« 早朝の皇居を走る | Main | 1日の夏休み »

2013.08.21

山と渓谷9月号

2813900941170x 第2特集の『等高線、徹底理解!』に監修として携わりました。
初めてのことでしたが、編集者の方、ライターお二人の方との打合せ、取材などによりよいものが出来上がりました。
地図に書いてある等高線なんてぐちゃぐちゃしていてわからーん、なんて思っている方に、少しでも理解していただきますように。
自然の中でより安全に楽しく遊ぶためにも、知っておいてよいスキルだと思います。

ライター:西野さんのブログより
http://westfield.exblog.jp/19466567/


|

« 早朝の皇居を走る | Main | 1日の夏休み »

Comments

読みましたよー。ヽ(´▽`)/

Posted by: yabeetsu | 2013.08.30 at 00:12

ありがとうございます♪これでばっちりですか?等高線。

Posted by: rika | 2013.08.30 at 08:10

はじめまして
田島さんが執筆された「折り紙で作る簡易地図模型」(「地図中心」2013年11月号)を拝読しました。
 「鞍部」の作成に苦労されているとのことでしたが、苦労されることは当たり前のことでして、原理的に1枚の紙で鞍部をつくることはできないからです。
 簡単に説明すると、鞍部を平面に展開したときに1周が360度を超えてしまうためです。
 同じように「山頂」は360度以下なので、切り込みが必要ですし、「簡易地形模型」はどこでも360度なので1枚の紙でできることになります。
 もし「鞍部」を作ろうとすれば、2枚以上の紙を貼り合わせてつくることになるかと思います。
 以上、直接の連絡先がわかりませんでしたので、ブログのコメントでおじゃまさせてもらいました。

Posted by: 高田祐一 | 2013.12.02 at 14:41

高田さま
連絡ありがとうございます。やはりそうですか。他の折り紙と同じようにはさみを使ってチョキチョキすればOKですね。そろそろ第2弾考えます!ありがとうございました。

Posted by: rika | 2013.12.05 at 09:46

 また来ました。
 第2弾でるのを楽しみにしています。

 ところで、田島さんが執筆された「折り紙で作る簡易地図模型」の中で「等高線、折り線をキレイにプリンターで印刷するコツがある」ことを書いておられましたが、教えていただけないものでしょうか?
 というのは、私、こういう物を作っていまして(下のURL)
http:/hoshiusa.sakura.ne.jp/
 これに応用したいと考えています。
なにとぞよろしくお願いします。

Posted by: 高田祐一 | 2013.12.06 at 22:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 早朝の皇居を走る | Main | 1日の夏休み »