中のCPでは、リーダーが被写体多数あり。体調余裕ないからカメラを奪い取ったのだが。しかし写真送ってくれなかったわぁ。
(ちなみにCP証明は風景のみで被写体入れる必要なし。でも奥武蔵レクロゲイニング主催者として、写真ロゲイニングの発案者としては、やっぱり被写体入れないとね!ポーズもとらないとね!ずるしてると思われるのもいやだもの~)

リーダー村越、スタートしてから1.5時間で体調不良によりまさかの大ブレーキで棄権するか真剣にエスケープルート、救助体制を考えていた。その後約1.5時間近くスローダウンして歩いたりちょっと走ったりしながら、なんとか復活、無事競技続行。おかげでわたしは最後まで体力十分で元気だったけれど、レースより何より身の安全、健康最優先。

そのときの状況において最善を尽くし続けること。no titleの金子夫婦が50秒制限時間に間に合わず100点減点されたため、混合クラス優勝、総合準優勝。

約37km/up1200m 5h48m

そんな悪い体調でも残り12分余っては美しくないと44を最後にとるかどうか、とりたい!とアグレッシブモードのリーダーであった。そういえばこういうの、去年5月の松代ロゲイニング10時間もおんなじだったような。。。

木村さんはじめ、運営のみなさん、どうもありがとうございました!トレッキング&ナビゲーション三昧で一粒で2度美味しいロゲイニングでした♪

つづく。

20110718roge1 20110718roge2 20110718roge3 20110718roge4 20110718roge5 20110718roge6

20110718roge7

20110718roge8 20110718roge9

20110718roge10 20110718roge11

20110718roge12

20110718roge13

20110718roge14

20110718roge15 20110718roge16

20110718roge17_2


20110718roge18 20110718roge19

20110718roge21 20110718roge22

20110718roge23

20110718roge24

| | Comments (0)

2011.07.17

ナビゲーション・ロゲイング講習in白樺湖

20110717navi

午後から場所を移して白樺湖のすずらんの湯にある公民館でナビゲーション講習。

20110717navi01 20110717navi02

20110717navi03 20110717151543

20110717navi04 20110717navi05

20110717navi06

20110717navi07

| | Comments (0)

ゆるり八ヶ岳 day2

20110717yatsu

黒百合平ー中山峠ー東天狗岳ー西天狗岳ー西尾根ー唐沢鉱泉

20110717yatsu01 20110717yatsu02

20110717yatsu03_2

20110717yatsu1

20110717yatsu04

20110717yatsu05

20110717yatsu06


| | Comments (0)

2011.07.16

ゆるり八ヶ岳 day1

20110716yatsu

2011.7.16
唐沢鉱泉ー黒百合平(テント泊)
黒百合平ー天狗の奥庭ー天狗岳ー根石岳ー夏沢峠ー根石岳ー天狗岳ー中山峠ー黒百合平

20110716yatsu1 20110716yatsu2

20110716yatsu001


20110716yatsu3

20110716yatsu01 20110716yatsu5

20110716yatsu05

20110716yatsu02 20110716yatsu04

20110716yatsu06

20110716yatsu07 20110716yatsu08

20110716yatsu09

20110716yatsu010

20110716yatsu011 20110716yatsu013

20110716yatsu6

20110716yatsu012

20110716yatsu015

20110716yatsu016

20110716yatsu017

20110716160130 20110716yatsu7

| | Comments (0)

2011.07.13

ナイトスプリントO in 所沢航空公園

| | Comments (0)

2011.07.10

Adventure Divas/The North Face Fun Fun トレイル in 室生 奈良

| | Comments (0)

2011.07.09

奈良の室生へ

| | Comments (0)

2011.07.07

朝のトレイルー16

20110707tonosu
6時半ごろ、多峰主(とうのす)山にて。photo by N@mikiおやびん

雨の合間に今朝も朝トレイル。さすがに日曜のダメージ大きくぐったり。そんなのんびりくたくたペースにも関わらず、N@mikiおやびんはお付き合いしてくださいました。
スタートして20分ほどで多峰主山へ。真っ白。日本一の山も世界一のタワーも見られず。今朝はそんなに暑くなく涼しく走れたよ。
楽しくおしゃべりしながら90分、14km。ブログを見たおやびんが、『そういえば太ったと思ったんだよ。。。』って。週1回顔を合わせていれば変化わかりますかね。そう気づいても気を遣って言わなかったらしい。えーとうーんと言われるとショックかもしれないけれど、でも自覚あるので言ってもらったほうがよいですー。
花粉アレルギーでどうやら嗜好が変わったかな?というのが1つ、3-5月の運動量の少なさ1つ、そして中年太り?
少しは気にしながらどうにかしていこうっと。なんだか全体的に1cmぐらいまとわりついて大きくなってる感じ。お肉屋さんに出向いて1.5kgがどれくらいの肉の塊りか見てこよう。(ショック療法)

