« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

2012.05.07

long way

120504144149_r
photo by Yanasawa san, special thanks!

2011年度オリエンテーリング日本選手権でチャンピオンになりました。
応援してくださったみなさん、大会を支えた運営スタッフのみなさん、そしてどんなコンディションでも、年に1度このレースには真剣になり勝負をしてくるライバルや仲間たち、そんな素晴らしい舞台で走れたことを幸せに思います。
ありがとうございました。

リザルト
http://matoba.dip.jp/lapcenter/index.jsp?event=1591&file=1

O-Newsより
http://www.o-news.net/2012/05/238.php

大会オフィシャルサイト
http://www.orienteering.or.jp/joc/2012/


所属クラブ宛にあてたメールより。

今は年に5回あるかどうかの大会参加ですが、そんな中で勝てたのはやや複雑なもののやはり嬉しく思います。
強化選手をやっていた頃は、勝ちたくてもどうしても勝てませんでした。
今年は、2,3月はレクロゲ準備で全くトレーニングができておらず、直前の3週間でなんとか落ちた体重2-3kgと体力を戻すことだけに専念しました。
当たり前ですが体は思うほど動かず数日前までキャンセルしようか悩んでいましたが、参加するのなら優勝を狙い、きっちりレースをするべきだと考えていました。

体感スピードが5-10%落ちている分、技術面でのミスが発生しにくいことは埼玉ミドル、全日本スプリント、茶の里で分かっていたのであとはレースに集中するだけでした。

いつも以上に体が動かず、レースの立ち上がりも遅く結局そのままで終えているのは、ラップを見てもわかるとおりです。技術的なミスはしていません。ただ遅いだけです。
会心のレースで優勝!からは程遠いですが、それでも現状を踏まえ、ただただコントロールして、遅いスピードにイライラせず我慢して集中しやるべきことを徹していた結果です。

全日本(エリート)はいつでもつらいです(でもそういう感情が新鮮で楽しいのですが)。それはきっと国内では優勝することしかワクワクドキドキを設定できなくなっているからかもしれません。
今回も動機づけに苦しんできましたが、全日本スプリントでみなちゃんが全日本出ましょうよ、、と声をかけてくれたのも大きかったように思います。
また今年は純粋にオリエンテーリングが楽しかったり、現役女子学生のコーチをやっていたことも後押しになったように思います。

最近は大会参加は少なくなり、ナビ講習やらロゲイニング普及活動等々で違う面からの関わりが増えていますが、オリエンテーリングが好きなみなさんと一緒に、世代を越えて過ごせることをとても幸せに思います。
今後ともよろしくお願いします。

| | Comments (6)

« April 2012 | Main | June 2012 »