ま、とにかく週で一番リラックスして走ってる木曜日。近所にこんな里山があることをうれしく思う。
あ!携帯メールで気づいた、今日は七夕ではないですか!

| | Comments (0)

2011.07.04

霧ヶ峰ロゲイニング2011

今年も霧ヶ峰ロゲイニングに参加してきた。4回目。暑くなるころ避暑にはもってこい、雨でも霧でも霧ヶ峰の風景はいい。お気に入りのエリアだ。しかも地元とジョイントし、安心かつ信頼をおける木村ブランドの素晴らしいイベントである。

大会ウェブ;http://www.orienteering.com/kirigamine/index.html

今年からエリアが広がり競技時間が5時間に。今までの3時間だと、私でもお楽しみの車山山頂に行けるかどうか。山頂に行ってしまうと、他の稜線には行けなくなる。行ったら点数低くなる。それじゃ満喫できーんと思っていたところ、主催者が多くの人にもより霧ヶ峰を楽しんでもらえるように、、と競技時間も競技エリアも広げてくださった。いやー、初めて行くところもあり、雨も降らず雄大な景色も満喫!とっても楽しかった。

一緒にチームを組んだ、リーダー村越のレポートはこちら。レポはこちらにお任せ。
http://shin0430.way-nifty.com/woc2006/2011/07/post-902a.html

わたしのほうは写真で(ごまかすともいう)。1.5キロ体重増がもろ写真に表れているような。

2011kirigamine_race0
スタート直後15分ぐらい。ファミリーチームをムキになってダッシュで抜かす、の図。
この女の子はとっても足が速い!ファミリーの部準優勝で表彰されてました。将来楽しみですね、お父さんも娘さんと一緒で嬉し楽しそうでした。

2011kirigamine_race1
なんだかたくましい女子チームのようですが。前半1時間、ゼブラ山ー北の耳あたりかな。スタート20分からずっと2.5時間弱、混合の強豪チームであるわたなべさんとたかこさんの『チーム遠足』と一緒。霧ヶ峰のロゲイニングはナビゲーション的には難しくなく、基本的なナビゲーションができてフィジカルが強いと上位にいける可能性が大きくなる。ということは作戦が勝負となってくる。それがこのチームと周り方が同じということは、最初の1つか2つの取っているCPが違うだけなので、どこかで何かしないとフィジカル的に厳しいだろう我々には勝ち目なし、とリーダーも私も考えていた。
それにしてもたかこさんのがたいはかっこいい。タカコさん、今度一緒に女子チーム組んででましょう!引き吊られそうですが。

2011kirigamine_race2
外輪の稜線を経て31。1時間半経過、予定通り。ここからのルート、私にとっては初めて、東の尾根線を下って白樺湖方面へ展開。

2011kirigamine_race2_1
高得点150番で。リーダー、余裕があるのでわたしの写真ばかり撮っているが、たまには撮りますよと撮ったら睨まれた?!この後白樺湖沿いに行き、ローソンでリーダーが飲み物買っている間に、チーム遠足が先行する。そしてルートが分かれた。

2011kirigamine_race3_0
白樺湖方面を一通り取って、車山リフト乗り場へ向かう途中の104へのだらだら登りルート。これは本当にきつかった。ちょうど太陽も出て照り返しも強く。下の道路を行った方が速かったかなあ。約3時間経過、残り2時間弱。踏ん張りどころ。

2011kirigamine_race3
104を取って南の道路に下って車山リフトに向かう。3h15m経過、残り1h45m

2011kirigamine_race4
今回は2か所でリフトを乗ることができる。白樺湖から車山山頂の高低差は500m。これリフト使わなかったら絶対白樺湖には行かない!と拒否していたでしょう。団体割引のおかげで(いやはや運営のみなさま渉外お疲れ様でございます)、片道810円。2つのリフトを乗継ぎ、なんと10分程度で山頂へ!束の間の休息&作戦タイムに。残り1.5時間弱は予定通り。

頂上は標高1900mを超えているので一瞬寒かった。そして疲労がのしかかってくる。
車山山頂はロゲイニングでは4回目にして初めて行ったよ、わーい。リフトだけどねー。

2011kirigamine_race5
山頂ポイントの100点を取って残り70分強。どこまで寄り道できるか。87を取りに車山湿原を下りていくところ。残り45分弱。湿原がある、木道の上は走行禁止。走っちゃダメ、ダメ!自然保護という点でも、同じ自然を愛するものとしても、新しいスポーツはこういうところにも気を使わないといけないと思う。トレイルランニングも一緒だよ。レースさておきね。共生していかないと。行きあう人、すれ違う人、苦しくてもいつでもニコニコしながら挨拶したり、ちょこっとお話したり。もちろん、泥も跳ねないように、石を落とさないように時折スピードダウン、歩いたりもした。こういうことは当たり前のことなのであまり書きたくないけれど。

ということでここでも休息できた、わーい。しかしさらにくたびれはじめペースダウン。苦しそうなのが写真からもわかりますね。食べ物がノドを通らない。

2011kirigamine_mix_4

白樺湖中盤で遠足チームと別れてあとはつらつら自分らのロゲイニングに集中。私はあまり補給が取れなくて(胃腸いまいち)、残り1時間でハンガーノックぎみとなりペースダウン。コンディションやペースのことを話して、残り時間をみながら、ルートや作戦を話してどんどん変えていく。リーダーは体調が良く、かつ冷静であった。

最後の25分はリーダーがザックまでも持ってくれて空身で走った。ありがたし!そのおかげか結果的に1点差で遠足チームに勝利し、混合の部優勝!わーい。
いつもながら混合クラスは激戦で厳しい。石垣島以来、久しぶりに長時間それなりに追い込んで走ってたなあ、少しは脂肪燃えたかな。

ただし男子クラス合わせて総合9位相当とはいま一つ。もう少し上でもいい。やっぱりまずは体重を減らさないとかしら。。。ここまで体重変動があったのは20年以来な気もしますが。いや、64を取りにいくのを止めているとまた違ったかもしれない。これはスタート前に2人ともどうする?と話していた。これをとらず(87)-101-62-102の展開もありだったかもしれないけど、登りが最初2回に増え、得点の高い白樺湖方面にいけなくなる可能性あったのでやや消極的だった。が、実際64を取りに行っているとき、こりゃーこなきゃよかったかも、、と思っていたら、実はリーダーも心の中で思っていたらしい。はは。

約36km/up1000mくらい 4h55m.
服装・装備;写真の通り。ZIP Tシャツ(サロモン)、3/4タイツ(TRIMTEX)、Roclite295(INOV8)、ザック(グレゴリーなんとか8l)、ハット、ウィンドブレーカー(クラフト)、給水ボトル(TNF)小銭、1000円札2枚、サムコンパス(マイクロレーサー)、
#競技モードになると、シビアにナビするので、マイクロレーサーの針の止まり具合の遅さは不満。きちんといつも使っているモスクワコンパスのサムタイプを使おう(今回忘れた。。。)

補給;チョコボール、アスパラガスビスケット(半分)、予備;蒸しパン、麦茶(500ml)、いろは500ml(オレンジ風味)、ポカリ味の薄いの200ml
#ゼリー系を入れなかったのは誤算。重いからと避けたがやはりウィダー系は食欲がないときでもなんとかノドを通る。


水は基本的に1L持つことに。500ml x 2。1本はリーダー村越が常に持ってくれた。給水場所は少なくともビジターセンター、車山リフト、ローソンと3箇所はあるからそこで購入すればいいだろう、ということに(休憩にもなる)。
エマジェンシーキットはリーダーが一式用意していたので持たず。実質ウィンドブレーカーと補給食、水のみザックへ。
2人とも当たり前だがクリティカルなナビゲーションもできる。わたしのペースでレースメイクされていくので、基本的にわたしが先頭に立ち現行のナビゲーションを、フィジカルに余裕があるリーダーが後ろで全体の時間と地図を広げて見ながら先のルートを考えている、、というスタイル。最近これに落ち着きつつあよう。ルートの話し合いは走りながら地図が読めてしまうので2人で平行に走っていれば時間のロスはない。

運営スタッフの皆様ありがとうございました。こんなにたくさん霧ヶ峰の風景やロゲイニングを満喫できるのはみなさまの熱意とご努力があってからこそ。来年も開催していただけたら喜んで参ります。

| | Comments (5)

2011.07.02

ナビゲーション・ロゲインニング講習 in霧ヶ峰

まずは写真
20110702130717 20110702navi

20110702124642 2011070220151620110702sakusen


| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »